急性鼻炎になるとどんな症状が起きるの? 原因と治療方法などを解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

急性鼻炎とは、鼻の粘膜が急性炎症を起こしている状態のことを指しています。主な原因はウイルスや細菌感染ですが、ホコリ・粉塵(ふんじん)・化学物質などの吸引がきっかけで発症することもあるのです。鼻づまりや鼻水・くしゃみが止まらないという場合、もしかしたら急性鼻炎にかかっているかもしれません。

本記事では、急性鼻炎の主な症状や原因、検査・治療方法などについて解説します。

  1. 急性鼻炎の基本を知ろう!
  2. 急性鼻炎の原因は?
  3. 急性鼻炎の症状は?
  4. 急性鼻炎の検査・治療方法は?
  5. 急性鼻炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、急性鼻炎の症状や治療方法などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.急性鼻炎の基本を知ろう!

まずは、急性鼻炎がどのような症状なのか基本情報をチェックしていきましょう。

1-1.鼻の粘膜が急性炎症を起こしている状態

急性鼻炎とは、鼻腔の粘膜が急性炎症を起こしている状態のことを指しています。さまざまな原因で鼻腔の粘膜が炎症を生じる疾患を鼻炎といいますが、急性鼻炎は前兆がなく急に発症するタイプです。急性鼻炎の多くは鼻風邪で、鼻や喉にウイルスや細菌が侵入して増殖し炎症を起こします。鼻はウイルスや細菌など外部からの侵入を防ぎキレイな空気を肺へ送るためのフィルター的役割を担っているため、急性鼻炎になるとその役割が衰えてしまうのです。

1-2.急性鼻炎を放置すると副鼻腔炎へと移行する

急性鼻炎を放置すると症状がさらに悪化し、いずれは副鼻腔炎へと移行することになります。副鼻腔炎は、副鼻腔(鼻と口をつなぐ空洞部分)の粘膜が炎症を起こす状態のことです。急性鼻炎が長引く場合は、すでに副鼻腔炎を引き起こしている可能性が高いので注意しなければなりません。また、炎症で発生した膿が排泄されずにたまると慢性化し、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)へと悪化します。

1-3.アレルギー性鼻炎の症状と間違えやすい

急性鼻炎の症状は、アレルギー性鼻炎の症状と似ているので間違えやすく、治療が遅れてしまう可能性があるので要注意です。後ほど、急性鼻炎の症状について詳しく説明しますが、鼻づまり・鼻水・くしゃみなど、アレルギー性鼻炎とよく似ています。ただし、症状は似ていても原因が異なるので治療法も変わるのです。アレルギー性鼻炎は、ホコリ・ダニ・ノミなどのアレルゲン物質が体内に入ることで発症します。一方、急性鼻炎はウイルス・細菌の感染が原因です。具体的な急性鼻炎の原因に関しては、次の項目で説明するのでぜひチェックしてください。

逆に、急性鼻炎だと思っていたが、アレルギー性鼻炎が原因だったというケースもあります。そのため、検査の際は、アレルギー性鼻炎かどうかの検査も行われるでしょう。

2.急性鼻炎の原因は?

では、急性鼻炎の原因について解説していきましょう。

2-1.主な原因はウイルス・細菌の感染

急性鼻炎を引き起こす大きな原因は、ウイルス・細菌の感染です。特に、インフルエンザウイルス・コロナウイルス・ライノウイルスなの風邪菌から急性鼻炎を発症します。これらのウイルスは体の免疫力が低下したときに感染しやすくなるため、基礎代謝を上げ免疫力を高めることが重要でしょう。

2-2.ホコリ・粉塵(ふんじん)・化学物質が原因になることも

ほとんどの原因はウイルスと細菌の感染ですが、場合によってはホコリ・粉塵・化学物質(アンモニア・塩素ガスなど)の吸引が原因で発症することもあります。特に、これらがたくさん漂っている工事現場などの環境内で仕事をしている方たちは、急性鼻炎発症のリスクが高くなっているので要注意です。職場環境が原因で発症している場合は、環境を変えたほうがいいでしょう。気温が下がり、空気が乾燥する冬の季節も発症しやすくなるので気をつけてください。

3.急性鼻炎の症状は?

