止まらない咳の原因は後鼻漏? 正しい対処法を詳しく解説!

止まらない咳の原因は後鼻漏? 正しい対処法を詳しく解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

後鼻漏は、鼻水が喉の奥に流れ落ちてしまうことが特徴です。後鼻漏の人は、咳が止まらなくて困った経験があるのではないでしょうか。咳が止まらない状態では、自分が苦しいだけでなく、周囲の人に迷惑をかけないか心配ですよね。しかし、どんな方法で止めたらいいのかよく分からないことでしょう。きちんと原因を知って、正しく対処したいものです。そこで、今回は、後鼻漏による咳について、原因と対処法を詳しく解説します。

  1. 後鼻漏による咳について
  2. 後鼻漏の原因と咳がでるメカニズム
  3. 後鼻漏による咳の対処法と注意点
  4. 後鼻漏による咳に関するよくある質問

この記事を読むことで、後鼻漏による咳の対処法が詳しく分かり、役に立ちます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.後鼻漏による咳について

最初に、後鼻漏による咳の特徴とセルフチェックを解説します。

1-1.後鼻漏による咳の特徴は?

後鼻漏による咳には、以下のような特徴があります。

  • 突然咳き込む
  • 朝起きたときに咳き込む
  • 吐き気を伴う
  • 咳が出る期間が長い

1-2.後鼻漏の咳に関するセルフチェック

後鼻漏による咳を疑うときは、以下のセルフチェックを試してみてください。項目が多く当てはまるほど、可能性が高くなります。

  • 鼻詰まりがひどい
  • 喉に鼻水が流れる感触がある
  • 喉がつかえる感じがする
  • 痰が多い

2.後鼻漏の原因と咳が出るメカニズム

後鼻漏になるとなぜ咳が出るのか、原因やメカニズムを学びましょう。

2-1.後鼻漏になる原因

後鼻漏の原因には、主に以下のようなものがあります。

  • アレルギー性鼻炎
  • 慢性鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 鼻の腫瘍
  • 自律神経失調症

通常、鼻水の多くは、鼻の穴に流れていきます。しかし、鼻水の多くが喉の奥に流れてしまうのです。後鼻漏の人の鼻水は、粘度が高くて量が多いため、喉が刺激を受けやすく、生体反射として咳が出ます。健康な人でも鼻水は出ており、3割程度は喉の奥に流れるものの、粘度が低いので問題になりにくいのです。

2-2.後鼻漏で咳が出るメカニズム

前述のように、後鼻漏になると鼻水が喉に落ちやすくなります。咳が出るメカニズムについては、以下を参考にしてください。

  1. 鼻水が喉に落ちる
  2. 鼻水が痰のように絡んで咳を誘発する
  3. 鼻水が多すぎて喉をふさいでしまう
  4. 喉がつかえる・イガイガするなどの違和感が出る
  5. 喉の違和感を解消しようとして咳が出る

3.後鼻漏による咳の対処法と注意点

後鼻漏による咳の対処法や注意点について、詳しく解説します。

3-1.無理に咳を止めないことが大切

後鼻漏による咳が出ているときは、無理に止めないようにしましょう。無理に止めようとすると、喉に必要以上の負荷がかかります。すると、炎症がひどくなることがあるからです。咳が出ているときは、自然に任せるのが一番でしょう。周囲の人への気配りとして、マスクを着用すれば安心です。

3-2.後鼻漏による咳の対処方法

後鼻漏による咳の対処方法を解説します。

3-2-1.鼻うがいを試してみる

鼻うがいをすると、咳が改善することがあります。やり方は、以下をご覧ください。

  1. 水1Lを沸騰させ、ぬるま湯(人肌程度)に冷ます
  2. ぬるま湯1Lに9gの食塩を溶かし、0.9%の食塩水を作る
  3. 息をすべてはいてから、一方の鼻の穴を指で押さえる
  4. 押さえていないほうの鼻の穴に食塩水を10~15cc流し込む(鼻うがい器を使用すると便利)
  5. 顔を下に向けてゆっくりと流し出す
  6. 両方の鼻の穴で3~5回程度繰り返す
  7. 最後に鼻を軽くかんで食塩水を出しきり、ティッシュなどで水分をふき取って完了

鼻うがいのメリットとデメリットについては、以下を参考にしてください。

  • メリット:鼻の中を清潔にできる・鼻の粘膜を強化できる
  • デメリット:中耳炎を起こすリスクがある・間違った方法では炎症がひどくなる

3-2-2.後鼻漏を治療する

後鼻漏が原因であれば、根本的に治療する必要があります。後鼻漏が改善できれば、咳に悩むこともなくなるでしょう。信頼できる耳鼻科に相談し、治療を受けましょう。なお、具体的な治療法については、こちらを参考にしてください。なお、当川村耳鼻咽喉科クリニックでは、後鼻漏の治療で豊富な実績があります。まずは、お気軽にご相談ください。

3-3.対処法を行うときの注意点

効果的な対処法でも、やり方を間違っていたり、やりすぎたりすると逆効果になります。鼻うがいがうまくできない人は、耳鼻科で指導を受けるといいでしょう。後鼻漏の治療に関しては、技術力の高い耳鼻科で治療を受けることが大切です。治療方法の説明をきちんとしてくれる・分かりやすい料金システムなど、評判のいい耳鼻科を選び、安心して治療を受けましょう。

4.後鼻漏による咳に関するよくある質問

最後に、後鼻漏による咳に関するよくる質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.後鼻漏の咳と風邪の咳の違いは?
A.後鼻漏の咳は、喉に流れ落ちる鼻水による刺激が原因です。発熱を伴うことは、ほとんどありません。また、長期間咳が出るのも特徴です。一方、風邪の咳は発熱を伴いやすくなります。しかし、風邪の治りとともに改善するため、短期間で治ることが多いでしょう。

Q.後鼻漏で咳が出ることのデメリットは?
A.不眠になりやすい点です。体を横にすると、喉の奥に鼻水がたまりやすくなります。すると、咳が止まりづらくなるのです。体を横にすると咳が出てしまうため、なかなか寝つくことができません。慢性的な睡眠不足になりやすいので、十分に注意してください。

Q.子どもで後鼻漏の咳が出る可能性は?
A.子どもでも可能性はあります。常に、つばを飲み込んでいたり鼻をすすっていたりする場合で、咳き込むことが多いのなら後鼻漏を疑いましょう。まずは、耳鼻科を受診し、検査を受けてください。

Q.後鼻漏の治療は保険適用ですか?
A.後鼻漏は、鼻の病気が原因のことが多いので保険適用できます。手術を受ける場合も同様ですから、安心して治療を受けてください。なお、初診時に健康保険証の提示を求められるため、忘れずに持参しましょう。

Q.高齢者の後鼻漏の注意点は?
A.高齢者は嚥下機能が低下しているため、うまく痰を飲み込んだり出すことができなかったりします。すると、咳き込んだときに痰が気道に入り肺炎を起こすことがあるので注意してください。後鼻漏の疑いがあるときは、早めに受診して治療を開始するとともに、こまめに痰の排出を促しましょう。

まとめ

今回は、後鼻漏による咳について詳しく解説しました。長引く咳の原因は、後鼻漏かもしれません。しかし、原因をしっかり理解し、正しく対処しましょう。まずは、後鼻漏の治療をきちんと行ってください。なお、後鼻漏の治療は、実績が豊富で腕がいいと評判の耳鼻科で行うことをおすすめします。咳を止めるためには、後鼻漏の原因を突き止め、症状の元となっている病気の治療を進めることが肝心です。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績