緑色の痰が出てつらい

緑色の痰が出てつらい! その原因や考えられる病気、対処方法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

痰は、喉や気道の粘膜から分泌される粘性の分泌物です。健康な人でも毎日痰は出ますが、気管支や喉の粘膜が炎症をするなどしていると、量や色が変化することもあります。特に、痰に粘り気が出て黄色や緑色だったりすると、「重篤な病気にかかっているのではないか?」と心配する人もいるでしょう。

そこで今回は、緑色の痰がでる原因や対処方法を解説します。

  1. 緑色の痰が出る原因
  2. 緑色の痰がでる際の対処方法
  3. 病院を受診する目安など
  4. 緑色の痰に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、痰が出る病気の種類や対処方法についてよく分かることでしょう。咳や痰が出てつらい日々を過ごしている、という人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.緑色の痰が出る原因

はじめに、緑色の痰が出る理由について解説します。どのような原因があるのでしょうか?

1-1.痰に色がつく理由

痰が緑色になるのは、痰に細菌や白血球の粘液が混じるからです。健康な人の痰は無色透明でサラサラしていますが、細菌やウィルスに感染して気管支や喉・肺に炎症が起こると痰が粘性を増し、色がつきます。炎症がひどくなるにつれて、痰が固くなり白色から黄色・緑色に変わることが多いでしょう。また、まれにですが肺や気管支の中に膿がたまり、それが痰にまじって出ることもあります。この場合、痰から強い臭いがすることもあるでしょう。

1-2.緑色の痰と間違えやすいもの

副鼻腔炎を発症すると、膿のような緑色の鼻水が出ます。鼻水の量が多くなると寝ている間に、鼻水が喉の奥に流れ落ちることも珍しくありません。このような症状を、「後鼻漏(こうびろう)」と言います。後鼻漏になると喉の奥に流れ落ちた鼻水が、痰のように喉にからまることもあるでしょう。そのため、緑色の痰が増えたと勘違いすることもあります。

1-3.緑色の痰が症状として現れる病気

緑色の痰が症状として現れる病気には、以下のようなものがあります。

  • 肺炎
  • 気管支炎
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 気管支拡張症
  • びまん性汎細(はんさい)気管支炎
  • 肺がん
  • 肺結核
  • 副鼻腔炎

ただし、緑色の痰がでたからといって、必ずこれらの病気が原因とは限りません。また、痰の色や形状だけで何の病気か判断することは不可能です。

2.緑色の痰がでる際の対処方法

この項では、緑色の痰がでる場合の対処方法を解説します。

2-1.痰が絡んでつらいときの対処方法

痰が絡んだ感じがするのにうまく出せないという場合は、以下のような方法を試してみましょう

  1. 横向きに寝て、手をわきの下に入れる
  2. 鼻からゆっくり息を吸い、口から吐く深呼吸を行う
  3. 深呼吸を行ったらそのまま安静にして、痰が上がってくるのを待つ
  4. 上がってきたら体を起こし、大きく息を吸って吐く
  5. 大きく息を吸って、3回ほど咳をする

こちらの方法は、環境再生保全機構より引用しました。分かりにくい場合は、リンク先に図入りの解説がありますので確認してください。この方法は、体への負担があります。1日2回程度にとどめましょう。

2-2.市販薬を利用する方法

痰を柔らかくする薬や、気道に湿り気を与えて痰を出しやすくする市販薬が販売されています。痰が絡んでつらい場合は、ドラッグストアで痰を切る薬を購入してもよいでしょう。症状が軽い場合は、痰きりあめなどを利用する方法があります。

2-3.水分を取ることを心がける

水分を多めに取ると、気道が潤って痰が出やすくなります。水分を取って痰が上がってきたら、下を向いて強めの咳をしましょう。ティッシュで口を覆ってから咳をするのがおすすめです。ただし、ウーロン茶は喉を乾燥させる効果があるので、痰が絡んでつらいときはおすすめできません。ほかの飲み物を飲みましょう。

2-4.痰が絡んでつらいときの食生活

また、食べ物では大根・はちみつ・レンコン・なしなどがのどを潤し、痰を出やすくします。痰が絡んでつらいという場合は、大根おろしを食べたり、はちみつ入りの紅茶を飲んだりしましょう。逆に、トウガラシやこしょうなどの香辛料は喉の粘膜を刺激し、痰や咳が悪化します。香辛料は体を温める効果もありますが、痰が絡んでつらいときは控えてください。

3.病院を受診する目安など

この項では、病院を受診する目安や治療方法について、解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.病院を受診する目安

緑色の痰が1週間以上続き、改善する気配がない場合は、耳鼻咽喉科や呼吸器科を受診しましょう。副鼻腔炎が疑われる症状が出て、緑色の痰か鼻水か区別がつかなくなった場合でも、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診してください。副鼻腔炎は自然治癒が難しく、慢性化すると治療が長引きます。
肺や気管支・のどが炎症を起こすと緑色の痰だけでなく発熱するというイメージがありますが、発熱がなく炎症が進むことも珍しくありません。ですから、「緑色の痰がでているだけだから、病院にいくまでもない」と決めつけないようにしましょう。

3-2.治療方法

耳鼻咽喉科や呼吸器科を受診すると、肺や気管支の状態を確認します。レントゲン・CT検査・血液検査などを行うのが一般的です。必要ならば、痰を検査して細菌やウィルスを特定することもあるでしょう。肺炎や気管支炎・肺結核の場合は、投薬治療が一般的です。肺がんの場合は医師と治療方法をよく相談しましょう。

3-3.注意点

病気によっては、投薬が数か月~半年ほど続くものもあります。症状が出なくなったからといって、勝手に投薬をやめてはいけません。症状がぶり返すばかりか、感染を広げてしまうこともあります。

4.緑色の痰に関するよくある質問

Q.熱も咳もなく、痰ばかりが出るのですが病院を受診したほうがいいでしょうか?
A.痰に色がつき、粘り気が出ている場合は細菌感染の可能性があります。1週間以上症状が治まらない場合は、病院へ行きましょう。

Q.子どもでも、緑色の痰がでることがありますか?
A.はい。気管支炎や肺炎になれば、出ることもあるでしょう。子どもは自分で痰を出すことが難しいので、耳鼻咽喉科や呼吸器科で吸引してもらうといいですね。

Q.痰がでているとき、食べてはいけないものはありますか?
A.からいものなど、喉の粘膜に刺激を与えるものは控えましょう。炎症が悪化してしまうこともあります。

Q.緑色の痰以外にも、出たら病院を受診した方がよいケースはあるでしょうか?
A.黄色い痰や、灰色の痰、痰に血が混じっている場合も病院を受診してください。特に、血痰が続く場合は肺や気管支から出血が続いている証拠であり、要注意です。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は緑色の痰がでる原因や対処方法について解説しました。痰がでること自体は、体の生理的な反応です。しかし、痰が絡んでつらいときが長続きする場合や、痰が緑色の場合は病気の可能性があります。一度病院を受診し、肺や気管支の状態を診察してもらいましょう。早めに病院を受診するほど、治療期間も短くて済みます。また、後鼻漏で鼻汁が喉の奥に流れ落ちるのもつらいものです。早めに耳鼻科を受診しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績