鼻水が黄色くなるのは危険信号? 蓄膿症・急性副鼻腔炎の恐れも!

鼻水が黄色くなるのは危険信号? 蓄膿症・急性副鼻腔炎の恐れも!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水が黄色になってしまっているとお悩みではありませんか? なぜ鼻水が黄色なのか、その原因についてみていきましょう。風邪を引いているとき、鼻水はさまざまな色に変化するものと考えられていますが、「黄色」の場合はとくに気をつけておかなければなりません。蓄膿症や急性副鼻腔炎の恐れがあります。

黄色の鼻水が出て不安になっている人はぜひチェックしてください。

  1. 黄色い鼻水が出る原因
  2. 黄色い鼻水から考えられる病気
  3. 副鼻腔炎の治療方法
  4. 副鼻腔炎の予防方法
  5. よくある質問

1.黄色い鼻水が出る原因

風邪をひいてしまうと鼻水がどんどん出てきますが、これは体の中に入っている菌をなんとか外に排出しようとする体の抵抗なのです。この抵抗を「生体防御反応」と言います。鼻水はすするのではなく、必ずかんで外に出していきましょう。

1-1.なぜ鼻水が黄色くなってしまうのか

1-1-1.細菌感染を起こしている

健康な時の鼻水は、透明でさらさらとしています。風邪などの感染症にかかると、鼻水の中に細菌やウィルス、白血球の死骸などが含まれるようになるため、黄色くなるのです。
また、副鼻腔が細菌に感染して副鼻腔炎になると、膿のような青緑色の鼻水がでることもあるでしょう。

1-1-2.鼻水の色で分かること

黄色い鼻水が出ても、数日後に透明の鼻水に戻ったならば心配はいりません。しかし、鼻水の色が黄色いまま、もしくは膿のような青緑色に変化した場合は、副鼻腔炎を発症している可能性があります。副鼻腔炎が自然治癒する可能性は低く、放っておくと慢性化してひどい鼻づまりなどの症状が起こるでしょう。早めに耳鼻咽喉科・耳鼻科を受診してください。

1-2.粘り気がある黄色い鼻水は要注意!

色だけではなく、鼻水にもサラサラしているものやネバネバしているものなどさまざま。自分の鼻から出ている鼻水がどのようなタイプかによって疑いのある症状も変わってきます。例えばサラサラタイプの鼻水であれば、アレルギー性鼻炎の可能性が高いでしょう。また、副鼻腔炎であってもサラサラの状態はほとんどが初期段階であるため、その症状のうちに対策をしっかりおこなっていれば問題はありません。

ただし、鼻水がネバネバの場合は要注意。粘り気があっても鼻水の色が透明な状態であればまだ間に合うでしょう。しかし、ネバネバ+黄色の鼻水であれば症状が悪化している恐れがあります。その後すぐに頭痛や吐き気を伴うこともあるため、早めに病院に行きましょう。