蓄膿症

蓄膿症の膿の出し方でおすすめの3つの方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

蓄膿症になると、鼻がつまり、呼吸もつらくなります。とはいえ、蓄膿症は、注意しなければ深刻な病気にもつながりかねない症状です。そのため、膿は早めに出して適切な処置をしなければなりません。それでは、蓄膿症の膿を出すにはどうすればよいのか、おすすめしたい3つの方法をご紹介します。

  1. 蓄膿症で覚えておきたい3つのこと
  2. 蓄膿症の膿の出し方
  3. 蓄膿症が悪化するNGな出し方

1.蓄膿症で覚えておきたい3つのこと

1-1.蓄膿症の症状と診断

蓄膿症は正式には「副鼻腔(ふくびくう)炎」と呼びます。鼻腔(びくう)は、ウイルスや細菌が鼻から入らないための大切なフィルターとしての役目があるのです。そのため、鼻腔(びくう)が細菌などにより炎症をおこすと、鼻腔(びくう)の中の粘膜がはれます。黄色や緑色の鼻水がでるなら、鼻腔(びくう)内で炎症がおきている証拠です。副鼻腔は、小さな穴で鼻腔とつながっています。

鼻腔に炎症がおこるのが鼻炎で、副鼻腔のなかに炎症がおこるのが副鼻腔炎です。慢性の副鼻腔炎のことを俗に蓄膿症ともいいます。初期の症状は、単なる長引いた鼻風邪やアレルギーの症状だと判断しがちです。自己診断で対処するのはおすすめできません。耳鼻咽喉科でしっかりと相談してください。

1-2.急性と慢性の違いを知っておこう

副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎に分けられ、それぞれ症状が異なります。まず、急性副鼻腔炎は、風邪などに伴っておこることが多く、鼻がつまり、色のついた粘り気のあるいわゆる「青っぱな」が出ます。顔の痛みや頭痛、発熱などがみられることもあります。これに対して、慢性副鼻腔炎では、通常、顔の痛みや熱はありません。鼻水は粘り気があり、濁っていますが、一般に急性副鼻腔炎ほど濃い色の鼻水ではありません。急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎ともに、後鼻漏がよくみられます。

慢性副鼻腔炎では、細菌の感染よりも鼻腔と副鼻腔との交通路が狭くなり、副鼻腔内の換気が悪くなっていることが主な原因とされています。

この慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)が蓄膿症であり、適切な処置をしなければ悪化します。

また、近年では細菌感染とは原因が異なり 白血球の一種である好酸球が鼻水に増えて起こる好酸球性副鼻腔炎も慢性副鼻腔炎の一種として注目されています。

1-3.自己判断は危険

急性副鼻腔(ふくびくう)炎と慢性副鼻腔(ふくびくう)炎の対処方法は異なります。ガイドラインでは発症してから数週から1ヶ月以内に症状が消失するものを急性副鼻腔炎といい、一方、明確な定義はありませんが3ヵ月以上副鼻腔炎の症状が続く場合を慢性副鼻腔炎(蓄膿症)といいます。

急性か慢性かによって治療方法や対処方法も異なるため、正確な判断は自分ではできません。自己判断での放置や処置をするのは危険です。必ず原因をはっきりするためにも、耳鼻咽喉科で相談しましょう。