「鼻炎の症状がひどく、手術をすすめられたが費用が心配」「鼻炎の手術はどんな手術でも日帰りで行えるの?」など、鼻炎の手術に関する悩みを抱えている人は多いことでしょう。手術というと何日も入院し、体への負担も大きいというイメージがあります。しかし、鼻炎の手術は日帰りでできるものも多く、費用も数万円程度に収まるものも多いのです。

そこで今回は、鼻炎の手術の種類や費用について紹介します。

  1. 鼻炎の手術に関する基礎知識
  2. 鼻炎の手術の種類と費用について
  3. 鼻炎の手術費用について
  4. 鼻炎の手術や費用に関するよくある質問

この記事を読めば、手術を受ける目安などもよく分かるでしょう。鼻炎の手術をすすめられている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.鼻炎の手術に関する基礎知識

はじめに、鼻炎の手術をすすめられる症状や手術のメリットなどを紹介します。

1-1.鼻炎とはどのような病気?

鼻炎とは、鼻粘膜や副鼻腔が炎症を起こして鼻づまりや鼻水といった症状が出る病気です。アレルギーが原因ならばアレルギー性鼻炎、副鼻腔が炎症を起こした場合は副鼻腔炎などの病名がつきます。アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎は鼻炎の中でも特に患者数が多く、重症化すると日常生活に支障が出るほど鼻水や鼻づまりがひどくなることも、珍しくありません。

1-2.重症な鼻炎には手術が効果的

鼻炎は、まず投薬や鼻洗浄などの治療が行われます。しかし、鼻炎が重症化すると投薬では鼻水・鼻づまりが全く改善しないこともあるでしょう。このような場合、手術療法で症状を軽減することをすすめられます。

1-3.投薬の効果が出ない場合は、手術がすすめられる

鼻炎の治療を受けている最中で、投薬治療を行っても症状の改善が見られない場合は、手術をすることで症状の軽減が期待できます。また、副作用の問題などで服用できる薬が限られている場合も、手術をすすめられることが多いでしょう。このほか、鼻中隔湾曲症といって、鼻を左右に分ける軟骨の曲がりがひどく、それが鼻づまりの原因になっている場合は、矯正手術がすすめられます。

2.鼻炎の手術の種類と費用について

この項では、主な鼻炎の手術とそれにかかる費用を紹介します。ここで紹介するのは、日帰り手術の保険点数による手術費(3割負担)のみです。それ以外に、術前の検査料・再診料・術後の薬剤料などが加わります。

2-1.鼻粘膜焼灼術

鼻粘膜焼灼術(びねんまくしょうしゃくじゅつ)とは、鼻腔内の下鼻甲介粘膜(かびこうかいねんまく)という部分を、レーザーなどで浅く焼く手術のことです。下鼻甲介粘膜にアレルゲンがつき、抗体が過剰に作られてアレルギー反応が出るがことにより、鼻水や鼻づまりといった症状が現れます。そのため、その粘膜を焼くことで症状の軽減が期待できるのです。重度のアレルギー性鼻炎の患者に行われる手術で、局部麻酔で行われます。日帰りが可能で、費用は片方で2,700円(3割負担)です。

2-2.鼻中隔矯正術

鼻中隔矯正術(びちゅうかくきょうせいじゅつ)は、鼻中隔湾曲症の治療として行われます。文字どおり鼻腔を分けている鼻中隔という軟骨の一部を削る手術です。局所麻酔で行われ、効果は半永久的に続きます。費用は、3割負担で20,580円です。

2-3.粘膜下下鼻甲介切除術

粘膜下下鼻甲介切除術(ねんまくかかびこうかいせつじょ)とは、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)の矯正手術として行われる、下鼻甲介の粘膜を取り除く手術です。鼻中隔矯正術と併せて行われ、局所麻酔で1時間ほどで終わります。費用は片側で8,880円(別途、鼻中隔矯正術が必要)です。

2-4.後鼻神経凍結術

アレルギー性鼻炎を発症すると、鼻粘膜と脳を結ぶ神経が敏感になって、弱い刺激でも鼻水が出るようになります。そこで、後鼻神経という脳と鼻粘膜をつなぐ神経を凍結変性させることで、症状を軽減させる手術です。手術といっても、神経を凍結させるだけのもので危険は少ないので、鼻粘膜焼灼術と一緒に行われることが多いでしょう。日帰りで行うことができ、費用は片側で2,400円です。

2-5.後鼻神経切断術

後鼻神経切断術は、その名のとおり後鼻神経を切断する手術のことです。後鼻神経凍結術でも症状の改善ができない、重度のアレルギー性鼻炎の治療として行われます。鼻粘膜焼灼術を複数回行っても効果が出なかった、という人に行われることが多いでしょう。日帰りの手術でも行えますが、症状によっては入院をすすめられることもあります。費用は7,9590円です。入院の場合は、全身麻酔+入院費として3万円~の増額となるでしょう。

2-6.内視鏡下副鼻腔手術(ESS)

