耳の詰まり

耳の詰まりを解消したい! 考えられる原因や解消方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「耳の詰まりが気になって仕方が無い」「耳の詰まりのためか集中力が無い」など、耳の詰まりで悩みを持っている人は多いです。実際に、耳の詰まりがあることで気分がスッキリしないだけでなく、集中力が低下して学業や仕事に影響することもあります。不快な症状は、1日も早く治してしまいたいものですよね。

そこで今回は、耳の詰まりを解消したい人のために知っておくべき知識をあらゆる点から解説することにします。

  1. 耳の詰まりに関する基礎知識
  2. 耳の詰まりの原因となる病気
  3. 耳の詰まりの治療法
  4. 耳の詰まりのセルフケア方法
  5. 耳の詰まりに関するよくある質問

記事を読んだ人は、耳の詰まりが起きる原因や主な症状を理解するだけでなく、治療法やセルフケアの方法についても学ぶことができます。耳の詰まりを治したい人は必読です。

1.耳の詰まりに関する基礎知識

なぜ、耳の詰まりになるの?

まずは、耳の詰まりに関する基本的な知識を学びましょう。主な症状や原因だけでなく、耳のメカニズムや併発症状についても解説します。

1-1.耳のメカニズムについて学ぼう

どうして耳の詰まりが起きるのでしょうか。実は、耳のメカニズムが大きくかかわっているのです。さて、耳は、外耳・中耳・内耳と3つの部分に分けることができます。

  • 外耳:鼓膜(こまく)より外側の部分で耳そのものも含む
  • 中耳:中耳腔(ちゅうじくう)と耳小骨(じしょうこつ)と耳管(じかん)の部分
  • 内耳:蝸牛(かぎゅう)・前庭(ぜんてい)・三半規管(さんはんきかん)の部分で中耳よりもさらに奥にある部分

それぞれの部分に役割があり相互に連動することによって、音を聴いたり・平衡感覚を保ったりすることができるのです。耳の中は想像以上に複雑な形をしています。そのため、水や空気の流れが悪くなったり異物が詰まったりしやすいのです。耳の詰まりでも外耳に原因があるものは、比較的治しやすくなります。

1-2.耳の詰まりを引き起こす主な原因

耳の詰まりは、さまざまな原因によって起こります。特に多いものに関しては、以下を参考にしてください。

  • 外耳部分に耳垢(あか)が溜(た)まり過ぎている
  • 耳に炎症が起きている
  • 耳管(鼻と耳をつなぐ管)に異常が起きている
  • 聴神経に異常が起きている

1-3.注意すべき併発症状は?

  • 耳が聞こえにくい
  • 耳鳴りがする(キーンとする)
  • めまいを感じる
  • 鈍痛を感じる

いずれにしても、不快な症状であることには間違いありません。

耳の詰まりを感じると同時に、強い吐き気やめまい・頭痛があるときは注意してください。併発症状として出た場合は、速やかに医師の診断を受けるべきです。中には、脳に病気が発生している例もあり、手遅れになると命にかかわります。耳は、頭の中にある部分でもあるので脳の異常を察知しやすいのです。

耳のメカニズムや耳の詰まりのことがわかりました。
耳の詰まりと同時に、強い吐き気や頭痛などがあるときは注意してください。脳に病気が発生している場合もあり、手遅れになると命にかかわります。

2.耳の詰まりの原因となる病気

耳の詰まりの原因となる病気

耳の詰まりは、病気の症状のひとつと考えることもできます。可能性がある病気について詳しく解説しましょう。

2-1.突発性難聴

特に前兆も無く、片側の耳が難聴になってしまう病気です。早期治療を行うことが大切で、治療が遅れると難聴のままとなるケースもあります。

  • チェックポイント:耳の詰まりが片方だけか・急に聞こえなくなったか
  • 主な症状:片方の耳が聞こえない・片方の耳だけが詰まる・めまい・吐き気・耳鳴り
  • 対処法:すぐに医師の診断と治療を開始すること

突発性難聴については以下の記事も参考にご覧ください。
急性難聴と突発性難聴の違いは? それぞれの症状・治療方法を解説

2-2.耳垢栓塞

耳垢(あか)が耳の中に大量に溜(た)まった状態ですね。入浴などで耳に水が入ったことにより耳垢がふやけて耳栓のようになることも少なくありません。

  • チェックポイント:耳掃除のやり方やタイミングをチェックしてみる
  • 主な症状:症状はほとんど無く耳の詰まりや軽度の難聴で気付くことが多い
  • 対処法:耳掃除をする

2-3.耳管狭窄症

耳管狭窄症とは、耳の中にある耳管に異変が起こり、うまく開くことができなくなることです。耳管はあくびや唾を飲み込む動作によって開くことにより、鼻の中の空気を中耳に送って外耳と中耳の空気圧を一定に保つ役割があります。この動作がうまく働かないと圧力に差が出るので詰まって感じます。また、副鼻腔炎や、中耳炎と併発しやすい病気となります。

  • チェックポイント:副鼻腔炎・中耳炎などの病気になっていないか
  • 主な症状:耳の詰まりのほかに軽度の難聴を伴うケースもある
  • 対処法:耳鼻科で耳管の炎症を治療する

