喉の違和感・つかえ感の原因と不快感を解消する対処方法

喉の違和感・つかえ感の原因は? 不快感を解消する対処方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳鼻科を受診される方の中には喉の違和感を訴える人が少なくありません。症状は人それぞれですが、喉に違和感が続くとつらいですよね。

そこで、今回は喉の違和感の原因や対処法をご紹介しましょう。なかにはストレスが原因というものもあるのです。

「喉の違和感が気になる」という方や「他に症状がないのにずっと喉の違和感だけが続いている」という方はぜひ参考にしてくださいね。

  1. 喉の違和感による代表的な症状とは?
  2. 喉の違和感の原因とは?
  3. 喉の違和感の対処法は?
  4. 重大な病気が隠れている可能性もある

1.喉の違和感による代表的な症状とは?

では喉の違和感が原因で起こる症状にはどのようなものがあるのでしょうか? この項ではそれを紹介していきましょう。なかには「え、これも喉の違和感が原因だったの?」と思うものもあるかもしれません。

1-1.咳・痰

風邪などで気管支に異常が出た場合は喉の違和感とともに咳・痰がよくでます。また、喉の違和感を解消しようと空咳をしたりする場合もあるでしょう。さらに、粘り気のある痰が大量に出るとそれが喉に絡んで違和感の原因になるという場合もあります。

1-2.吐き気・痛み

喉に何かが詰まったような感じがすると、吐き気を覚えるという方も少なくありません。また咽頭炎などを発症していると痛みで声が出なかったり、唾液すらも飲み込めなくなるという場合もあります。どちらにしろ、日常生活にも支障が出てくることが多いので早めに耳鼻科を受診することが大切です。

1-3.圧迫感

まるで首を絞められているような圧迫感を覚えるのも喉の違和感の症状の一つです。これが続くと息がしずらくなったりものが食べにくくなったりとするという方もいます。また、違和感を消そうと空咳をしたり無理にげっぷを出そうとして喉や気管支を傷めてしまうこともあるのです。

このほかにも、ひりひりとした感じや何かがつかえている感じ、さらに水を飲んでも喉の渇きが治らないといった症状を覚える人もいます。