咳に効く食べ物

つらい咳を止めたい!咳に効く食べ物 4選

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

いつまでたっても止まらないつらい咳。なんとかしたいですよね。つらい咳が続くと仕事や勉強に集中するのも難しくなります。夜眠ることもできないかもしれません。そんなつらい咳を止めるために咳止めを頻繁に服用している人もいるでしょう。

そんなつらい咳。それを止めるために役立つ食べ物があるのです。ご存知ですか? それらの食材を毎日の食事に加えるなら、あなたのつらい咳を和らげる助けになることでしょう。咳に効く食べ物。どんな物があるのでしょうか?

そこで本日は、簡単に手に入れることができて咳に効く食べ物を4つご紹介します。なかなか止まらない咳にお悩みの方は是非参考にしてみてください。

咳に効く食べ物その1:ネギ

日本人はいろいろな場面でネギを食べますよね。焼いたネギをそのまま食べることもあれば、ラーメンやうどんの薬味に使ったり、鍋の具材にしたりします。日本人の食生活に深い関わりがあり、しかも簡単に手に入れることが出来るネギ。実は咳止めとしても効果的なのです。ネギの青い部分にはたくさん栄養が含まれており、白い部分には薬効があります。

なかなか咳が止まらない時にはネギを使った料理を作って見てはいかがですか? ネギの白い部分を焼き、縦に切込を入れて開いた後ガーゼで包み、喉に貼り付ける「ネギ湿布」も咳を和らげるために効果的ですよ。

咳に効く食べ物その2:ショウガ

ショウガも簡単に手に入れることが出来る咳に効く食べ物です。咳がなかなか止まらない時に活用してみましょう。とはいえ、ショウガだけバリバリ食べるのは抵抗がある人も多いですよね。そんな方には「ショウガ湯」がおすすめです。

すりおろしたショウガに熱湯・はちみつ・レモンを入れて作るショウガ湯は、飲みやすいですし咳止めとして効果的です。熱湯の代わりに紅茶を使ってジンジャーティーしても美味しいですよ。

咳に効く食べ物その3:大根

大根も簡単に手に入れることが出来る食材ですよね。大根は肺の熱を取る働きがあるため、風邪による咳や痰を抑えるのにとても役立つのです。なかなか咳が止まらない時には、大根おろしを使った料理を作ってみてはいかがですか? 先ほどの「ショウガ湯」にプラスして大根おろしを加えるのもおすすめです。つらい咳を和らげることができるでしょう。

咳に効く食べ物その4:レンコン

レンコンも咳止めに効果的な食べ物です。なかなか咳が止まらない時にはレンコンにすりおろし汁を飲む・干したレンコンを煎じて飲むといった方法が効果的ですよ。レンコンもスーパーで簡単に手に入れることが出来る食材なので、咳が止まらない時には是非食べてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? この記事ではなかなか止まらないつらい咳に効く食べ物を4つご紹介しました。

  • ネギ
  • ショウガ
  • 大根
  • レンコン

これらの食材がなかなか止まらない咳を和らげるために役立ちます。どれも簡単に手に入れることができる食材ばかりなので、咳が止まらない時には食べてみてくださいね。ただし、あまりにも酷い場合は呼吸器の病気も考えられます。ただの咳ではないと感じた場合は無理をしないで病院に診てもらうようにしましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績