急性鼻炎になると、どのような症状が現れるのでしょうか。

3-1.鼻づまり

主な症状の1つは、鼻づまりです。鼻の粘膜が赤く腫れ上がると鼻づまりが起こります。鼻づまりは空気の通り道が狭くなってしまうので、匂いが感じにくい・鼻から息がしづらくなるでしょう。夜寝るときもうまく呼吸ができないので、寝苦しくて熟睡できないこともあります。

3-2.鼻水

鼻づまりと同じく、代表的な症状が鼻水です。急性鼻炎の鼻水は、風邪を引いたときに出る鼻水とは違い悪臭を放つ傾向があります。また、鼻水に血が混ざったり、鼻水がのどに落ちる感じがしたりするようになるでしょう。透明な鼻水はアレルギー性鼻炎の特徴ですが、急性鼻炎の初期段階で出ることもあります。また、黄色や緑色をした粘り気のある鼻水の場合は、急性鼻炎が悪化し慢性化している可能性があるので、すぐに受診したほうがいいでしょう。

3-3.くしゃみ

くしゃみは体が感知した異物を体外へ押し出そうとしている証拠です。急性鼻炎を発症していると、鼻粘膜が過敏になるので、ちょっとした刺激でもくしゃみが出ます。くしゃみが止まらない状態が長く続くと体に大きな負担がかかり、体力も消耗しやすくなるでしょう。また、鼻だけでなく耳にもダメージが蓄積されるため、早めの対処が必要です。

3-4.頭痛・発熱・全身倦怠感を覚えることもある

急性鼻炎の症状には、頭痛・発熱・全身倦怠感を覚えることもあります。風邪をきっかけに発症することが多いため、似た症状も同時に現れるのです。鼻水・鼻づまり・くしゃみが続く中、頭痛や全身倦怠感まで出てくると体に大きな負担がかかります。毎日の生活に悪影響を与えるだけでなく、精神ダメージも大きくなるため、早めの治療が大切です。

3-5.細菌感染の合併や副鼻腔炎・中耳炎の病気を併発する

急性鼻炎は、ブドウ球菌・インフルエンザ菌・肺炎双球菌など細菌感染の合併を引き起こす恐れがあります。細菌感染を合併すると膿性の鼻水が止まらなくなるでしょう。また、急性副鼻腔炎・気管支炎・中耳炎などの炎症や病気を併発する可能性もあるので要注意です。耳が聞こえにくい・痛みがある・耳鳴りがするといった症状が現れた際は、すぐに耳鼻咽喉科を受診してください。

4.急性鼻炎の検査・治療方法は?

最後に、急性鼻炎の検査と治療方法を具体的に解説します。

4-1.基本的な検査は問診と鼻鏡所見

急性鼻炎の検査方法は、問診と鼻鏡所見が基本です。問診では、いつからどんな症状が起きているのか、どんなときに症状がひどくなるのか、具体的な症状について聞き出します。鼻鏡所見は小さめの鏡を使って、鼻の中の状態をチェックすることです。赤く腫れ上がっているのか、どのくらいの炎症を起こしているのか確かめます。ただし、病原体の特定によって治療方法が異なる場合は、迅速検査を行うこともあるでしょう。迅速検査としては、咽頭ぬぐい液を使用したインフルエンザ迅速検査が代表的です。
また、アレルギー性鼻炎の可能性もあるため、血液検査を行うこともあります。血液検査によって、アレルギーに関連性の深い好酸球やIgEなどを測定するのです。

4-2.治療方法は対症療法が中心

前述したように、急性鼻炎の主な原因はウイルスと細菌なので、体内に侵入したものを排出するための対症療法が一般的な治療方法となります。具体的には、抗ヒスタミン薬や解熱鎮痛剤の投与、ネブライザーなどです。ネブライザーは、薬液を霧状にして口や鼻から吸引させる装置のことで、普通に薬剤を投与するよりもより成分を体内に浸透させることができます。多くの方は、対症療法で症状がやわらぐでしょう。

4-3.鼻水を吸引する物理的な治療法

急性鼻炎の治療法には、鼻水を吸引する物理的な方法もあります。この治療法は、鼻水をうまく咬めない子どもに用いられることがほとんどです。鼻の奥につまった鼻水を吸引すれば、症状が軽くなります。ただし、根本的な原因にアプローチできたわけではないため、対症療法とあわせて行ったほうが効果的です。