内視鏡下副鼻腔手術とは、内視鏡を用いて副鼻腔炎の病巣を取り除き、副鼻腔と鼻腔のとおりをよくする手術です。重症な慢性副鼻腔炎の患者に行われます。症状に応じて、日帰りで行うこともあれば、1泊2日以上の入院で行うこともあるので医師とよく相談して決めてください。費用は手術する部位によって片側で10,800~95,700円と幅があります。

3.鼻炎の手術費用について

この項では、鼻炎の手術費用の内訳や健康保険・高額医療費適応について解説します。

3-1.鼻炎の手術費用の内訳

鼻炎の手術費用の内訳は、手術代・検査料・再診料・薬代です。また、病院によってはサイト上で手術費用を公開しているところもありますが、これは片側の手術費用になります。両方の鼻腔を主従した場合、手術費用は2倍かかると考えておきましょう。

3-2.手術費用の違いはどこで決まる?

手術費用の違いは、手術の内容・麻酔の種類・入院日数によって違います。たとえば局部麻酔より全身麻酔の方が高価です。ですから、局所麻酔で日帰りで手術を行えば、費用は安めになります。

3-3.健康保険や高額療養費制度について

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎・鼻中隔湾曲症の治療のための手術は、健康保険が適用になります。また、複数の手術を同時に受け、費用が高額になった場合は高額療養費制度を利用することが可能です。これは、所得や年齢に応じて上限度を超えた医療費を支給してもらう制度で、後から申請すれば上限を超えた額が返ってきます。高額療養費制度を利用するための認定証については、加入している保険の窓口に問い合わせてください。

4.鼻炎の手術や費用に関するよくある質問

この項では、鼻炎の手術や費用に関するよくある質問について解説します。

Q.鼻炎の手術は、一度に複数行うことはできるでしょうか?
A.はい。たとえば、鼻粘膜焼灼術と後鼻神経凍結術を行うことなどはできます。

Q.鼻炎の手術は、何歳から行えるでしょうか?
A.局部麻酔の場合、暴れたりするとうまくいきません。全身麻酔の場合は、3~4歳から受けることができます。局部麻酔の手術は、7~8歳から行う病院が多いでしょう。

Q.鼻炎の手術は、どの耳鼻咽喉科でも行っていますか?
A.いいえ。手術設備がない病院もあるので事前に確認してください。

Q.鼻炎の手術は自由診療のものはありますか?
A.現在のところ、自由診療はありません。

Q.鼻炎の手術を行うと、傷が目立ちますか?
A.いいえ。鼻腔内の手術なので傷が残ることはありません。

まとめ

いかがでしたか?  今回は鼻炎の手術の種類や費用について解説しました。鼻炎の手術は健康保険が適用されるので、高くても10万円前後に収まります。高額療養費制度も使えるので、すすめられたら早めに受けましょう。


「奥歯の虫歯をがまんしていたら、膿(うみ)のような鼻水が出てきた」「奥歯周辺が痛くなったので歯医者で診察してもらったが、虫歯ではなかったしかし、奥歯周辺は相変わらず痛い」といった症状で悩んでいる人はいませんか? 上あごと副鼻腔は近い場所にあるので、虫歯が副鼻腔の炎症の原因となることもあります。また、副鼻腔炎が歯の痛みを引き起こすこともあるのです。副鼻腔炎を発症している場合は、耳鼻咽喉科で治療が必要になります。また、虫歯が原因で副鼻腔炎が発症した場合は、歯科と耳鼻咽喉科両方で治療が必要です。

今回は、副鼻腔炎と虫歯や歯の痛みの関係を解説しましょう。

  1. 虫歯と副鼻腔炎の関係
  2. 鼻水が出て歯が痛い場合の対処方法
  3. 副鼻腔炎や虫歯に関するよくある質問

この記事を読めば、虫歯と副鼻腔炎の関連もよく分かります。虫歯と鼻水に悩まされている人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


鼻ポリープの症状

づまりがいつまでも治らない鼻の奥に違和感がある。その症状、もしかしたら鼻茸(鼻ポリープ)が原因かもしれません。

鼻茸は近年患者数が急増していて、軽症も含めると100万人以上ともいわれています。一度発症すると再発を繰り返すことが多い厄介な病気です。

この記事では、鼻茸の原因や症状・治療方法について分かりやすく解説します。

  1. 鼻茸とは?
  2. 鼻茸の症状の現れ方
  3. 鼻茸の原因
  4. 鼻茸の検査・診断方法
  5. 鼻茸の治療方法
  6. 鼻茸が疑われたら

続きを読む


かんでもかんでもスッキリしない鼻づまり。
日常生活で不便を感じながらも、「わざわざ病院へ行くのも・・・」とそのままにしていませんか?
もしかしたら、家にいながら鼻づまりが解消できる方法はないかな? とこの記事にたどり着いた方もいるかもしれませんね。

でも、安易にネット上の対策に頼るのは考えもの。
鼻づまりは誰もが経験するため軽く見られがちですが、何か重大な病気が隠れている可能性もあるからです。

こうした方法で一時的に改善されたとしても、原因が解消されなければすぐに再発してしまいます。
せっかくなら、根本から鼻づまりを治して、ずっと快適に過ごしたいですよね。
そのためにも、まずは鼻づまりの原因についてしっかりと知っておきましょう。

この記事を読めば、どのような病気が引き金となって鼻づまりが起きるのかがわかります。
病院へ行くべきか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考に自分の症状をチェックしてみてください。
この記事があなたの鼻づまりを改善するきっかけになることを祈っています。

  1. 鼻づまりとは?
  2. 鼻づまりの原因となる病気
  3. まとめ

続きを読む


耳鳴りってツライですよね。
きっとあなたも「病院になんか行かないで、簡単に治る方法があればいいのに・・・」と情報を探し回っているのでは?

