眠気解消方法

寝ても寝ても眠いのはなぜ?! 一日中眠い原因、眠気解消方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

睡眠は、疲労回復の最も有効な手段です。ぐっすりと眠れた翌朝の爽快感は、皆様もよくご存じでしょう。しかしその一方で、「寝ても寝ても眠い」と悩んでいる方も多いのです。

そこで、今回は一日中眠い原因とその対処方法をご紹介しましょう。睡眠は長さよりも質が大事と言われています。質のよい睡眠を取れなければ、いくら長時間寝ても眠気は取れません。また、自分ではぐっすり寝ているつもりでも実はそうではなかったというケースもあります。場合によっては病院での治療が必要です。

  1. 寝ても寝ても眠いのはなぜ?
  2. 眠気が取れないとどうなるの?
  3. 眠気を解消する方法
  4. 病院へ行くべき症状
  5. よくある質問

睡眠の質は日常生活を改めれば劇的に改善することもあります。たっぷりと睡眠をとっているはずなのに眠いという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.寝ても寝ても眠いのはなぜ?

まず初めに、しっかりと長い時間眠っているのに眠気が取れない原因をご紹介します。どのような原因があるのでしょうか?

1-1.眠りが浅い

眠りには脳まで眠りにつく深い睡眠であるノンレム睡眠と、脳は活発に動いている浅い睡眠であるレム睡眠の2種類があります。人は眠りながらノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返して朝を迎えるのです。いくら睡眠時間が長くても、レム睡眠だけですと脳が休まらず眠気が取れません。また、ノンレム睡眠から一気に覚醒すると脳が長い間正常に働きにくくなり、やはり眠気が残ります。

1-2.ストレス

強いストレスを感じていると、眠りの質が悪くなります。夜中に何度も目が覚めたり、早朝に目が覚めてそのまま眠れなかったりする場合は要注意。このような場合はたとえ睡眠時間を早めても、質の良い睡眠は得られません。まずはストレス解消をすることが大切です。

1-3.病気

睡眠時無呼吸症候群などにかかっていると、長時間睡眠を取っても眠気が取れません。睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている最中に気道が狭くなって呼吸が止まってしまう病気です。呼吸が止まれば当然苦しくなりますので、目が覚めます。そのため、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは自覚がなくても睡眠が細切れになっているのです。これでは、いくら睡眠時間が長くても眠気は取れません。また、鼻詰まりがひどくても、睡眠中の呼吸がうまくいかずに目が覚めてしまうことがあります。