耳だれが出る原因を知りたい!

耳だれが出る原因を知りたい! どんな病気の症状が考えられる?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

耳だれとは、耳から出る液体の総称です。これが出ていると外耳や鼓膜の内側(内耳)が炎症を起こしている可能性があります。耳だれが出ても、痛みがなければ放っておくという人もいるでしょう。しかし、その結果症状が悪化し、激しい痛みや聴力の低下などが起きる可能性があります。

そこで今回は、耳だれが出る原因や治療方法などを紹介しましょう。

  1. 耳だれが出る原因は?
  2. 耳だれが症状として現れる病気の特徴
  3. 耳だれの対処方法や治療方法
  4. 耳だれに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、耳だれが出たときの対処方法もよく分かります。最近耳の調子が悪い、耳が痛いという人はぜひ読んでみてくださいね。

1.耳だれが出る原因は?

はじめに、耳だれが出る原因や耳だれの性質について解説します。どのようなとき、耳だれが出るのでしょうか?

1-1.湿疹やかぶれ

耳の皮膚は柔らかく、耳の穴から鼓膜までの外耳には、皮脂腺や汗腺が豊富に走っています。少し強く皮膚をこすったりかいたりしただけで湿疹やかぶれができることも、珍しくありません。耳の外側に湿疹ができた場合も、それが外耳にまで広がって皮脂や汗が過剰に分泌され、耳だれが出ることもあります。特に、耳かきのしすぎで外耳が傷つくと、水のような耳だれが出ることもあるでしょう。

1-2.病気

外耳や内耳が炎症を起こすと、症状の1つとして耳だれが出ることもあります。耳だれが症状として出る病気は、以下のようなものが体表的です。

  • 中耳炎:ねっとりとした粘性の耳だれか、膿(うみ)のような耳だれが出る
  • 外耳炎:水のような耳だれか、細菌感染した場合は粘性の耳だれが出る
  • 悪性腫瘍:膿のような耳だれか、血が混じった耳だれが出る

1-3.耳あかが柔らかい

耳あかが柔らかくねっとりとしていると、耳だれのように見えることがあります。特に、赤ちゃんや子どもで湿った耳あかの場合、大人よりも水分が多く、耳だれのようになることもあるでしょう。この場合は、特に心配いりません。

1-4.外傷

内耳や外耳が傷つくと、血が出た後に、水のような耳だれが出ることもあります。また、ケガによっては髄液が内耳を伝って外耳から出てくることもあるでしょう。髄液は水っぽくてサラサラしています。ただし、一目見て髄液かどうかは分かりにくいので、水っぽい耳だれが出続ける場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

2.耳だれが症状として現れる病気の特徴

この項では、耳だれが症状として現れる病気の特徴を紹介します。

2-1.外耳炎

外耳炎は、耳の入り口から鼓膜までの部位が炎症を起こすことです。前述したように、耳かきのしすぎや耳のいじりすぎで皮膚が傷つき、そこから細菌感染を起こして発症するケースが多いでしょう。耳だれのほか、激しいかゆみや痛みが出ることもあります。

2-2.中耳炎

中耳炎は、鼓膜の内側の中耳と呼ばれる部分が炎症を起こす病気です。中耳は鼓膜で塞がっていますが、鼻から耳管を通して細菌が入ることにより、発症します。風邪をひいた場合、鼻水が耳管を通して中耳に移行し、そこに含まれている細菌が炎症を起こすこともあるでしょう。子どもに多い病気ですが、大人でも発症することがあります。炎症がひどくなると痛みが強くなり、鼓膜が破れて耳だれが一気に出ることもあるでしょう。

2-3.悪性腫瘍など

内耳に悪性腫瘍ができると内耳の組織が破壊され、血混じりの耳だれが出ることがあります。耳だれに血が混じっていた場合は、すぐに耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

3.耳だれの対処方法や治療方法

この項では、耳だれの対処方法や治療方法をご紹介しましょう。ぜひ、参考にしてください。

3-1.家で行える応急処置

耳だれが出るということは、外耳や中耳が炎症を起こしているということです。放っておかず、できるだけ早く耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。激しい痛みと共に、耳から耳だれがあふれてきた場合は、鼓膜が破けて中耳にたまっていた浸出液が出てきた可能性があります。この場合は、あふれた耳だれは拭いてください。外耳の中までいじってはいけません。夜半このような状態になった場合は、耳だれを拭いた後で保冷材などで耳を冷やしましょう。痛みが和らぎます。

3-2.耳だれが出た場合の治療方法

耳鼻科や耳鼻咽喉科では、外耳・中耳の様子を診て、診断します。中耳炎・外耳炎の場合は投薬治療が一般的です。外耳炎の場合は、炎症を抑える薬を塗布することもあるでしょう。それでしばらく様子を見ます。必要ならばかゆみ止め・痛み止めが処方されるでしょう。外耳炎や中耳炎の場合、治るまで1~2週間程度です。

3-3.注意点

耳だれが出ると、かゆみや痛みが出て、耳の中がムズムズすることもあります。しかし、爪などで外耳をひっかいてしまうと、炎症が治まりません。外耳炎や中耳炎になった場合は、医師の許可が出るまで耳掃除は中止です。また、医師から許可が出るまで通院を続けましょう。

4.耳だれに関するよくある質問

Q.耳だれだけで、どのような病気か診断できますか?
A.耳のどこから出ているかでおおよその見当はつきますが、病院できちんと診察してもらいましょう。

Q.耳だれが出ると耳が聞こえにくくなることはありますか?
A.はい。音が聞こえにくくなったりくぐもって聞こえたりすることもあるでしょう。

Q.中耳炎や外耳炎は痛みが出ますか?
A.はい。特に中耳炎は中耳に浸出液がたまっていくにつれ、激しい痛みが出ることもあるでしょう。

Q.外耳の中にある耳だれを拭きとる必要はありますか?
A.耳の中を無理に拭きとろうとすると、かえって耳の内部を傷つけてしまうかもしれません。病院で拭いてもらいましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は耳だれが出る原因や対処方法をご紹介しました。耳だれが出ているということは、耳の内部で炎症が起こっている可能性が高く、放置してしまうと、炎症が悪化して聴力の低下などが起こる可能性もあるでしょう。たとえ痛みがなくても、耳だれが出た場合は、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診してください。また、風邪から中耳炎へ移行することも多いので、風邪をひいたら鼻をすすり上げたりせず、きちんと鼻をかむようにしましょう。子どもが鼻風邪をひいたら、早めに耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診し治療を受けると、中耳炎にかかりにくくなります。大人でも抵抗力が落ちている場合は中耳炎になることも多いので、鼻をすすり上げないようにしましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績