後鼻漏の原因とは? 放っておくと深刻な症状が出ることも!

後鼻漏の原因は? 放っておくと深刻な症状が出ることも!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻から喉に鼻水が流れ続けているような感覚が常にする。風邪でもないのに咳や痰がよく出る・・・。このような症状でお悩みの方は後鼻漏かもしれません。聞きなれない名前かもしれませんが、悩んでいる方は意外に多いのです。

そこで今回は、後鼻漏の原因や症状・治療の方法などを紹介していきましょう。「大したことはないから」と放っておくと鼻臭や口臭の原因にもなり対人関係に影響を及ぼすこともあります。今はいろいろな治療法がありますから、自分のライフスタイルに合った治療を選択可能です。後鼻漏でお悩みの方や、自分は後鼻漏かもしれないと心配されている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 後鼻漏の症状は?
  2. 後鼻漏の原因は?
  3. 後鼻漏を放っておくとどうなるか?
  4. 後鼻漏のセルフチェック
  5. 後鼻漏の対処法は?
  6. 後鼻漏の治療法は?
  7. 後鼻漏のケアや生活習慣で気をつけたいこと

1.後鼻漏の症状は?

後鼻漏とは、鼻から喉にかけて鼻水が落ち続ける症状のことです。本来、病的な意味での後鼻漏は副鼻腔炎に伴い、粘調なあるいは膿性な鼻水が喉の方へと流れることを言いますが、広い意味で副鼻腔炎に伴う後鼻漏以外に生理的な分泌物や上咽頭の炎症に伴う分泌物も後鼻漏に含む場合もあります。ここでは広い意味での後鼻漏について説明します。

1-1.鼻水が喉の奥に流れ落ちる

鼻からネバネバしたものが喉の奥に流れ落ちる感覚。これが後鼻漏で最もよく現れる症状です。鼻水が少なければ気にならないこともありますが、量が増えるとかなりの不快感があるでしょう。これが気管支のほうへ入ると咳こみの原因になりますし、喉のほうへ落ちると吐き気を催すこともあります。また、粘度が高いとのどと鼻の間で固まって不快感が増すこともあるでしょう。これが原因で声が枯れてしまうこともあります。

1-2.鼻や喉に炎症を起こす

粘度の高い鼻水が鼻と喉の間に張り付くとその部分が炎症を起こすことがあります。また、後鼻漏の人が寝起きに激しい咳をしやすいのは寝ている間に鼻水が気管にたまり、それを押し出そうとするからなのです。咳で押し出されてくれるのならよいのですが、張り付いたまま出てこないと、これも炎症の原因になります。

1-3.口臭や鼻臭

鼻水は匂いの原因になります。後鼻腔は鼻からのどにかけて鼻水が落ちるわけですから、鼻と口、両方が匂うということもありえます。これが原因で仕事や対人関係に支障が出るという方も少なくないのです。また、後鼻漏が気になって勉強に身が入らなくなったり、家から出るのがおっくうになって引きこもりがちになるという方もいます。

2.後鼻漏の原因は?

後鼻漏の症状はこれでお分かりいただけたと思います。元々鼻の粘膜は、1日に2~4リットルほどの鼻水を作ります。この時の鼻水はさらさらしているので、喉の奥を通って体内にスムーズに流れ込むのです。しかし、何らかの原因で鼻水の量が増えたり、鼻水がネバネバになったりすると、喉の奥に張りついたり口の中に鼻水がたまって不快感を覚えたりします。

では、後鼻漏の原因には一体どのようなものがあるのでしょうか?

