鼻水が喉に引っかかるような感じがする! その原因と対処法は?

鼻水が喉に引っかかるような感じがする! その原因と対処法は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

いつも痰(たん)が喉に絡んでいるような感じがする。夜眠る際、鼻水が喉に下りてくるような感覚がして気持ちが悪い。そんな鼻水が喉に引っかかるような症状に悩んでいる人はいませんか? こうした状態が長く続くと、寝不足になるなど日常生活に支障が出てくることもあるでしょう。

  1. 鼻水が喉に引っかかる状態とは?
  2. 鼻水が喉に引っかかる原因
  3. 鼻水が喉に引っかかるときの対処方法
  4. 病院による治療方法
  5. よくある質問
  6. おわりに

今回は、鼻水が喉に引っかかるような症状が出る原因や治療法について解説します。鼻づまりや鼻水が喉に引っかかるような症状に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

1.鼻水が喉に引っかかる状態とは?

鼻水が喉に引っかかるような感じというと、ピンとこない人がいるかもいるかもしれません。しかし、以下のような症状が出る場合も、鼻水が喉に引っかかっている状態です。

  • 喉に痰が絡んだような状態が長く続き、吐き出してもすっきりしない
  • 喉が狭くなったように感じ、咳(せき)が出たりむせたりする
  • 夜寝る際、鼻水が喉の奥に落ちてくるような感じがして息苦しい

特に、眠っている間に症状が強く現れる人が多く、寝不足になっている人も多いことでしょう。

2.鼻水が喉に引っかかる原因

この項では、鼻水の量が増えたり、喉に落ちこむ感じがする症状が出たりする病気について解説しましょう。

2-1.鼻水の役割と体内に吸収されるメカニズム

鼻水は、鼻の粘膜を守り、空気と共に体内に入ろうとする細菌やウィルスを、体外へ排出する役目を担っています。鼻水は、毎日1Lほど作られますが、ほとんどが鼻の奥から喉を通って体内へ流れ落ちていくのです。健康なときの鼻水は水のようにサラサラしているので、流れ落ちていることを意識することはほとんどありません。しかし、何らかの原因で鼻水の量が増えたり、鼻水の粘度が高まると、喉へ鼻水が流れ込む際に不快感を覚えることがあります。この状態を「後鼻漏」といい、鼻の病気と共に悩んでいる人も多いのです。

2-2.鼻水が喉に引っかかるような症状が出る病気

鼻水が喉に引っかかるような症状が出る病気には、以下のようなものがあります。

2-2-1.副鼻腔炎

最も後鼻漏になりやすい病気が、副鼻腔炎です。副鼻腔とは鼻と目の間にある空洞のことで、そこが炎症を起こすと膿のようなドロドロした鼻水が大量に出ます。鼻水が喉にひっかかったような症状が出るほか、がんこな鼻づまりや頭痛・顔面痛・発熱などが症状として出るでしょう。風邪から移行することも多く、慢性化することもあります。

2-2-2.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、花粉やホコリに代表されるアレルゲンが原因で起こる鼻炎です。アレルギー性鼻炎の鼻水は水のようにサラサラとしていますが、大量に出るので不快感を覚えやすくなります。

2-2-3.血管運動性鼻炎

血管運動性鼻炎は、環境や気温の急激な変化によって起こる鼻炎です。自律神経の乱れが原因で、「季節の変わり目に鼻水が大量に出やすい」という人は、血管運動性鼻炎の可能性があります。鼻水の量が大量だと、後鼻漏の症状が出ることもあるでしょう。

2-2-4.逆流性食道炎

逆流性食道炎とは胃酸が食道や喉まで逆流し、食道や喉に炎症が起こる病気です。症状が重くなると喉の奥から鼻にかけての部分まで胃酸が逆流し、炎症が起きることもあるでしょう。すると、鼻水が喉の奥に流れ込むような感覚を得ることもあります。この場合は、胃酸の逆流を抑える治療が必要です。

2-2-5.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に気道が狭くなり、呼吸ができなくなる病気です。肥満や骨格・舌の形状などが原因で起こり、症状の1つにひどいいびきがあります。常時いびきをかくほど気道が狭まると、炎症も起きやすくなって鼻水が喉に引っかかるような違和感を覚える人もいるでしょう。また、睡眠時無呼吸症候群を発症すると逆流性食道炎も発症しやすくなります。

3.鼻水が喉に引っかかるときの対処方法

この項では、喉や鼻の奥に違和感を覚えたときの対処方法について解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.自分でできる対処方法

