滲出性中耳炎とは|川村耳鼻咽喉科クリニック

耳の病気

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは

滲出性中耳炎とは中耳腔に液体が貯留している状態を言います。最も一般的には急性中耳炎が不完全に治癒したときに起こりますが、風邪などの上気道炎の後などに本人や周囲が気づかないままに起こっている場合もあります。その原因として最も多いのは急性中耳炎と同様に鼻から耳管経由で中耳に炎症が起こることですが、小学校高学年ころまでしばしば反復する事があります。急性中耳炎との最大の違いは症状が現れにくいことであり、発熱や痛みを伴うことはあまりありません。反復しやすい原因として副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎、アデノイド増殖症などが指摘されています。鼻と耳をつなぐ耳管は鼻の後方に存在するために、鼻の炎症が慢性化していたり、アデノイドで耳管が圧迫されていると、中耳(鼓膜の奥)の換気や圧力の調整を行うべき耳管の働きが損なわれるために滲出性中耳炎が繰り返しやすくなります。

滲出性中耳炎の鼓膜

正常鼓膜

滲出性中耳炎の鼓膜は中耳腔が陰圧のために奥に倒れるような状態となり、その結果耳小骨の突起が突出し、突起周囲にしわが目立つようになります。また、鼓膜を通して中耳貯留液や水泡が認められます。

滲出性中耳炎の鼓膜 滲出性中耳炎の鼓膜

滲出性中耳炎の症状

急性中耳炎と異なり滲出性中耳炎では激しい痛みや高熱を伴うことはまれです。難聴や耳がつまった感じが起こりますが年少児では訴えることができず、呼びかけに反応が悪くなったり、何となく機嫌が悪い、耳を良く触るなどの症状しか起こらないこともあります。周囲が気づいてあげることが大切です。

診断

ほとんどの場合鼓膜所見を観察することで診断されます。症状を訴えないことも多いため鼓膜を見るまで周囲がその存在に気づかないことも良くあります。微妙な所見に対してはファイバースコープや顕微鏡で観察しその所見をお見せします。難聴や鼓膜の動きに対しては聴力検査やティンパノメトリーにて精査します。また、反復する滲出性中耳炎の原因となる副鼻腔炎やアデノイド増殖症に対してはX線検査をします。

1:聴力検査
聴力検査

滲出性中耳炎の難聴は中耳の貯留液などによって音の伝わりが障害されることによります。従って、典型的には本来の聞こえる能力(図の)は正常ですがレシーバーを介して外耳道から入る音(図の○)に対しては聞こえにくくなります。その結果、聴力像では[と○との間に数十デシベルの差ができる伝音性難聴のパターンを示します。

2:ティンパノメトリー
ティンパノメトリー

ティンパノメトリーは外耳道にかかった圧に対する鼓膜の動きを調べています。正常では鼓膜の外耳道側と中耳側の圧は等しいため全く圧をかけない状態(外耳道圧0)の時に最も鼓膜が動きやすくなります(図A)、滲出性中耳炎では中耳側が陰圧になっているために外耳道に陰圧をかけた時にはじめて鼓膜が動きやすくなります(図C)。更に中耳滲出液が多いと外耳道に陽圧、陰圧をかけても鼓膜が動かない状態(図B)になります。

3:X線検査
小児副鼻腔炎のX線像 X線検査

副鼻腔炎(蓄膿症)が存在するとのどへ流れる鼻汁などで耳管の炎症が起こったり中耳の感染が起こりやすくなります。また、鼻の奥にはアデノイドと呼ばれる扁桃組織が存在し、これが大きいと耳管を圧迫して中耳の換気がさまたげられて炎症が反復しやすくなります。これら副鼻腔炎やアデノイド増殖症が疑われるときにはX線で検査をします。

滲出性中耳炎の治療

小児の滲出性中耳炎は耳管の機能的、形態的未成熟に関係があり、これが成熟してくる10歳過ぎには自然治癒する傾向があります。だからといって悪い状態を放置しておくと将来手術が必要な真珠腫性中耳炎に移行したり、手術も困難な癒着性中耳炎になる可能性も指摘されています。また、小児期の難聴は生活や学業に支障をきたし耳閉感は精神的にも多大なストレスを与えます。反復しやすいタイプの場合はあまり悪い状態が続かないように気長に治療する必要があります。