耳管狭窄症については以下の記事も参考にご覧ください。
耳管狭窄症とはどんな病気? 症状・原因や治療方法を解説

2-4.耳管開放症

同じ耳管の障害でも耳管が開きっぱなしの状態です。耳の詰まり感の他に自分の声が耳に響く、呼吸音が響く、等の症状が起こります。この症状は鼻すすりをして鼓膜を内側に引き込むことで一時的に改善するので、鼻すすりの癖がある方が多いです。

  • チェックポイント:鼻すすりで症状が軽くなるか、前かがみになったり横になると症状が軽くなるか
  • 主な症状:耳の詰まり感、自分の声が耳に響く、呼吸音が響く等の症状がないか
  • 対処法:漢方薬、耳鼻科で耳管に薬液の噴霧をする、生理食塩水の点鼻をする

2-5.急性中耳炎

子どもに多いのが、中耳部分が急に炎症を起こす急性中耳炎です。特に、風邪(かぜ)を引いた後やプールの後に多く発症します。

  • チェックポイント:耳の詰まりのほかに痛みや発熱などの症状があるか
  • 主な症状:耳が痛い・耳だれがある・発熱がある
  • 対処法:内服薬で炎症を抑えたり切開手術で膿(う)みを出したりする

急性中耳炎については以下の記事も参考にご覧ください。
急性中耳炎とは? 症状や原因、ケア・治療方法を徹底解説

2-6.滲出性中耳炎

滲出性中耳炎は、中耳炎の種類でも、急性中耳炎の後に起こったり、弱い細菌などで起こったりするタイプです。中耳部分に滲出(しんしゅつ)液が溜(た)まっている状態で子どもに多く発症します。

  • チェックポイント:急性中耳炎になった後か
  • 主な症状:耳の詰まりのほかに難聴がある・頭が重い感じがする
  • 対処法:軽症の場合は経過観察・薬物療法・重症の場合は鼓膜(こまく)を切開して治療する

2-7.急性低音障害型感音難聴

音階の中でも、低音部分だけが聞きづらくなる症状です。内耳にある蝸牛(かぎゅう)に異常があることで起こります。

  • チェックポイント:突然低音が聞きづらくなっていないか
  • 症状:耳の詰まりのほかに低音が聞きづらくなる・めまい・耳鳴りがある
  • 対処法:投薬治療によって回復を試みる

2-8.そのほかの病気と対処法

耳の詰まりが症状として出やすい病気には、そのほかにもメニエール病・高血圧・脳梗塞など多くあります。まずは、耳の詰まり以外にどんな症状があるかチェックしてください。ほかにも何かしらの症状が出ていることが多く、病気の種類を断定するカギとなります。耳の詰まり自体は命にかかわることはありません。しかし、怖い病気が隠れていることも多いので早めに医師の診断を受けることを心掛けましょう。

耳が詰まる病気にも色々とあるんですね。
怖い病気が隠れていることも多いので早めに医師の診断を受けることを心掛けるようにしてください。

3.耳の詰まりの治療法

耳の詰まりの治療法って?

耳の詰まりの治療法について解説します。受診するべき症状や主な治療法について具体的に学んでください。

3-1.耳の詰まりで受診すべき症状は?

耳の詰まりは、一時的なものも多いです。何もしなくても治ってしまうようなら受診をしなくても経過観察でいいでしょう。しかし、何日も続いたり併発症状があったりするようなら速やかに耳鼻科を受診してください。また、激しい痛みを伴ったり難聴があったりするときは時間勝負となることもあります。後遺症が心配になるため、おかしいと感じたらすぐに受診しましょう。

3-2.耳の詰まりに関する主な治療法

耳の詰まりは、原因が起きている部分によって対処法が異なります。外耳に原因がある場合は、耳掃除をすることで解消するケースも多いです。しかし、中耳や内耳に原因がある場合は、炎症の対策をしたり耳の中に空気を通したりすることもあります。実際には、医師の判断によって適切な治療法を選んで行うのが通常です。治療の開始前には、説明があるはずですからしっかり聞いて理解しておきましょう。

3-3.耳の詰まりの治療に用いられる薬

耳の詰まりの薬として、漢方薬が出ることがあります。漢方薬によって、耳の周辺の血流を促して新陳代謝を活発にしたり炎症を抑えたりして耳の詰まりを解消しようというわけです。そのほかにも、体質や症状によって医師の判断で治療薬が処方になることもあります。治療に必要な薬ですから、用法・用量を守って飲むことが大切ですよ。

3-4.耳の詰まりの治療に関する注意点

耳の詰まりの治療法は、自分で納得してから進めることが大切です。医師の説明に納得できなかったり信頼できないと感じたりした場合は、ほかの耳鼻科に行くことも考えてください。耳鼻科選びは、耳の詰まりの治療をするためにも大切なポイントなのです。なお、耳鼻科選びに関しては、以下も参考にしてくださいね。

