鼻呼吸が苦しい! 鼻をスッキリさせて呼吸しやすくする方法

鼻呼吸が苦しい! 鼻をスッキリさせて呼吸しやすくする方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

呼吸法には鼻呼吸と口呼吸があります。子供は80%以上が口呼吸ですが、大人になるにつれてだんだんと鼻呼吸へと切り替わっていきます。しかし、中には鼻呼吸ができないという方や、鼻呼吸をすると息苦しいという方もいます。それはいったいなぜでしょうか?

そこで今回は、口呼吸を鼻呼吸へかえるメリットや、鼻呼吸が苦しい場合の対処法をご紹介します。

  1. 鼻呼吸のメリットと口呼吸のデメリット
  2. 鼻呼吸ができない原因は?
  3. まずは耳鼻科を受診しよう
  4. 口呼吸から鼻呼吸へ切り替える方法

鼻呼吸がしづらいという方や、口呼吸から鼻呼吸へ切り替えたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

1.鼻呼吸のメリットと口呼吸のデメリット

鼻呼吸でも、口呼吸でも息を吸うことには変わりありません。ではなぜ口呼吸の人は鼻呼吸への切り替えをすすめられるのでしょうか?この項では、鼻呼吸のメリットと口呼吸のデメリットについてご説明していきます。

1-1.鼻は天然の空気清浄機

鼻腔の中には毛がたくさん生えています。この毛が空気中のゴミやウィルスを絡めとり、きれいな空気だけを肺に送り込む役目をしているのです。つまり、天然の空気清浄機ですね。

また、鼻は異物が入ると反射的に押し出す機能が備わっています。それが「くしゃみ」です。
しかし、口はもともと呼吸器官ではありません。ですから、鼻のように空気をろ過することも、異物を反射的に排出することもできずにすべて呼吸器へと送り込んでしまいます。

1-2.口が渇くと口臭の元になる?

口呼吸をしている方は、常に口の中に外気が入ってきます。そうなると唾液が蒸発して口の中が乾燥しやすくなるでしょう。実は唾液というのは口の中を清潔に保つ役割があります。それが蒸発してしまうということは、口の中に雑菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因になります。「いつも口の中が匂う」という人はもしかしたら口呼吸が原因かもしれません。

1-3.歯並びが悪くなる

子供の口呼吸はいつまでたっても治らないと、歯並びにも影響します。口呼吸をしていると常に口があきっぱなしになっているわけですから、口の周りの筋肉が発達しません。筋肉が発達しなければあごは細くなり永久歯が生える隙間がなくなるのです。

ですから、口呼吸の子供は遅くとも入園をする前に鼻呼吸に切り替えるように親が指導してあげるとよいでしょう。