2-1.副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの病気

後鼻漏の原因で主なものは副鼻腔炎です。もともと狭義の後鼻漏は副鼻腔炎に伴って鼻からのどへ落ちる病的で粘調な分泌物を指していました。これはほぼ慢性的に常に流れていますのでファイバーなどで鼻腔を観察すると確認できることがほとんどです。当院では後鼻漏で悩まれる方には必ずファイバーで確認してご本人に見ていただきます。その上で副鼻腔炎の存在と程度をCTでも検討します。

また、アレルギー性鼻炎の場合はさらさらとした鼻水が前の方に流れるのが特徴的ですので後鼻漏になる場合は少ないですが、鼻汁の量が多いと後方に流れる場合もあります。

2-2.鼻の腫瘍

鼻に腫瘍ができると本来は鼻から出ていかなくてはならない鼻水が喉の奥のほうに落ちて後鼻漏になります。この場合は他にも症状が出ていて、そのひとつに後鼻漏があるという状態です。早急に治療の必要があります。

2-3.自律神経失調症など、その他の疾患

鼻炎を発症していないのに後鼻漏になったという場合は、自律神経失調症などの他の疾患が原因の場合があります。また、胃腸の働きが低下すると上半身に水がたまりやすくなり、それが鼻水になって後鼻漏の原因になるということもあるのです。この場合は原因となっている疾患を治療すると後鼻漏の症状も軽くなっていきます。

2-4.上咽頭の炎症

鼻の奥で喉の上方に当たる部位を上咽頭と呼びます。この部位は口の中の扁桃腺と同じような扁桃組織やリンパ組織が存在します。細菌やウイルスなどが鼻から侵入するとこの部位で捕まって炎症をおこします。その時に上咽頭の粘膜が腫れたり粘調な分泌物が付着したりします。これが喉に流れて後鼻漏と感じる場合もあるのです。

3.後鼻漏を放っておくとどうなるか?

後鼻漏を放っておいても、命に別状はありません。しかし、鼻の奥に鼻水が流れ落ちていく不快感がずっと続くため、日常生活に支障が出る方もいるでしょう。また、睡眠中は鼻水が喉の奥に落ちやすいため、眠りが浅くなりがちです。睡眠不足が続くと、健康にも悪影響がでます。

4.後鼻漏のセルフチェック

  • 鼻水が喉の奥に落ちる感覚がある
  • ずっと鼻づまりがしており、鼻をかむとねばついた鼻水が出る
  • 朝起きると、喉の奥に不快感がある
  • 朝起きると、口の中が渇いている
  • 鼻声であり、声が出にくくなることもある

このような方は、後鼻漏の可能性があります。一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。

5.後鼻漏の対処法は?

では、後鼻漏になってしまった場合はどのような対処法があるのでしょうか? この項ではそれをご説明していきましょう。少しでも症状を軽くしたいという方は参考にしてみてくださいね。

5-1.マスクをする

後鼻漏は鼻水に粘性が強くなると炎症を起こしやすくなります。人ごみに出るときはマスクをして、細菌が体内に入るのを防ぎ、炎症を予防しましょう。特に、冬は風邪をひいている人が多く、風邪の原因菌がそこかしこに漂っている状況です。マスクと同時にうがい手洗いを徹底することでのどの炎症を予防できるでしょう。

5-2.適度な湿度を保つ

空気が乾燥していると鼻水が出やすくなり、後鼻漏の症状も悪化していきます。加湿器などを使い適度な湿度を保ちましょう。また、お風呂に入るときに鼻にシャワーをかけて温めるのも効果的です。さらに、お湯でうがいをすると喉の湿度も保つことができるでしょう。

5-3.細霧吸入器で生理食塩水を吸い込む

鼻水が出るということはそれだけ体内の水分が失われているということです。水分が少なくなると血行が悪くなり、のどや鼻の粘膜が収縮し鼻水がたまりやすくなるのですね。そこで、細霧吸入器を利用して生理食塩水を吸い込むと、鼻や喉の血行が良くなり、鼻の粘膜が強くなるのです。

細霧吸入器がないという方は、生理食塩水を入れられるタイプの加湿機を利用して部屋の湿度を保つようにしても同じ効果が得られるでしょう。緊急の場合は洗面器にお湯を張って塩を溶かし、そこに顔を近づけて毛布をかぶっても一定の効果があります。

6.後鼻漏の治療法は?