喉や鼻の奥が気持ちが悪いときは、以下のような対処方法を行ってみましょう。

  • 鼻うがいをする
  • 外から帰ったらうがいをする
  • マスクをして喉を外気から守る
  • 横向きに寝る

特に、鼻うがいは鼻の奥にたまった鼻水を一気に出すことができ、すっきりとします。ただし、必ず人肌の生理食塩水で行い、中耳炎にならないように、医師の指導のもと正しい方法で行ってください。また、あお向けに寝るより横向きに寝た方が、鼻水が喉の奥に落ちこみにくいものです。

3-2.病院へ行く目安

鼻づまりや鼻水が1週間以上続き、まったく改善の余地が見えない場合は耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。喉の違和感と共に胸焼け・胃の不快感・げっぷが出やすいなどの症状が1週間以上続く場合は、逆流性食道炎の可能性があります。この場合は、内科や消化器科を受診しましょう。睡眠時無呼吸症候群の場合は、ひどいいびきや日中の耐えがたい眠気などの症状が代表的です。家族からいびきを指摘されたら、念のために耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

4.病院による治療方法

この項では、病院による後鼻漏の治療方法について解説します。

4-1.副鼻腔炎の治療方法

副鼻腔炎は、投薬治療や手術による治療方法が一般的です。発症してすぐならば、抗生物質によって炎症を抑え、鼻水の量を減らす薬を利用すれば治るでしょう。また、ネブライザーという機械で鼻に直接薬を噴霧する治療方法も効果的です。副鼻腔炎が慢性化したり、再発をくり返したりする場合は、肥大した鼻の粘膜を切り取る手術をすすめられることもあります。

4-2.アレルギー性鼻炎・血管運動性鼻炎の治療方法

アレルギー性鼻炎の根本的な治療方法は、現在のところ確立されていません。ですから、薬を使って症状を抑える治療方法が一般的です。また、アレルゲンを身近に近づけないことも効果があるでしょう。また、鼻炎の症状が重い場合は、鼻の粘膜を焼く手術や後鼻神経切断術をすすめられることがあります。
血管運動性鼻炎は、薬で鼻水を抑えた後、規則正しい生活をして鼻や喉を保護すればよくなりやすいでしょう。

4-3.逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎は、薬で胃酸の分泌を抑える治療方法が一般的です。また、暴飲暴食や飲酒などもやめましょう。

4-4.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に専用の器具をつけ、鼻から酸素を送る治療方法(CPAP療法)が一般的です。慣れるまで時間がかかりますが、睡眠の状態が改善されれば、不快な症状はなくなります。

4-5.病院の選び方

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎など、鼻の病気は治療に時間がかかります。通いやすい病院を選びましょう。また、耳鼻科・耳鼻咽喉科の個人病院では、手術を行っているところと行っていないところがあります。手術を希望する場合は、病院のホームページなどを確認してから、受診しましょう。かかりつけ医がある場合は、まずそこを受診してください。必要ならば紹介状を書いてもらえます。

5.よくある質問

Q.特に鼻や喉に何の問題がなくても、喉や鼻の奥に違和感を覚えることがあります。どうしてでしょうか?
A.ストレスがたまっていると、喉に違和感を覚える人もいます。病院を受診した結果、異常がない場合は、ストレスの発散を心がけてみましょう。

Q.後鼻漏の場合、市販薬は利用できますか?
A.はい。鼻水を一時的に止める薬は市販されています。しかし、あくまでも応急処置で、効果も一時的です。後鼻漏の原因となっている病気を治療する必要があるので、できるだけ早く病院を受診しましょう。

Q.肥満でなくても、睡眠時無呼吸症候群を発症しますか?
A.はい。発症することは珍しくありません。舌が大きめな人や、あごが生まれつき小さい人は睡眠時無呼吸症候群を発症しやすい傾向にあります。

Q.副鼻腔炎はどの年代でもかかる病気ですか?
A.はい。子どもから高齢者まですべての年代がかかる病気です。赤ちゃんでもかかることは珍しくありません。

Q.アレルギー性鼻炎の原因であるアレルゲンには、花粉のほかにどのようなものがありますか?
A.ペットの毛・ダニの死骸からなるハウスダストや、PM2.5 などが有名です。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は鼻水が喉に引っかかるような症状が出る原因や、対処方法について解説しました。鼻水は、多くの人が経験する体の不調ですが、「たかが鼻水」と対処を怠っていると長い間体の不調に苦しむことになります。1週間以上鼻水が止まらず、改善の余地も見えなければ、一度耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績