1:保存的治療

滲出性中耳炎の原因には風邪などの上気道感染や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などがあります。これらの急性期には細菌を叩く抗生物質や粘液溶解剤などの服薬、貯留した鼻汁を吸引除去する局所処置、細かい霧状の薬を吸入するネブライザー療法などが有効です。 一方上気道炎症の慢性期にはマクロライド系抗生物質を少量で長期間服用する治療が効果的であることが知られています。この系統の抗生物質は少量にすると細菌をに対する作用よりも炎症を起こすサイトカインの産生を抑え粘膜の機能を改善する作用があり、治療効果が高く副作用が起こりにくいとされています。このように滲出性中耳炎の治療にはその原因となっている炎症を抑える薬物療法が重要です。また、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などで鼻が悪いと鼻をすする習慣が付きやすくなります。鼻すすりは中耳に陰圧をかけることになり滲出性中耳炎に悪影響を与えますので坑ヒスタミン剤などで鼻の治療を行い、鼻すすりの習慣をやめる必要があります。中耳の陰圧を解除したり換気を改善する処置として耳管通気療法を行うこともあります。

3:鼓膜切開

鼓膜切開とは鼓膜表面を麻酔し、極小のメスで小さな穴をあけて液体を排出する方法で、難聴を改善させ中耳腔の換気を行う効果があります。薬ではなかなか良くならない時や生活に支障をきたすほどの難聴がある場合には必要となります。鼓膜の麻酔には綿球に麻酔液を浸して鼓膜表面に置く方法や外耳道に麻酔液を注入して微弱電流を流すイオン麻酔法があります。これらの麻酔を行うと切開に伴う痛みほとんどありません。鼓膜切開による穴が後々まで残ることはまずなく、多くの場合は数日から1週間ほどで自然とふさがります。むしろ鼓膜が閉じた後に再び液体が貯まったときなどは何度か切開が必要になることもあります。切開そのものは数回あるいは数十回行っても問題はないと言われていますが小さな子に何度も恐い思いをさせることはなるべく避けたいものです。当院では極力保存的治療を優先していますが難治性の時には必要となることもご了解下さい。

貯留液
3:チュービング
チューブ

何度か切開を行っても滲出性中耳炎が反復するような場合には中耳の換気と貯留液の排泄を目的として 鼓膜にチューブを挿入します。チューブの種類には数ヶ月の短期留置型と1〜2年の長期留置型がありますがいずれも穴の大きさは1mm程度で外径も数mmの小さな物です。方法としては、まず前述の鼓膜切開を行ったあと中耳の滲出液を吸引し、このチューブを挿入します。鼓膜表面の麻酔をしますので痛みはほとんどありませんが顕微鏡を見ながら行う手技ですので動いたりするとできないこともあります。成人や小学校高学年以上は外来で行います。小学校低学年までは全身麻酔で行うことも多くなりますが、その場合は関連病院を紹介いたします。挿入したチューブは自然に抜ける場合もありますが抜去は外来で簡単に行えます。

3:アデノイド切除術
アデノイド切除術

小児期には鼻の奥(上咽頭)に扁桃組織の一種であるアデノイドが存在し、病的に大きいと耳管咽頭口を圧迫して滲出性中耳炎の原因となり副鼻腔炎の治癒も遅らせます。アデノイドは7歳前後で最も大きくなり、その後は縮小していきますが滲出性中耳炎に悪影響を及ぼしているときにはチュービングと合わせてアデノイド切除を行います。この時には全身麻酔で1泊入院が必要です。

よくある質問

Q:切開やチュービングすると聞こえが悪くならないの?

切開やチューブによる鼓膜の穴はそれほど大きなものでなく聞こえに対する悪影響はあまりありません。むしろ中耳に貯留液がある状態や中耳が陰圧になっている状態の方が鼓膜の動きが悪く難聴の程度も強い事が多いとされています。

Q:切開やチュービングの後でお風呂や水泳はいいの?

お風呂やシャンプーで水がかかる程度はまず心配ありません。ご心配であれば綿球で耳栓をして入浴すれば問題はないと言えます。水泳の時にも耳栓をすればほぼ大丈夫ですが深く潜ったりすると水圧で中耳に水が入ることもあり得ますので潜水は避けた方がよいでしょう。水泳授業を禁止することはほとんどありません。

Q:切開やチュービングなどの危険性は?

手術手技そのものは安全性が高く、危険性はあまりありません。ただ、チュービングのあとでチューブに対する異物反応などにより耳漏が止まりにくくなることがまれにあり、この時には抜去が必要です。また、長期間の留置のあと数%に鼓穿孔が残ることがあります。ほとんどは外来での閉鎖処置で閉じますが、まれには閉鎖手術が必用になることもあります。

手術手技そのものは安全性が高く、危険性はあまりありません。ただ、チュービングのあとでチューブに対する異物反応などにより耳漏が止まりにくくなることがまれにあり、この時には抜去が必要です。また、長期間の留置のあと数%に鼓穿孔が残ることがあります。ほとんどは外来での閉鎖処置で閉じますが、まれには閉鎖手術が必用になることもあります。

BACK