「 副鼻腔炎 」一覧

鼻ポリープの症状

づまりがいつまでも治らない鼻の奥に違和感がある。その症状、もしかしたら鼻茸(鼻ポリープ)が原因かもしれません。

鼻茸は近年患者数が急増していて、軽症も含めると100万人以上ともいわれています。一度発症すると再発を繰り返すことが多い厄介な病気です。

この記事では、鼻茸の原因や症状・治療方法について分かりやすく解説します。

  1. 鼻茸とは?
  2. 鼻茸の症状の現れ方
  3. 鼻茸の原因
  4. 鼻茸の検査・診断方法
  5. 鼻茸の治療方法
  6. 鼻茸が疑われたら

続きを読む


「風邪は治ったはずなのに咳(せき)が止まらない」「痰(たん)がからんだ咳が治らない」という場合、その原因は副鼻腔炎である可能性があるでしょう。副鼻腔炎といえば「鼻の疾患」ですが、症状の一つに「長引く咳」があるのです。

なぜ副鼻腔炎で咳が出るのか、そのメカニズムや、咳が長引くときの対処法、病院での治療法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 副鼻腔炎と咳の関係
  2. 副鼻腔炎による咳の特徴は?
  3. 副鼻腔炎による咳の対処法
  4. 副鼻腔炎の咳はどう治療するのか?
  5. 副鼻腔炎の咳に関するよくある質問

この記事を読むことで、副鼻腔炎でなぜ咳が出るのか、咳が長引くときはどうすればよいのかが分かるはずです。ぜひ参考にして早めに対処してください。

続きを読む


近年、増加している「好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)」は、難治性の副鼻腔炎です。現代医学であらゆる治療を行っても治りにくい疾患で、難病指定されています。粘性の高い鼻水や嗅覚障害・喘息(ぜんそく)などの症状は、好酸球性副鼻腔炎の可能性があるのです。ただし、専門の医療施設で検査しなければ分かりません。また、治療が困難な病気でもあるため、長期間にわたっての治療が必要となります。悪化させないためには、早めに治療を始めることが大切でしょう。

本記事では、そんな好酸球性副鼻腔炎の診断基準・治療法など説明します。

  1. 好酸球性副鼻腔炎とは
  2. 好酸球性副鼻腔炎~セルフチェック法
  3. 好酸球性副鼻腔炎~診断基準について
  4. 好酸球性副鼻腔炎~治療法
  5. 好酸球性副鼻腔炎~手術について
  6. 好酸球性副鼻腔炎~耳鼻咽喉科の選び方
  7. 好酸球性副鼻腔炎に関してよくある質問

この記事を読むことで、好酸球性副鼻腔炎の治療に必要な知識を身につけることができます。気になっている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


鼻前庭とは鼻の穴の入り口部分です。鼻毛が生えている辺りといえば分かりやすいでしょう。鼻前庭湿疹とはそこが何らかの原因によって湿疹が症状です。ひどくなると鼻の下まで湿疹ができてしまうことがあります。決して珍しい病気ではありませんが、適切な治療を行わないと不快な症状が長びくこともあるでしょう。

そこで、今回は鼻前庭湿疹の症状や原因・治療法などをご紹介します。

  1. 鼻前庭湿疹の基礎知識
  2. 鼻前庭湿疹の治療方法
  3. 鼻前庭湿疹の治療方法
  4. 鼻前庭湿疹に関するよくある質問

この記事を読めば、鼻前庭湿疹の対処方法だけでなく予防方法も分かります。鼻前庭湿疹に悩まされているという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


副鼻腔とは、鼻の周辺にある空洞のことです。ここに鼻水に含まれる雑菌が入りこみ炎症を起こすと、副鼻腔炎という病気になります。副鼻腔炎は決して珍しい病気ではありません。黄色がかった粘度の高い鼻水が大量に出るのが特徴で、性別にかかわらずすべての年代に発症します。しかし、カビ菌が原因で炎症が発生する副鼻腔真菌症になると、最悪の場合は骨が溶けたり破壊されたりするのです。

今回は、副鼻腔真菌症の症状や原因・治療方法などをご紹介しましょう。

  1. 副鼻腔真菌症の基礎知識
  2. 副鼻腔真菌症の治療方法
  3. 副鼻腔真菌症に関するよくある質問

この記事を読めば、副鼻腔真菌症の怖さや症状が分かりますので、早めに対処もできます。副鼻腔炎にかかったことのある方や良く鼻がつまる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


