自分の利き耳はどうやって調べるのか? 調べ方や豆知識をご紹介


利き手という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、利き耳という言葉はなかなか聞き慣れない言葉ではないでしょうか。でも、実は手や足だけでなく、耳にも利き耳があるのです。そうなると、早速自分の利き耳がどっちなのか気になりますよね。そこで、この記事では自分の利き耳を調べる方法や、豆知識などをご紹介していきましょう。自分の利き耳に興味がある人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 自分の利き耳はどうやって調べるのか? 
  2. 利き耳と利き目がわかると利き脳がわかる
  3. 利き耳と反対の耳の違いは? 

1.自分の利き耳はどうやって調べるのか?

それではまず、自分の利き耳を調べるにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、誰でもできる利き耳の調べ方をご紹介します。

1-1.自分でできる利き耳の調べ方

結論から言うと、より言葉が聞き取りやすい方が自分の利き耳となります。でも、そう言われてもピンとこないですよね。そこで、電話するときのことを考えてみてください。あなたは、どちらの耳に受話器を当てていますか? おそらく、無意識の同じ耳に受話器を当てて電話をしている人が多いでしょう。その無意識に受話器を当てている方の耳こそ、利き耳なのです。ほかにも、耳を澄ましたときに意識を集中させる方がどちらの耳か、でも利き耳を判断することができます。

1-2.耳鼻科で調べてもらう方法も

自分で調べるのではなく、きちんと専門的に調べてもらいたい…という場合は、耳鼻科に行くことをおすすめします。耳鼻科に行けば、専門的な方法で自分の利き耳を調べてもらうことができるため、確実です。自分で調べただけでは不安…という人は、ぜひ耳鼻科で調べてみてください。

2.利き耳と利き目がわかると利き脳がわかる

少し話が脱線しますが、利き耳の他に利き目がわかると、自分の利き脳がどちらか判断することができると言われています。それでは、利き目の調べ方と、利き脳の調べ方について、詳しくお話していくことにしましょう。

2-1.利き目を調べる方法

スマホやゲーム、パソコンなどを長時間していたときに、片方の目だけ異様に疲れる…という経験をしたことはありませんか? これは、利き目の方にピントが合わされているために起こる現象です。つまり、異様に疲れる方の目が利き目ということになるのですが、もう少しわかりやすい調べ方をご紹介しましょう。
まず、片手の親指と人差し指をくっつけて、○を作ります。そのまま手を伸ばして、目から離しましょう。その状態で、手で作った○の中に収まる大きさのものを見てください。収まるものであればフィギュアや目覚まし時計、コップなど何でも構いません。その対象物が○の中に収まっていることを確認して、片方ずつ目を閉じてみましょう。このとき、対象物が○の中に収まった状態で見えている方の目が利き目ということになります。

2-2.利き耳と利き目で利き脳を調べよう

さて、利き耳と利き目がわかったら、利き脳を調べることができます。では、自分の利き脳についても調べてみましょう。利き耳と利き目、両方右だった場合は利き脳が左となります。反対に、利き耳と利き目が両方左だった場合は、利き脳が右となるようです。
利き脳が左の場合、論理的な考え方になる傾向があると言われています。そのため、客観的な表現を得意とし、数量や分析、観念的な思考に強くなるようです。反対に利き脳が右の場合、直感的思考になる傾向があると言われています。感覚的に物事をとらえるのを得意とするため、図やイラストなどで説明された方がわかりやすいという特徴があるようです。

3.利き耳と反対の耳の違いは? 

利き耳について知ったところで、「じゃあ利き耳じゃない方の耳と違いはあるの?」という疑問が生まれることでしょう。利き耳と反対の耳とでは、もちろん違いがあります。たとえば、左耳が利き耳の人の場合、受話器を右耳に当てて電話をすると違和感を覚えたりするようです。言葉そのものは理解できるものの、声がいつもより遠くで聞こえる気がしたり、何かがかぶさってるような聞こえ方になったりするという人が多いと言われています。ただし、人によっては両耳が利き耳の場合もあり、その場合はそのようなことは起こりにくいようです。

まとめ

利き耳の調べ方や豆知識についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? それでは、この記事でご紹介してきたことをもう一度おさらいしてみましょう。

  • 自分の利き耳はどうやって調べるのか? 
  • 利き耳と利き目がわかると利き脳がわかる
  • 利き耳と反対の耳の違いは? 

日常ではなかなか意識しない聞き耳ですが、こうして豆知識を知ると気になってくるものですね。利き耳や利き目を知っていることで、自分が普段から無意識に酷使しているのがどちらの耳や目かを知ることができます。そうすれば、より集中的に使っている方の耳や目を積極的にケアしていくことができるため、耳や目にかける負担も少なくすることができるでしょう。自分の利き耳・利き目を知って、積極的なケアをしていくことをおすすめします。


住所:大阪府大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700

年間400件の手術実績!
耳・鼻の日帰り手術、1泊2日手術にも対応。

当クリニックは全国的にも数少ないCTスキャナーを完備している耳鼻咽喉科クリニックです。日帰り手術・短期入院手術の実績も豊富です。

当クリニックの紹介
・耳の病気の解説と治療法
 ・急性中耳炎
 ・滲出性中耳炎
・鼻の病気の解説と治療法
 ・アレルギー性鼻炎
 ・副鼻腔炎
・その他病気の解説と治療法
 ・いびき・睡眠時無呼吸症候群