中耳炎の症状

その気持ち、よ〜く分かります。
ネット上には、『〇〇しただけで耳鳴りが治る!』なんて記事がたくさんありますからね。

でも、ちょっと待ってください!
知ってますか? 耳鳴りは病気の一症状や前兆として現れることが多いという事実を!
一時的に耳鳴りが治まったとしても、原因である病気はそのまま?!
それどころか、発見が遅れてさらに進行してしまうこともあるんです。

耳鳴りを治したいのに、病気が悪化しては本末転倒!
もし、耳が聞こえなくなったりしたら、日常生活にも大きな影響が出ます。
そんなことにならないためにも、どのような病気のときに耳鳴りが起きるのかをしっかりチェックしておきましょう。

原因となる病気のことがわかれば、病院へ行くべきかどうかの判断もしやすくなります。
この記事があなたの耳鳴りを改善するきっかけになれば嬉しいです。

  1. 耳鳴りとは?
  2. 耳鳴りの原因となる病気
  3. 病気が特定できない場合
  4. まとめ

続きを読む


3月に入り、気温が不安定な日々が続いています。こんな季節の変わり目は、風邪をひく人も増えることでしょう。風邪は、温かくして休養を取ることが一番の治療法です。しかし、「休んでばかりもいられないので、一刻も早く風邪を治したい」という人も多いでしょう。
そこで、今回は風邪に効く食べ物をいろいろとご紹介します。

  1. 風邪を早く治す効果が期待できる栄養素とは?
  2. 風邪を早く治す食事の取り方
  3. 栄養バランスのよい、風邪のときのおすすめレシピ
  4. おわりに

この記事を読めば、風邪を早く治すコツのヒントをつかめることでしょう。風邪気味の人や風邪を早く治したいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


痰が絡んだような咳(せき)が出てつらい。こんな症状に悩まされている人はいませんか? 痰は健康な人でも出るものですが、痰が絡んだ咳が長く続く場合は、喉や肺の病気の可能性があります。
そこで、今回は痰絡みの咳が出る理由や対処方法を紹介しましょう。

  1. 痰とは何か?
  2. 痰絡みの咳が出る原因
  3. 痰絡みの咳が出る際の注意点
  4. 病院を受診する目安
  5. おわりに

この記事を読めば、痰絡みの咳が出たときに病院へ行く目安なども分かります。痰絡みの咳が出やすいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


いつも痰(たん)が喉に絡んでいるような感じがする。夜眠る際、鼻水が喉に下りてくるような感覚がして気持ちが悪い。そんな鼻水が喉に引っかかるような症状に悩んでいる人はいませんか? こうした状態が長く続くと、寝不足になるなど日常生活に支障が出てくることもあるでしょう。

  1. 鼻水が喉に引っかかる状態とは?
  2. 鼻水が喉に引っかかる原因
  3. 鼻水が喉に引っかかるときの対処方法
  4. 病院による治療方法
  5. よくある質問
  6. おわりに

今回は、鼻水が喉に引っかかるような症状が出る原因や治療法について解説します。鼻づまりや鼻水が喉に引っかかるような症状に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


難聴や耳鳴りなどのほかにめまいや吐き気などがある場合は、内耳炎が疑われます。内耳炎は、放置しておくと日常生活にもさまざまな支障が現れる疾患です。後遺症に悩まされる可能性もあるため、早めに治療をする必要があります。この記事では、内耳炎の症状や原因、全身への影響などについて詳しくご紹介しましょう。

  1. 内耳炎はどんな病気なのか?
  2. 種類別に特徴を紹介
  3. 全身への影響とは?
  4. 治療について
  5. 内耳炎に関するよくある質問

この記事を読むことで、内耳炎について詳しくわかるはずです。ぜひ参考にして早めに対処してください。

続きを読む


副鼻腔気管支症候群という病気を聞いたことがありますか? 「粘り気の鼻水と同時に、痰(たん)がらみの咳(せき)が続いている」という場合、副鼻腔気管支症候群の可能性があるでしょう。特に、慢性的な副鼻腔炎を抱えている人は副鼻腔気管支症候群になりやすいといわれているため、注意が必要です。この記事では、副鼻腔気管支症候群の症状や治療法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 副鼻腔気管支症候群とは?
  2. 副鼻腔気管支症候群の症状
  3. 副鼻腔気管支症候群の治療法
  4. 副鼻腔気管支症候群に関するよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔気管支症候群についてよく分かるはずです。ぜひ参考にして悩みを解決してください。

続きを読む