4-4.細菌感染症の合併が疑われる場合は抗生物質を使用する

細菌感染症が疑われる場合は、抗生物質や消炎剤を使用することもあります。抗生物質は細菌に対して効果を発揮する薬なので、ウイルスが原因の場合は使用しません。主に用いられる抗生物質には、ペニシリン系のアモキシシリンなどがあります。抗生物質は完治できるまで長期間服用し続けることになるため、どのような効果があるのか、毎日どのくらいの量を服用するのか細かい部分を確認してください。

4-5.耳鼻咽喉科で適切な治療を受けることが大切

急性鼻炎は自然治癒ができる症状ですが、慢性鼻炎になったり、中耳炎などの病気になるリスクもあるため、耳鼻咽喉科で適切な治療を受けることが大切です。早めに治療を受ければ、治療期間が短く済み、治療費を安く抑えることができます。少しでも症状が気になる方は、「川村耳鼻咽喉科」など専門医が在籍している耳鼻咽喉科を受診してください。

5.急性鼻炎に関してよくある質問

急性鼻炎に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.小どもの場合、よく見られる症状は?
A.鼻づまり・鼻水・くしゃみといった3大症状の他に、発熱・食欲不振・頭痛など風邪の症状が現れます。特に、小どもの場合はいびきが大きくなるでしょう。寝ている間でも鼻づまりが起きているため、空気の通り道が狭くなる=いびきが大きくなるのです。自分の意思を伝えることができない幼い子どもは、症状や様子で訴えてくるので異変に気づけるよう様子を伺いましょう。子どもは大人よりも免疫力が弱いため、すぐにウイルスや細菌に感染します。また、子どもは急性中耳炎を併発しやすい傾向があるので、早めに受診してください。

Q.急性鼻炎の治療期間はどのくらい?
A.そのときの状態や症状によって差はありますが、だいたい数日で症状が落ち着き始めるでしょう。症状が軽いうちに治療を始めれば、2〜3日で解消できるケースもあります。ただし、あくまで目安なので、症状が悪化していたり、病気を併発していたり、慢性化したりしている場合は、約1〜3か月かかる可能性が高めです。短い期間で改善するためには、早めの治療が必要となります。

Q.中耳炎などの病気を合併しているときの症状は?
A.鼻づまり・鼻水・くしゃみのほかに、耳が痛い・発熱が続くなどの症状が現れます。中耳炎が進行すると鼓膜に穴が空き、耳だれが見られることもあるでしょう。耳だれが生じると耳に激しい痛みが伴うケースがほとんどです。特に、中耳炎は子どもに発症する可能性が高いので注意してください。

Q.急性鼻炎の対策・防止策は?
A.最も効果的な対策は、体を十分に休めることです。ウイルスや細菌の感染は免疫力の低下が大きく関係しているため、十分な休息で体の疲れを取り、免疫力を上げていきましょう。また、日常生活を規則正しく送ることが重要な防止策となります。栄養バランスが取れた食生活・睡眠・適度な運動を心がけてください。特に、運動は免疫力と基礎代謝を高めてくれるので、できるだけ体を動かすようにしましょう。体を動かして汗をかくとスッキリするため、ストレス解消にも効果的です。

Q.急性鼻炎の治療のために自分でできることは?
A.基本的に、自然治癒が可能な症状なので、全身の安静を心がけてください。なるべく体を休め、負担になるような行動は避けましょう。また、保温と保湿にも気をつかうことが大切です。室温18〜20℃、湿度50〜70%の環境を維持してください。そして、十分な水分と栄養補給を心がけることも大切なポイントとなります。免疫力が低下しているときに風邪菌が入り込み急性鼻炎を生じるため、免疫力向上につながる栄養を摂取しましょう。ビタミン・ミネラル・たんぱく質とバランスのいい食生活を心がけてくださいね。

まとめ

急性鼻炎は、鼻の粘膜が急性炎症を起こしている状態のことです。主な症状としては、くしゃみや鼻水・鼻づまりですが、放置すると中耳炎や副鼻腔炎にまで悪化する恐れがあります。副鼻腔炎にかかると治療期間が長くなり、それだけ費用も高くかかるので要注意です。早めに受診し、対症療法を受けましょう。急性鼻炎のほとんどはウイルスが原因となるため、ウイルスを体外から排除する治療法で症状をやわらげます。なるべく早めに治療を始めることで、炎症部位の広がりを抑えることができるでしょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績