特殊な副鼻腔炎|川村耳鼻咽喉科クリニック

鼻の病気

副鼻腔炎(蓄膿症)

特殊な副鼻腔炎 好酸球性副鼻腔炎・アスピリン喘息

好酸球性副鼻腔炎
20年ほど前から難治性の副鼻腔炎として注目されているのが好酸球性副鼻腔炎です。これは従来の副鼻腔炎が細菌などの病原菌感染が主な原因でであったのに対して、自身の鼻汁中に増加している好酸球(白血球の一種)が主体となって炎症を起こしているものであり、従来の副鼻腔炎に比べて治りにくいことが知られています。
この病気の特徴として

1:成人発症、両側性で多発性のポリープ
2:嗅覚障害の合併が多い
3:粘調な鼻汁が多い
4:喘息の合併が多い(アスピリン喘息含む)
5: ステロイドの全身投与が有効
6: マクロライド系抗生物質の抵抗例が多い
7:篩骨洞病変が高度の例が多い
8:難治例が多い

などがあります。
この病気の本質はまだまだ未解明の部分が少なくありませんが、従来の副鼻腔炎と異なりマクロライド系抗生剤はあまり効かないと言われており、診断がつかないまま漫然と治療されたまま悪化している患者さんをよく見かけます。
体質的な疾患であり、難治性ではありますが、内視鏡下手術を施行し、術前後にステロイドの内服や局所投与、鼻腔の洗浄を行い、好酸球を含む鼻汁を洗い流す治療が有効とされています。手術も換気をつけるだけではなく、固有鼻腔と副鼻腔を大きく開放し、病的粘膜をできるだけ除去することが重要です。

この疾患の患者さんの多くは気管支喘息を合併しています。そうでない方も喘息の前段階であったり、呼吸機能検査をすると喘息であることが判明する場合が多いとことが知られています。喘息も好酸球副鼻腔炎も気道の好酸球性炎症という点では同じであり、同じ病態が上気道と下気道で起こっていると解釈されています。その意味では喘息と同様にステロイドなどで炎症をコントロールする事が重要ですが、手術療法が果たす役割は大きく、鼻閉や後鼻漏が少なくなり喘息症状が著明に改善する場合も少なくありません。

当院院長は以前からこの好酸球性副鼻腔炎の臨床経験は多く、2011年日本鼻科学会でのシンポジウム:「好酸球性副鼻腔炎の診断および評価基準作成の試み」に唯一開業医として選出されました。また2013年には論文「診療所における好酸球性副鼻腔炎の診断」を報告しており、2014年鼻科学会では副院長が「当クリニックにおける好酸球性副鼻腔炎の術後経過についての検討」を発表しております。
当院では好酸球性副鼻腔炎の患者さんも多数受診されますが、軽症の場合は薬でコントロールできる場合もあり、重症の場合は1泊2日の短期入院手術を行っております。この疾患は術前のコントロール、術後管理が重要ですので、経験、知識の豊富な医師への受診をお勧めします。

アスピリン喘息
アスピリン喘息はアスピリンのみならず非ステロイド系解熱鎮痛薬(NSAIDs)により発作が誘発されるという特徴を持ち、喘息発作、アスピリン過敏症、鼻茸を3主徴とする疾患です。好酸球性副鼻腔炎と同様に成人で発症することが多く、成人喘息の4〜30%、中等症以上では喘息の10%以上に認められると言われています。この疾患も好酸球性副鼻腔炎と同じ病態と考えられており、治療法も前述の好酸球性副鼻腔炎とほぼ同じですが、副鼻腔炎も重症で再発率が高い事が知られています。ただ、手術によって鼻閉や喘息症状が改善し喘息薬の使用量が少なくなることも経験しています。鎮痛剤以外にも発作を誘発させる物質もあり、過敏反応は後天性ですので若いときに大丈夫だったから安心だとも言い切れません。歯科など鎮痛剤をもらうときに注意も必要ですし、湿布薬で塗り薬でも反応は起こりえます。その意味ではこの疾患も経験、知識の豊富な医師への受診をお勧めします。

難病指定について
2015年7月から好酸球性副鼻腔炎が一定の診断基準を満たせば難病として認定されることになりました。
認定されればこの疾患に関わる検査、手術、投薬などの治療費の自己負担額がかなり軽減されます。(ご本人の年収で異なります)
診断基準にはCT検査、血液検査、鼻粘膜採取が必要であり、現実的には当院のようなCTを備え、手術を行う医療機関でないと診断できません。
また診断書作成には指定された施設で指定された医師の診察を受ける必要があります。
当院はこれらの指定を受けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

BACK