黄色い痰が出たら要注意

黄色い痰が出たら要注意! 原因と対処法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

痰は、粘り気のある気管支の分泌物です。どんな人でも1日に一定量の痰がでます。しかし、風邪をはじめとする感染症等にかかると、痰の量が増えたり黄色くなったりすることもあるでしょう。「風邪は治ったのに、痰だけが出続ける」「最近、痰が増えて気になっている」という人もいると思います。病気等で痰が増えた場合、自然治癒することもあるでしょう。しかし、黄色い痰が長期間で続けるという場合は、病院を受診し適切な治療を受ける必要があります。痰が増えているけれど、放っておけばそのうち治るだろう」と放っておくと、病状が悪化してしまうかもしれません。

そこで今回は、黄色い痰がでる原因や対処方法等を解説します。

  1. 黄色い痰が出るときの症状や原因は?
  2. 黄色い痰が出る病気には何がある?
  3. 黄色い痰が出る場合の対処法について
  4. 黄色い痰が出る場合の治療法を解説
  5. 黄色い痰が出ることに関するよくある質問

この記事を読めば、病院を受診する目安などもよく分かるでしょう。「痰の量が増えた」「黄色い痰が出て気になる」という人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.黄色い痰が出るときの症状や原因は?

最初に、黄色い痰が出るときの症状や原因について詳しく解説します。

1-1.痰の色や症状を観察しよう

まずは、痰の色を観察してみてください。黄色い痰の正体は、細菌・白血球・粘液の混ざったものです。最初は透明だった痰が、時間と共に黄色くなってくる場合は、症状が進んでいます。黄色い痰が出るだけでなく、咳が止まらなかったり熱があったりするのではないでしょうか。また、喉の違和感や痛みを伴うこともあります。放置すると、重症化して痰の色が緑がかってくることもあるでしょう。症状が重くならないうちに、早急な対処が必要です。

1-2.黄色い痰が出る原因

黄色い痰が出る主な原因としては、以下のようなものがあります。細菌の侵入を防いだり体内の炎症を抑えたりしようした結果、黄色いい痰が出るのです。

  • 細菌に感染している
  • 体内で炎症が起きている
黄色い痰の正体は、細菌・白血球・粘液の混ざったものなんですね。
重症化すると痰の色が緑がかってくることもあります。そうなる前に早急な対処が必要です。

2.黄色い痰が出る病気には何がある?

黄色い痰が出るときは、病気のサインである可能性があります。どんな病気の可能性があるのか、注意点を含めて解説しましょう。

2-1.黄色い痰が出ることで考えられる病気

黄色い痰が出るときは、以下のような病気の可能性があります。

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 肺炎
  • 慢性閉そく性肺疾患(COPD)
  • 気管支拡張症
  • 副鼻腔炎
  • びまん性汎細気管支炎
  • ぜんそく
  • 結核
  • 肺がん

2-2.黄色い痰が出る病気に関する注意点

黄色い痰が出る病気の中には、命に関わるものもあります。安静にしていても、徐々にひどくなるときは注意してください。深刻な病気が原因だった場合は、手遅れになります。いつもと様子がおかしい・気になる症状があるなどのときは、自己判断せずに受診してください。

黄色い痰は病気のサインということもあるんですね。
黄色い痰が出る病気の中には、命に関わるものもありますから、自己判断せずに受診してください。

3.黄色い痰が出る場合の対処法について

黄色い痰がでる場合の対処法について、注意点と併せて解説します。

3-1.痰を取り出す方法を学ぼう

痰を取り出す方法には、以下のようなものがあります。

3-1-1.薄い食塩水でうがいする

痰が絡んでいるときには、薄い食塩水でうがいをすると出しやすくなります。常温の水200ccに食塩6gを溶かし、うがい用の塩水を作ってください。喉への刺激を抑えるため、水温が冷たすぎたり熱すぎたりしないように気をつけましょう。うがい後に吐き出すときは、そっと行ってください。痰を取ろうとして、強く吐き出すと喉の粘膜に負担がかかります。

3-1-2.薬で痰を出す

薬を飲んで痰を出すこともできます。痰を切りやすくする市販薬もあるので、薬局で相談してみてください。もしくは、受診すると医師から処方されることがあります。薬で痰を出すときは、決まった量と頻度を守って使用してください。