川村耳鼻咽喉科クリニック

耳の詰まりは原因によって対処法が違うんですね。
医師の判断によって適切な治療法を選んで行うのが一番でしょう。

4.耳の詰まりのセルフケア方法

耳の詰まりのセルフケア

耳の詰まりは、セルフケアで改善することもあります。具体的な方法をご紹介しますからぜひやってみてください。

4-1.耳の詰まりのセルフケアを具体的に紹介

耳の詰まりを解消するには、以下を試してみてください。

  • 耳たぶを引っ張ったり口を大きく開けたりしてみる
  • 耳掃除をする
  • リラックスする
  • ゆっくりとお風呂に入って血行を促す

耳の詰まりの原因は、物理的なものと精神的なものの両方があります。そのため、ひとつのセルフケアがダメでも、ほかの方法で効果が出ることもあるので複数の方法を試してみてくださいね。

4-2.耳の詰まりのセルフケアで気を付けたいこと

耳の詰まりのセルフケアを行うときには、どんな方法であってもやり過ぎないことが大切です。耳の中は、とてもデリケートな構造をしています。たとえば、耳の詰まりを無くしたいために、耳の穴の奥まで綿棒を突っ込んでしまうと鼓膜(こまく)を破損する恐れも出るので注意しましょう。綿棒で耳垢押し込んでしまう場合もあります。また、必要以上に気にし過ぎることもいけません。なお、セルフケアを行っても改善を見ない場合は、耳鼻科に相談してくださいね。

セルフケアのやり過ぎはいけないんですね。
耳の中はとてもデリケートな構造をしているので注意してください。改善しない場合は、耳鼻科に相談してください

5.耳の詰まりに関するよくある質問

耳の詰まりを放置するとどうなりますか?

それでは、最後に耳の詰まりに関するよくある質問に回答します。ほかの人がよく抱きがちな悩みですから、ぜひ参考にしてください。

Q.新幹線や飛行機に乗ったときだけ耳の詰まりがあるのですが?
A.新幹線や飛行機のような高速で移動する乗りものに乗ると、耳詰まりが起きやすくなります。原因は、内部の気圧変化です。そのため、多くの人が耳の詰まりを感じたことがあることでしょう。しかし、乗り終わると症状が改善するはずです。新幹線や飛行機に乗ったときの耳の詰まりは、一時的なものなので特に問題はありません。不快感が気になるときは、つばを飲む・飴(あめ)をなめる・あくびをするなどの行為で改善できますよ。

Q.子どもの耳の詰まりを発見する方法を教えてもらえますか?
A.子どもは、大人と違って耳の詰まりを正確に表現できないことがあります。特に小さな子どもは、見つけにくいので注意しましょう。たとえば、特定の方向から名前を呼んで反応を見てください。耳が詰まっている状態では、反応が鈍(にぶ)くなるはずです。また、頭を振ったり耳をほじったりするような動作にも気を付けましょう。子どもの耳は、定期的に耳鼻科に通ってチェックをしてもらうことをおすすめします。

Q.耳の詰まりを放置するとどうなりますか?
A.耳の詰まりは、難聴を伴うことがあります。耳が聞こえにくい状態が続くと、聴力そのものが低下する恐れがあるので注意しましょう。耳の詰まりが数日続くときは、速やかに耳鼻科に行ってください。治療が遅れたばかりに、後遺症として一生付き合うことになるのは悲しいことです。また、難聴が無くても耳の炎症が原因で症状が出ているときは炎症を広げないためにも早期治療が大切になります。

Q.音楽を大音量で聴いたときに耳が詰まる感じがするのですが?
A.イヤホンを使って大音量で音楽を聴くと耳が詰まったように感じたり、聞こえづらく感じたりすることがあります。原因は、必要以上に大きな音が耳に大きな負担を掛けているからですね。そのまま続けていると、難聴になることもあります。音楽は、適度な音量で聴くことを守ってください。大音量は耳にとって負担になるだけです。

Q.高血圧であることは耳の詰まりと関係がありますか?
A.高血圧の人は、耳が詰まりを訴えることもあります。血圧が高いことで、血管に大きな負担が掛かります。耳の周囲の血管も同様に負担が大きいため、耳の詰まりという症状が出るのです。なお、耳の詰まりと同時にめまいや耳鳴りを伴うことも多いので気を付けましょう。高血圧の人は、適切な血圧コントロールが、耳の詰まりを解消するためには必要となります。

耳の詰まりで知っておきたいことが色々とわかって助かりました。
耳の詰まりを解消できれば快適な生活を取り戻せるでしょう。この記事を参考に適切な対処をしてくださいね。

まとめ

耳の詰まりのまとめ

耳の詰まりがあると毎日スッキリしないため、気分が落ち込みがちです。反対に、耳の詰まりを解消できれば晴れやかな暮らしになると言えます。耳は、さまざまな原因によって詰まりやすいものです。中には、重大な病気が隠れていることもあるので注意しましょう。なかなか改善しない場合は、速やかに耳鼻科に行って診断を受けてください。耳の詰まりも適切な治療を行うことで必ず改善します。そのためにも、記事を何度も読んで基本を学びましょう。正しい知識は、良い結果につながります。耳の詰まりをスッキリ解消して、明るい毎日を送りましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績