鼻づまりと頭痛がつらい・・・急性蓄膿症の症状と原因を解説

風邪の鼻づまりがなかなか良くならないなど、なかなか回復しない鼻づまりに困ったことはありませんか?
それは「急性蓄膿症(急性副鼻腔炎)」の恐れがあります。
急性蓄膿症になると、風邪の鼻づまりよりも症状が重くなり、長引く鼻づまりに悩まされることになります。
風邪を発端として急性蓄膿症になる可能性もあります。
蓄膿症はとてもつらい病気ですから、症状がひどくなる前に、一刻も早く回復させておきましょう。
ここでは、急性蓄膿症の症状や原因についてご紹介します。
長引く鼻づまりに悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

急性蓄膿症の原因

蓄膿症は、鼻の中の「鼻腔」というところが細菌やウイルスに感染し、炎症を起こして「副鼻腔」に膿がたまることで症状がおこります。
健康な状態であれば細菌もウイルスも鼻の粘膜によって感染を抑えられますが、風邪やインフルエンザによって鼻の粘膜が弱っている場合、感染を許してしまいます。
鼻が細菌に感染すると鼻腔内に炎症が起き、炎症が副鼻腔にまで広がり、急性蓄膿症となります。
風邪やインフルエンザウイルスのほか、喘息やアレルギー性鼻炎が原因で蓄膿症になることもあります。

急性蓄膿症の症状

急性蓄膿症では、以下のような症状を引き起こします。

  • 鼻水、鼻づまり
  • 頭痛、顔面痛
  • 口臭
  • 鼻の中の異臭
  • 嗅覚障害
  • 咳、痰

全ての症状があらわれるわけではありませんが、いくつかの症状が複数あらわれることがほとんどです。
また、アレルギー性鼻炎と違って鼻水はどろっとしており、風邪のようなくしゃみや、アレルギー性鼻炎のような目のかゆみなどはありません。
蓄膿症の症状で特に代表的なのは頭痛です。

  • 目の奥や、鼻と目の間が痛い
  • 頭を動かす、下を向くなどすると痛みがひどい
  • 鼻づまりと頭痛が同時に起きる

これらの症状が起きると急性蓄膿症である可能性があります。
通常の頭痛と違って顔面が痛む場合が多いのが特徴です。
早めに治療を開始すれば、頭痛も鼻づまりも比較的早く治療することができます。
そのまま放置しておくと慢性化し、副鼻腔の粘膜が腫れたり、膿がたまる症状が出て、治療期間が長くなります。
鼻づまりと頭痛が同時に起こったら、すぐに耳鼻咽喉科で診察してもらいましょう。

まとめ

急性蓄膿症の原因や症状をご紹介しました。
ただの風邪でしょ?と放置していると、蓄膿症になってつらい症状に陥ることもあります。
頭痛と鼻づまりが続くと集中力が低下しますし、大きなストレスになります。
少しでも症状に思い当たるところがあったら、早めに専門医を受診してくださいね。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
川村繁樹

免責事項
可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

住所:大阪府大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700

年間400件の手術実績!
耳・鼻の日帰り手術、1泊2日手術にも対応。

当クリニックは全国的にも数少ないCTスキャナーを完備している耳鼻咽喉科クリニックです。日帰り手術・短期入院手術の実績も豊富です。

当クリニックの紹介
・耳の病気の解説と治療法
 ・急性中耳炎
 ・滲出性中耳炎
・鼻の病気の解説と治療法
 ・アレルギー性鼻炎
 ・副鼻腔炎
・その他病気の解説と治療法
 ・いびき・睡眠時無呼吸症候群