医院名:川村耳鼻咽喉科クリニック 
住所:〒536-0001 大阪市城東区古市3丁目23-21 
電話番号:06-6939-8700

鼻中隔弯曲症

一番上に戻る
TEL:06-6939-8700TEL:06-6939-8700 インターネット予約インターネット予約 お問い合わせ

鼻中隔弯曲症とは?

鼻の穴(鼻腔)は、軟骨と骨で構成される鼻中隔によって左右に分けられています。鼻中隔弯曲症とは、鼻中隔が曲がったり突出したりすることで、鼻づまりをはじめとするさまざまな症状が現れる病気のことです。弯曲の仕方は人それぞれで、S型・C型・トゲ型など、さまざまなタイプがあります。

成人の80~90%は鼻中隔が曲がっているといわれ、弯曲自体は特別なことではありません。しかし、日常生活に支障をきたす症状が現れたときには、鼻中隔弯曲症と診断され、治療が必要となります。

鼻中隔弯曲症の症状

鼻中隔弯曲症の症状には次のようなものがあります。

  • 鼻づまり
  • 鼻出血(一方の鼻の穴からだけのこともある)

鼻づまりが原因の頭痛やいびきが起こることもあります。また、睡眠時無呼吸症候群、副鼻腔炎や滲出性中耳炎を併発することもあります。

鼻中隔弯曲症などの頑固な鼻詰まり

鼻閉、くしゃみ、鼻汁の中には薬やレーザー手術、ラジオ波手術だけでは効果が期待できない場合も少なくありません。当院ではそのような方に対するより根本的な手術を日帰り、あるいは提携病院において1泊の短期入院で行っております。

鼻中隔弯曲症や下甲介の肥大が原因の場合は、1時間程度の外来日帰り手術をおこなっており、95%以上の方が鼻閉改善に満足されています。

正常の鼻

正常の鼻

図1の赤の点線内が鼻の中です。イラストでは空気を青で、粘膜を黄色で 、骨を白で示しています。鼻の中には鼻中隔や下甲介、中甲介といった構造物がありますが正常では赤の枠の中に十分に空気の青い部分が存在します。(実際のCTでは黒い部分が空気です。)赤枠の中で青い部分が多いほど良く通る鼻といえます。

詰まりやすい鼻

一方、鼻詰まりを起こす原因として

  • 鼻中隔の弯曲
  • 下甲介の骨肥大・粘膜肥大
  • 中甲介蜂巣

などの鼻の構造上の問題があります。図3では鼻中隔弯曲と右の中甲介蜂巣、右下甲介の粘膜肥大、左下甲介の骨肥大が認められます。鼻中隔の弯曲は成長とともに曲がってくるものであり成人の5割以上に認められますが弯曲が強いときは鼻閉の原因となります。中甲介蜂巣は発生の段階で本来一枚の板状の骨である中甲介の中に空気が入って風船状に膨らんでしまうものです。
下甲介の腫脹はアレルギー性鼻炎などで起こります。点鼻薬などで薬が効いている間は腫れが引きますが薬が切れると再び腫れてきます。

詰まりやすい鼻

鼻中隔弯曲症の原因

成長過程の中で生じるケース

鼻中隔は、鼻中隔軟骨・篩骨正中板(しこつせいちゅうばん)・鋤骨(じょこつ)と呼ばれる3つの骨で構成されています。それぞれの骨は、微妙に成長速度が異なります。3つの骨に発育の差が生じることで、バランスが崩れ、鼻中隔が弯曲します。この弯曲は、10歳ごろから徐々に現れます。

弯曲がわずかであれば問題ありませんが、弯曲が強くなると、片側の鼻腔が狭くなることによってさまざまな弊害が起こる場合があります。

外傷によって生じるケース

鼻の打撲や骨折など、外傷が原因で鼻中隔が弯曲することもあります。

鼻中隔弯曲症の治療方法

対症療法

弯曲が軽く、時折鼻がつまるだけという場合や、高校生未満の場合は対症療法が選択されます。症状に合わせて、抗ヒスタミン・抗アレルギー・ステロイド・抗炎症薬・抗生物質などを点鼻や内服で使用します。

手術療法

骨の弯曲や肥厚の程度が強い場合、薬が効かないために鼻中隔矯正術や粘膜下下鼻甲介切除術が適応になります。これらの手術は余分な骨を除去するものでほぼ永久的な効果が見込まれ日帰りでも可能です。