鼻水がたくさん出ると、風邪かなと思う方は多いでしょう。しかし、鼻水が出る原因は風邪だけではありません。「たかが風邪」と放置していると厄介なことになるケースもあります。鼻水が出る原因は、鼻水の色によってある程度分かるのです。色の付いた鼻水というと緑色や黄色のどろりとしたものをイメージする方もいますが、色のある鼻水はそれだけではありません。

そこで今回は、色の付いた鼻水が出る原因と対処法を紹介しましょう。

  1. 鼻水に色が付くのはなぜ?
  2. 鼻水の色で推測できる原因
  3. 鼻水が原因で発症する病気
  4. こんな場合は病院へ
  5. 鼻水の色に関するよくある質問
  6. まとめ

原因が分かれば、いざという時にもすぐに対処することができます。最近鼻水がよく出るという方や、色付きの鼻水が出る原因を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


鼻茸とは、鼻ポリープとも呼ばれる鼻腔内に生ずる良性の腫瘍です。粘膜が変形してできるものであり、ぶよぶよとしていて形がきのこに似ています。鼻の奥の方にできるために、ごく小さいうちは鼻の中を覗いても見えません。大きくなってくると鼻から出てくることもあり、取り除くには手術が必要です。鼻茸はひどい鼻づまりの原因となり、嗅覚障害を引き起こす可能性もあります。

そこで、今回は鼻茸の原因や治療方法をご紹介しましょう。

  1. 鼻茸とは?
  2. 鼻茸ができているかどうかのセルフチェック
  3. 鼻茸の治療方法
  4. 鼻茸を予防するためにできること
  5. 鼻茸で悩んでいる方のよくある質問

鼻茸がどういうものかという知識があれば、鼻茸を予防することもできます。鼻がつまりやすいという方や鼻茸がどのようなものか知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


耳が詰まった感じがして耳が聞こえにくい。耳の不快感や違和感を覚えている。こんな症状に悩まされている方はいませんか? 耳が詰まった感じは、多くの方が一度は悩んだことがある耳の不調です。医学用語では「耳閉感」といい、一時的なことですぐに治る場合もあれば重篤な病気の症状であるケースもあります。

そこで今回は、耳の詰まった感じや耳が聞こえにくい原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 耳が詰まった感じがするメカニズム
  2. 耳が詰まった場合のセルフチェック
  3. 耳が詰まった感じがする症状の治療方法
  4. 耳の詰まった感じに関するよくある質問

「耳が詰まった感じがする」という症状が出る病気についての知識があれば、すぐに耳鼻咽喉科を受診して早めに治療を始めることができます。耳が詰まった感じがするという方や、耳が聞こえにくいという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


鼻づまりが起こると頭痛も一緒に起こる…と悩んでいる方はいませんか? 鼻づまりと頭痛、片方だけでもつらいのに、同時に起こってしまうと日常生活に支障が出ることもあるでしょう。また、鼻づまりが慢性化している人の中には、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などの病気を発症している人も少なくありません。

そこで今回は、鼻づまりが頭痛を引き起こす原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻づまりと頭痛の関係
  2. 頭痛が起こりやすい鼻づまりの原因は?
  3. 鼻づまりからくる頭痛を解消する方法
  4. 鼻づまりの治療方法
  5. 鼻づまりと頭痛に関するよくある質問

対処法が分かれば、つらい症状を少しずつでも緩和していくことができます。鼻づまりと頭痛が同時に起きて悩んでいるという方や、慢性副鼻腔炎を患っていて頭痛がよく起こるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


鼻の奥がツーンと痛い、鼻の中に違和感がある・・・。このような症状にお悩みではありませんか? 頻繁に痛みを感じる場合、何か病気が原因で起こっている可能性があります。大丈夫だと思って放置しておくと、他の症状が出てくることもあるのです。

そこで今回は、鼻の奥が痛くなる原因や対処法を紹介しましょう。

  1. 鼻の奥が痛くなる原因は?
  2. 鼻の奥の痛みを解消する方法
  3. 病院へ行くべき症状は?
  4. 鼻の奥の痛みに関するよくある質問

自分でできる鼻の痛み解消法も紹介しています。鼻の奥が頻繁に痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む