3-2.黄色い痰が出る場合の対処法に関する注意点

痰をキレイに出す対処法も、やりすぎはいけません。うがいも、頻繁に行うと喉を痛めます。また、薬の使用量を勝手に増やさないようにしましょう。使用頻度も、必ず守ってください。薬も使いすぎると効果がなくなり、痰が出しにくくなってしいまいます。また、痰を出そうとして無理に咳払いをすると喉に負担がかかるのでやめましょう。

うがいや薬で痰を出すことができるんですね。
薬も使いすぎると効果がなくなるので注意が必要です。また、無理に咳払いをすると喉に負担がかかるのでやめましょう。

4.黄色い痰が出る場合の治療法を解説

黄色い痰が出る場合で、受診すべき症状と主な治療法を詳しく解説します。

4-1.こんな症状があるときは受診しよう

以下のような症状があるときは、すぐに受診してください。深刻な病気が隠れていることがあります。

  • 咳が止まらない
  • 喉の痛みが徐々に強くなる
  • 熱が下がらない
  • 胸などに痛みがある
  • 意識がもうろうとする

なお、最初は内科を受診するといいでしょう。内科以外の病気の場合でも、適切な科を紹介してもらうことができます。ただし、喉や鼻の症状が主な場合は、耳鼻科を受診するといいでしょう。

4-2.黄色い痰が出るときの主な治療法とは?

黄色い痰が出る場合は、原因によって治療法が異なります。まずは、原因となっている病気を診断することが必要です。風邪などのウイルス感染症の場合は、解熱剤の投与や栄養改善などで、回復を目指します。肺炎などの炎症は、投薬治療で様子を見ますが、入院を伴うことが多いでしょう。内臓の病気の場合は、適切な治療を開始して根本的な改善が必要です。なお、びまん性汎細気管支炎は、副鼻腔炎があると起こるため、耳鼻科にて副鼻腔炎の治療を行うことになります。

なるほど。原因によって治療法が違うということがわかりました。
まずは原因となっている病気を診断することが必要です。最初は内科を受診するといいでしょう。

5.黄色い痰が出ることに関するよくある質問

最後に、黄色い痰が出ることに関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、参考にしてください。

Q.病気以外で痰が黄色くなる原因は?
A.たとえば、かき氷のシロップなど、黄色い色の飲食物が原因で、一時的に痰が色づくこともあります。子どもの痰が黄色いときは、直前に黄色いものを飲んだり食べたりしていないか聞いてみましょう。飲食物が原因なら、時間がたてば透明な痰に戻るので問題ありません。

Q.高齢者が黄色い痰を出すときの注意点は?
A.すぐに受診させましょう。体に何らかの異常が起きています。黄色い痰が出たときは、注意信号だと考えてください。高齢者は、体力も免疫力も落ちています。症状が急激に進行することもあるため、油断は禁物です。

Q.黄色い痰に血が混じっている場合は?
A.激しく咳込んだ後は、喉の粘膜からごく少量の出血が見られることがあります。また、気管支炎や肺炎・結核などでも出血することがあるので気をつけましょう。痰が赤く染まるほどの出血があり、改善が見られないときはすぐに受診してください。

Q.黄色い痰のほかにも、鼻水が臭う気がするのですが?
A.副鼻腔炎にかかっている可能性があります。副鼻腔炎は鼻の奥の炎症であるため、耳鼻科での治療が必要です。なお、当川村耳鼻咽喉科クリニックも、副鼻腔炎を含む鼻の病気の診察・治療を行っていますので参考にしてください。

Q.黄色い痰を放置するとどうなりますか?
A.症状が悪化するだけです。黄色い痰が出るときは、放置してはいけません。初めのうちは痰が出るだけでも、時間が進むにつれて、咳がひどくなったり発熱したりすることはよくあります。深刻な症状になる前に、適切な治療を受けましょう。

黄色い痰のことで気になっていたことがわかりました。放置しないようにします。
そうですね。たかが痰だから、と甘くみてはいけません。きちんと治療してください。

まとめ

今回は、黄色い痰が出ることについて詳しく解説しました。痰が黄色いときは、感染症や炎症など、病気のサインであることが多いものです。まずは、痰の様子を観察し、ほかに気になる症状がないか考えてみましょう。ひどい咳が続く・発熱するなどを併発する場合は、すぐに受診するべきです。たかが痰だから、と放置していると症状が悪化してしまいます。医師の診断を受けて原因を特定し、きちんと治療してください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績