好酸球性副鼻腔炎の診断基準

好酸球性副鼻腔炎の診断基準が知りたい! 症状・治療法など徹底解析

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

近年、増加している「好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)」は、難治性の副鼻腔炎です。現代医学であらゆる治療を行っても治りにくい疾患で、難病指定されています。粘性の高い鼻水や嗅覚障害・喘息(ぜんそく)などの症状は、好酸球性副鼻腔炎の可能性があるのです。ただし、専門の医療施設で検査しなければ分かりません。また、治療が困難な病気でもあるため、長期間にわたっての治療が必要となります。悪化させないためには、早めに治療を始めることが大切でしょう。本記事では、そんな好酸球性副鼻腔炎の診断基準・治療法など説明します。

  1. 好酸球性副鼻腔炎とは
  2. 好酸球性副鼻腔炎~セルフチェック法
  3. 好酸球性副鼻腔炎~診断基準について
  4. 好酸球性副鼻腔炎~治療法
  5. 好酸球性副鼻腔炎~手術について
  6. 好酸球性副鼻腔炎~耳鼻咽喉科の選び方
  7. 好酸球性副鼻腔炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、好酸球性副鼻腔炎の治療に必要な知識を身につけることができます。気になっている方は、ぜひチェックしてください。

1.好酸球性副鼻腔炎とは

好酸球性副鼻腔炎とはどのような病気なのでしょうか。主な症状・原因・なりやすい人・放置の危険性について説明します。

1-1.どんな病気か

好酸球性副鼻腔炎とは難治性の副鼻腔炎で、鼻茸(はなたけ)や副鼻腔粘膜へ好酸球が浸潤する特徴があります。好酸球とは、アレルギー性疾患・寄生虫症などの際に増加する白血球の1種です。一般的に、好酸球性副鼻腔炎はあまり知られていない病気ですが、平成27年7月1日に指定難病になりました。治療が極めて難しく、長期間にわたる通院治療が必要とされています。

1-2.主な症状

代表的な症状が、頑固な鼻づまりです。鼻茸=ポリープが数多くでき、常に鼻で呼吸できない状態となります。また、副鼻腔炎と同じ膿性・粘性鼻汁(ねんせいびじゅう)などの症状もありますが、強めの嗅覚障害が特徴です。最悪な状態になると、まったくにおいが分からなくなり、味覚を失う可能性があります。ほかにも、目の奥の痛み・頭痛などの症状が起こるでしょう。

1-3.主な原因

今のところ、ハッキリとした原因は分かっていません。何らかの原因で好酸球が増加し、免疫機能の働きが過剰になって起きているといわれています。「好酸球性副鼻腔炎の診断ガイドライン」によると、気管支喘息の治療変化・頻回な鎮痛剤の使用などが複雑に絡み合って発症に関与しているとされているのです。

1-4.なりやすい人・患者数

好酸球性副鼻腔炎は、気管支喘息の人に多く起こるといわれています。副鼻腔炎と喘息は密接に関係しており、喘息患者の約40~73%が慢性副鼻腔炎を合併しているのです。そのため、好酸球性副鼻腔炎も喘息と大きく関係しているといえるでしょう。気管支喘息を起こしてから好酸球性副鼻腔炎になるのか、好酸球性副鼻腔炎になってから気管支喘息になるのかは判明していません。今までの調査によると、ほとんど同じ割合で起きているといわれています。
また、好酸球性副鼻腔炎の患者数は、鼻茸が存在する慢性副鼻腔炎患者20万人のうち10分の1にあたる約2万人です。現在は増加傾向にあり、さらに患者が増えるといわれています。

1-5.放置するとどうなるか

放置するほど、鼻の中にできた鼻茸(ポリープ)が外に出るほど大きくなる可能性があります。風邪・ウイルスなどの感染症を起こすと、その刺激によって鼻茸が成長するのです。その結果、重度の鼻づまりが起き、自然と口呼吸になり、喘息を発症する可能性が高くなります。日常生活にも大きな支障をきたすでしょう。