内耳の異常? 感音難聴の原因と症状 〜代表的な3つを紹介〜

難聴の原因には色々ありますが、耳の奥にある「内耳」に異常が合って耳が聞こえが悪くなる病気が「感音難聴」です。
耳が聞こえないというのは大きなハンデになりますよね。
多くの不安を抱えておられることでしょう。
その不安を少しでも和らげるために、感音難聴になる原因ついて知っておくことは助けになりますよ。
そこで本日は、感音難聴のよくある原因と症状について3つの点をご紹介致しましょう。
感音難聴を正しく理解して治療するために是非お役立てください。

原因その1:遺伝や発達異常

遺伝や胎児の時の発達異常が原因で感音難聴になることがあります。これは先天性難聴です。
主な症状としては、赤ちゃんが大きな音に反応しない・呼びかけても反応が無い・言葉が覚えない、という症状が見られますよ。
先天性の感音難聴は補聴器や人口内耳を使う治療方法が一般的です。

原因その2:騒音・事故

大きな音がする工場で働いている人・大きな音のするディスコやクラブ・ライブへ頻繁に行く人は騒音が原因で感音難聴になることがありますよ。
騒音が原因で起きる感音難聴は、いきなり耳が聞こえなくなるのではなく耳鳴りから始まることが多いと言われています。そのまま放置しておくと次第に音が聞こえにくくなりやがて難聴になってしまうでしょう。
突然耳の近くで大きな音がして内耳を傷つけてしまい難聴になることもあります。これは事故による感音難聴ですね。
常に大きな音がしている場所・突然大きな音がするかもしれない場所では耳栓やイヤーマフで大きな音を遮るようにしましょう。

原因その3:病気やストレス

病気やストレスも感音難聴の原因となりますよ。
感音難聴に一つである突発性難聴はウイルス感染や内耳の自己免疫障害、内耳の循環障害によって引き起こされると考えられています。また、感音難聴にめまいが伴うメニエール病はストレスや疲労、不眠が原因で起こる病気です。
病気やストレスで起きる感音難聴はその原因がよく分かっていないものも少なくありませんが、治療するためには休息をしっかりとって病気の原因となる事柄を避けることが大切です。

いかがでしたか?

この記事では感音難聴のよくある原因と症状について3つの点をご紹介致しました。

  • その1:遺伝や発達異常
  • その2:騒音
  • その3:病気やストレス

感音難聴は誰にでも起こる事がある病気です。
感音難聴の原因と症状を知っておくなら突然の感音難聴にも落ち着いて対処することが出来るでしょう。感音難聴とはどのような病気なのかを理解するために是非お役立てください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
川村繁樹

免責事項
可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

住所:大阪府大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700

年間400件の手術実績!
耳・鼻の日帰り手術、1泊2日手術にも対応。

当クリニックは全国的にも数少ないCTスキャナーを完備している耳鼻咽喉科クリニックです。日帰り手術・短期入院手術の実績も豊富です。

当クリニックの紹介
・耳の病気の解説と治療法
 ・急性中耳炎
 ・滲出性中耳炎
・鼻の病気の解説と治療法
 ・アレルギー性鼻炎
 ・副鼻腔炎
・その他病気の解説と治療法
 ・いびき・睡眠時無呼吸症候群