副鼻腔気管支症候群ってどんな症状? 症状や治療法を徹底検証!

副鼻腔気管支症候群ってどんな症状? 症状や治療法を徹底検証!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

副鼻腔気管支症候群という病気を聞いたことがありますか? 「粘り気の鼻水と同時に、痰(たん)がらみの咳(せき)が続いている」という場合、副鼻腔気管支症候群の可能性があるでしょう。特に、慢性的な副鼻腔炎を抱えている人は副鼻腔気管支症候群になりやすいといわれているため、注意が必要です。

この記事では、副鼻腔気管支症候群の症状や治療法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 副鼻腔気管支症候群とは?
  2. 副鼻腔気管支症候群の症状
  3. 副鼻腔気管支症候群の治療法
  4. 副鼻腔気管支症候群に関するよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔気管支症候群についてよく分かるはずです。ぜひ参考にして悩みを解決してください。

1.副鼻腔気管支症候群とは?

まずは、副鼻腔気管支症候群の概要や原因などをご紹介します。

1-1.上気道と下気道に炎症を起こす病態

副鼻腔気管支症候群とは、上気道と下気道に何度も繰り返し炎症を起こす病態のことをいいます。上気道とは鼻腔(びくう)から咽頭までの気道のことで、下気道は気管支や細気管支、肺などのことです。慢性気管支炎や気管支拡張症・びまん性汎細気管支炎など、気管支に慢性の炎症が起こる病気と、慢性副鼻腔炎が合併した状態を、副鼻腔気管支症候群と呼びます。鼻と気管支の両方にさまざまな症状が起こるため、早めの治療が必要になるでしょう。

1-2.直接原因は「副鼻腔炎の慢性化」

直接原因は、副鼻腔炎を慢性化させることにあるといわれています。寝ている間などに粘り気のある鼻水が喉に落ち、細菌感染が広がると考えられているのです。そのほかにも、粘膜の免疫異常により慢性の炎症を引き起こすという説もあるなど、はっきりした原因は分かっていません。

1-3.なりやすい人とは?

副鼻腔気管支症候群には、体質的な問題も関係しているといわれています。たとえば、副鼻腔炎になりやすい人、花粉やハウスダストなどに反応しやすいアレルギー体質の人などは、副鼻腔気管支症候群になりやすいといわれているため、注意が必要です。

2.副鼻腔気管支症候群の症状

副鼻腔気管支症候群の症状には、呼吸器に現れるものと鼻に現れるものがあります。

2-1.呼吸器症状

痰(たん)がらみの咳(せき)や喉の違和感、呼吸にヒューヒューという音が混じる喘鳴(ぜんめい)など、呼吸器に症状が現れるのが特徴です。こうした呼吸器症状は8週間以上続き、微熱を伴う場合もあります。

2-2.鼻の症状

上記のような呼吸器症状に加えて、鼻水や鼻づまりなど鼻の症状が現れます。鼻水は粘り気があり、鼻がつまると臭いが分からなくなることも多いでしょう。副鼻腔炎が悪化すると、鼻腔内の悪臭やほおの圧迫感・顔面痛などが起こることもあります。

副鼻腔気管支症候群では、鼻と喉の両方に症状が出るのですね。
両方に症状が出ると息苦しさがあり、とてもつらい状態が続くようになってしまいます。早めに適切な治療を受けるため、受診したほうがよいでしょう。

3.副鼻腔気管支症候群の治療法

副鼻腔気管支症候群の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

3-1.つらい症状を抑える対症療法

症状が比較的軽い場合は、鼻水や咳(せき)などのつらい症状を抑えるための対症療法が行われます。この場合は、気道粘膜潤滑薬や去痰(きょたん)薬・咳(せき)止め・気管支拡張薬などが用いられることになるでしょう。

3-2.症状がすすんでいる場合は抗菌薬を

症状がすすんでいる場合は、クラリスロマイシンやエリスロマイシンなどのマクロライド系抗菌薬を使用します。細菌の増殖を抑える効果があるため、服用して4週間ほどで咳(せき)や鼻づまりなどの症状が改善してくるでしょう。

症状の進行度を見極めるためにも、専門医に診てもらうことが大切なのですね。
できれば、副鼻腔気管支症候群に発展する前の段階で治療を開始するのが望ましいでしょう。短期間の治療で済ませるためにも、早めの受診をおすすめします。

4.副鼻腔気管支症候群に関するよくある質問

「副鼻腔気管支症候群について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.副鼻腔気管支症候群は何科を受診すればよいですか?
A.上気道と下気道の両方を治療する必要があるため、耳鼻咽喉科を受診するとよいでしょう。

Q.副鼻腔気管支症候群は人にうつりますか?
A.副鼻腔気管支症候群自体が感染することはありませんが、原因となったウイルスが人にうつる可能性はあるでしょう。

Q.副鼻腔気管支症候群の診断はどのように行われますか?
A.自覚症状や診察所見に加え、胸部や副鼻腔のレントゲン検査やCT検査などによって診断されるのが一般的です。

Q.副鼻腔気管支症候群を予防するためには、普段からどのようなことに気をつければよいでしょうか?
A.風邪をひいたきっかけで悪化することが多いため、風邪予防に心がけてください。抵抗力や免疫力が低下しないよう、規則正しい生活を送り、ストレスをためないようにしましょう。

Q.副鼻腔気管支症候群は、完全に治るまでどのくらいかかりますか?
A.治療開始から1~2週間で症状は改善してきますが、完治するまでは1~3か月ほどかかる場合もあるでしょう。

まとめ

副鼻腔気管支症候群について詳しくご紹介しました。鼻の症状に気管支の症状が伴う場合は、早めに受診して適切な治療を受けてください。治療が遅れると、日常的につらい症状が出るようになってしまいます。ぜひこの記事を参考にして、症状の改善を目指してください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績