マスクの効果

マスクの効果について知りたい! 風邪予防効果や美肌効果を高めるコツ

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

風邪をひいたとき、多くの人が「マスク」をつけるでしょう。また、風邪の予防や花粉症対策のためにも利用できます。しかし、実際のところマスクには効果があるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、マスクの風邪予防効果やその他のマスク効果、マスクの上手な使い方について詳しく説明します。マスクの使い方や風邪予防効果について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。風邪予防を徹底するためにもマスクの使い方が大きなポイントになります。

  1. マスクの風邪予防効果
  2. その他のマスク効果
  3. マスクの上手な使い方
  4. まとめ

1.マスクの風邪予防効果

風邪予防のためにマスクをつけている人は多いですが、本当にマスクには風邪予防効果があるのでしょうか。マスクの風邪予防効果の真実について詳しくチェックしていきたいと思います。

1‐1.100%ウイルスをカットできるわけではない

病院の待合室や電車・バスの中など、人がたくさん集まっている場所ほどさまざまなウイルスが空気中にただよっています。外部からやってくるウイルス・細菌の侵入を防ぐため、マスクをしている人は多いでしょう。しかし、実際のところ100%ウイルスを防ぐことはできません。ウイルスは非常に小さいため、市販のマスクでもくぐり抜けて体内に入る可能性があります。よって、マスクをすれば完ぺきに風邪予防できるとは言えないでしょう。

ただし、ある程度のウイルスはカットできます。最近では、質の高いマスクも出てきているので侵入経路が少なくなるのは間違いありません。マスクをする、しないのどちらかと言えば、したほうが風邪予防できます。

1‐2.鼻やのどの粘膜が暖かくなる

基本的に人間の体にはウイルス・細菌に対抗できる免疫能力を持っています。免疫能力が低下していると風邪をひきやすくなるのです。免疫能力が低下すれば、鼻やのどの粘膜まで乾燥してしまいます。鼻やのどの粘膜には免疫細胞が存在していますが、乾燥するとウイルスが侵入しやすくなるのです。

つまり、ウイルスの侵入を防ぐには鼻と粘膜の乾燥を防ぎ、温めることが大切になります。そこで、マスク効果が活躍するでしょう。マスクをすることで冷たい外気の侵入を防ぎます。そして、湿気がマスク内にたまることで鼻・のどの粘膜が潤うのです。常にマスクを装着するといいですが、さらに効果を高めるのなら就寝中がいいでしょう。就寝中にマスクをしたら風邪が治ったと言う人も結構いますよ。

1‐3.マスクの風邪予防効果を高めるポイント

気軽に持ち運びができ、粘膜の保温と保湿ができる「マスク」は風邪予防の必需品です。乾燥しやすいオフィス内や家の中でも装着するといいでしょう。さらに、マスクの風邪予防効果を高めるには「うがい」と「手洗い」を心がけてください。うがいと手洗いは風邪予防の基本です。

ウイルス・細菌がついた手でマスクを扱えば、マスク自体にウイルスがついてしまいます。ウイルスが繁殖する前にうがいと手洗いで取りのぞいておきたいものです。うがいはのどの粘膜に潤いを与えることができます。うがいをした後マスクをすれば、のどの潤いがたもてるでしょう。外から帰ってきたとき、食事をした後などは必ず手洗い、うがいを心がけてくださいね。