それでは最後に後鼻漏の治療方法をご紹介しましょう。耳鼻科医に頻繁に通うものや自分で症状を軽くしていく方法などがありますので、ライフスタイルに合わせて選んでくださいね。

6-1.投薬や鼻洗浄による治療

一般的な後鼻漏の治療法は投薬やネブライザーなどの鼻洗浄による治療法です。ごく軽いものならばこれで治るでしょう。ただし、1週間のうち2~3回耳鼻科に通わなければならないので、少々面倒でもあります。

6-2.手術による治療

鼻の中の粘膜に異常が出ると鼻水が増えて後鼻漏もひどくなります。蓄膿症や慢性副鼻腔炎の中には投薬や鼻洗浄ではなかなか鼻水が減らないという方も多いでしょう。

そこで行われるのが、副鼻腔の中の病的な粘膜を掃除する手術(内視鏡下副鼻腔手術)やレーザーやラジオ波によって粘膜を焼いたりする手術です。ただし、手術ができる病院は限られていますから、そのような治療法を積極的に行っている病院を見つける必要があります。

アレルギー性鼻炎が高度で鼻汁分泌が多い場合は後鼻神経切断術の適応になる場合もあります。

6-3.漢方薬による治療

漢方薬で後鼻漏を治療するという方法もあります。基本は薬を飲み続けるだけなので、特につらい思いをすることもありません。漢方薬というと苦くて飲みにくいというイメージがありますが、最近はカプセル型の漢方薬も増えました。漢方薬局に相談に行けばカウンセリングの上薬を処方してくれるでしょう。

ただし、漢方薬局は薬剤師はいますが、医師は常駐していない薬局がほとんどです。いきなり漢方薬局にいくのではなく、まず医師の診察を受けて漢方薬を使いたいことを相談したうえで出向きましょう。

7.後鼻漏のケアや生活習慣で気をつけたいこと

この項では、日常生活の中で行える後鼻漏のケアや注意点を紹介します。ぜひ参考にしてください。

7-1.予防のために気をつけたいこと

後鼻漏は、副鼻腔炎の症状の一つとして現れやすいものです。風邪をひいた際、鼻水だけずっと出続ける場合は、耳鼻咽喉科を受診して治療を受けましょう。「たかが鼻水」と思っていてはいけません。また、アレルギー性鼻炎はある日突然発症する可能性があります。鼻づまりが2週間以上続き、改善の兆しが見えない場合も耳鼻咽喉科を受診してください。そうすれば、後鼻漏を予防できます。

7-2.注意点

市販の点鼻薬の中には、鼻粘膜の血管を収縮させることによって鼻水を止める効果のあるものがあります。劇的な効果がある方もいるため、鼻づまりが起こるたびに使っているという方もいるでしょう。しかし、市販の点鼻薬を使いすぎると鼻粘膜が変質し、肥大してしまいます。その結果、薬剤性鼻厚性鼻炎を発症し、余計に鼻づまりがひどくなることもあるでしょう。市販の点鼻薬を使う際は用法と用量を守り、1週間以上使っても鼻づまりが改善しなければ、耳鼻咽喉科を受診してください。

おわりに

いかがでしたか? 今回は後鼻漏の原因や対処法、そして治療法についてご紹介いたしました。
まとめると

  • 後鼻漏は悪化すれば対人関係に支障が出るほどの症状がでる。
  • 鼻やのどの湿度を一定に保つことにより症状が軽くなる場合がある。
  • 治療法はいくつかあるので、ライフスタイルや症状で決定する。
  • 漢方薬を使った治療を行う場合も、必ず医師に診察を受ける。

ということです。「たかが鼻水」と侮っていると悪化した場合深刻な症状が出ることも多い後鼻漏。鼻水がのどに落ちてつらいという方は、早急に耳鼻科医の診察を受けて治療を開始しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績