喉頭炎の症状

喉頭炎(こうとうえん)の症状や治療法、咽頭炎の違いについて知ろう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

喉の痛みが長引いている場合、「喉頭炎(こうとうえん)」になっている可能性が高いです。喉頭炎(こうとうえん)は上気道(じょうきどう)のウイルス感染になります。放置すればするほど慢性化するので初期症状のうちに改善しなければなりません。これから、喉頭炎(こうとうえん)の症状や治療法、原因、喉頭炎(こうとうえん)と咽頭炎(いんとうえん)の違いについて説明します。咳(せき)や喉の痛みが続いている人はぜひチェックしてください。

  1. 喉頭炎(こうとうえん)の症状
  2. 喉頭炎(こうとうえん)の原因と治療法
  3. 喉頭炎(こうとうえん)と咽頭炎(いんとうえん)の違い
  4. まとめ

1.喉頭炎(こうとうえん)の症状

喉頭(こうとう)部分に炎症が起こる症状を「喉頭炎(こうとうえん)」と言います。そもそも、喉頭(こうとう)とは何なのか、どんな症状が起こるのでしょうか。自分の症状を見直しながら確認してください。

1‐1.空気のとおり道になる喉頭(こうとう)

喉頭(こうとう)は空気のとおり道になる気道の1つです。咽喉(のど)から気管までの部分を指しています。喉頭(こうとう)の中ほどには声を出す声帯があるでしょう。空気が気管に入るための大切な部分だと思ってください。喉頭(こうとう)が炎症を起こすと上手に呼吸ができなくなる恐れがあります。辛抱できるほどの痛みなら様子を見てもいいでしょう。

しかし、つばがうまく飲みこめない、痛みがひどい、発熱が起きるようならすぐに受診してください。ウイルスや細菌に感染している可能性が高いです。放置すればするほど症状が悪化するため、早めの処置が大切になります。

1‐2.現れるさまざまな症状

喉頭炎(こうとうえん)の症状は人によってばらばらです。主に声がかれる、乾いた咳(せき)が出るなどの症状が目立ちます。風邪を引いてもいないのに咳(せき)が止まらない場合は、喉頭(こうとう)や咽頭(いんとう)に異常が出ている証拠です。さらに、喉の乾燥や異物があるように感じるなら喉頭炎(こうとうえん)の可能性が高いと言えるでしょう。

また、喉頭炎(こうとうえん)は急に起こるケースもあります。突然、喉に違和感がある、咳(せき)が止まらなくなるなど、急性喉頭炎(こうとうえん)になった人もいました。急性の場合、原因のほとんどはウイルス関連です。ウイルスがまん延しやすい時期は十分な対策が必要になるでしょう。

1‐3.鼻炎や扁桃炎と合併する可能性も

喉頭炎(こうとうえん)の怖いところは「合併症を引き起こしやすい点」です。喉は私たちが思っているよりもデリケートな部分になります。ウイルスが入ってきやすく、粘膜が炎症を起こしやすいのです。喉頭(こうとう)部分が炎症を起こすとウイルスに感染しやすくなります。同時にウイルスと戦うための免疫細胞の活動も弱くなるでしょう。

結果、鼻炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)、扁桃炎(へんとうえん)、咽頭炎(いんとうえん)といった病気と合併します。合併すると症状は深刻になるでしょう。ちなみに、鼻炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)と合併したときは頭痛や鼻汁が起こります。

そして、扁桃炎(へんとうえん)と咽頭炎(いんとうえん)に合併したときは喉の痛みが悪化する、発熱などが出てくるでしょう。