蓄膿症

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善方法は? 原因・治療法などを徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

蓄膿症(ちくのうしょう)とは、慢性の副鼻腔炎(ふくびくうえん)のことです。炎症によって鼻の奥や副鼻腔に膿(うみ)がたまり、息がつまったり、嫌な臭いがしたりなど、不快な症状が起こります。蓄膿症を改善するためには、原因や改善方法をきちんと把握することが大切です。

そこで本記事では、蓄膿症の基礎知識・発症の流れ・改善方法・治療方法などについて説明します。

  1. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の基礎知識
  2. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)発症の流れ
  3. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善方法
  4. 病院での慢性副鼻腔炎(蓄膿症)治療
  5. 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に関するよくある質問

この記事を読むことで、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を改善するために必要な基礎知識を深めることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてくださいね。

1.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の基礎知識

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善方法について知る前に、まずはどんな病気か把握しておかなければなりません。ここでは、メカニズム・主な症状・原因・なりやすい人・患者数・ほかの鼻炎との違いについて説明します。

1-1.どんな病気か

副鼻腔(ふくびくう)粘膜が炎症を起こし、膿汁(のうじゅう)が腔内にたまる病気です。副鼻腔とは、鼻の穴のまわりにある、顔の骨に囲まれた空洞のことを指しています。とても小さな穴で、鼻腔とつながっている部分です。鼻の粘膜がウイルス・細菌に感染すると、この穴がつまり、副鼻腔に膿(うみ)がたまります。急性副鼻腔炎が完治せずに慢性化した状態が慢性副鼻腔炎です。慢性副鼻腔炎を蓄膿症と呼びます。

1-2.メカニズム

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が起こるきっかけは、副鼻腔炎です。鼻の周囲にある副鼻腔という空洞部分が炎症を起こし、膿がたまります。炎症を放置すると膿がさらにたまり、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に発展するのです。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を未然に防ぐためには、炎症が起きた時点ですぐに処置しなければなりません。

1-3.主な症状

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の主な症状は、鼻汁(びじゅう)・鼻づまり・頭重感(ずじゅうかん)です。すぐに鼻がつまり、呼吸しにくくなるでしょう。同時に、鼻汁が止まらず、頭が重く感じることもあります。また、炎症によって鼻がむくんだり、鼻声になったり、声がうまく出せなくなることもあるでしょう。炎症がひどい場合は、痛みの症状が目の奥・奥歯に現れることもあります。

1-4.主な原因

蓄膿症の原因として、1番に考えられているのが風邪などのウイルス・細菌感染です。副鼻腔がウイルス・細菌に感染して炎症が起きます。最も多いのはウイルス・細菌感染ですが、ハウスダスト・花粉によるアレルギーや、喘息(ぜんそく)がきっかけとなって蓄膿症へ発展することもあるのです。

1-5.どんな人がなりやすいのか・患者数

免疫力が低下している人・アレルギー性鼻炎を持っている人・鼻の骨が曲がっている人などが、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を起こしやすいといわれています。免疫力が低下していると、ウイルス・細菌が体内に侵入しやすくなるため、炎症が起きやすくなるのです。

また、アレルギー性鼻炎を持っている人は、鼻水が止まらなくなるでしょう。その鼻水が副鼻腔にたまってしまい、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)へと悪化します。風邪とは異なり、気づかないうちにたまることが多く慢性化しやすいので注意が必要です。

さらに、事故や成長の過程などで鼻の骨が曲がってしまっていることがあります。鼻の真ん中にある軟骨(なんこつ)が曲がっている場合、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になりやすいので注意しなければなりません。

1-6.ほかの鼻炎との違い

鼻炎は鼻の中の粘膜で起こる過敏な反応のことで、蓄膿症とはまったく異なります。鼻炎の反応が花粉であれば花粉症と呼ばれ、透明の鼻水が止まらなくなるでしょう。一方、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)はアレルギー反応ではありません。ウイルス・細菌の感染によって起こる炎症なので、鼻水は透明ではなく色がつきます。

2.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)発症の流れ

では、どのような流れで慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に進展するのでしょうか。

2-1.初期症状から慢性副鼻腔炎(蓄膿症)へ

初めのうちは、細菌によって鼻の粘膜に炎症が起こります。鼻水が止まらない・鼻づまりなどの鼻炎に似た症状が出てくるでしょう。状態が進行するたびに、鼻水に血が混じったり、ネバネバとしたり、黄色や緑色の鼻水が出てきたりします。これらは、鼻水の中にウイルス・細菌が混じっている証拠です。続いて、鼻の中から変なにおいがする・鼻の奥に痛みがあるなどの症状が出てきます。

2-2.伴う症状

蓄膿症は、風邪の症状と似ているところがあるため、早期発見が困難だといわれています。しかし、風邪とは異なる「痛み」が伴うこともあるのです。特に、鼻の両側に当たる上顎洞(じょうがくどう)に炎症が起きるタイプは、虫歯が原因の場合があります。虫歯菌が上顎洞にまでやってきて、副鼻腔の炎症が起きるのです。その場合は、歯に痛みが出てくるでしょう。

2-3.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の怖い点

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化すると、入院・手術が必要になることがあります。たとえば、鼻汁が流れこむことによって、慢性の咽頭炎(いんとうえん)・胃腸障害・気管支炎まで発展したケースもありました。副鼻腔は、目・耳・脳など重要な器官とつながっているため、合併症を起こす可能性もあります。よくある合併症としては、急性中耳炎鼻ポリープ気管支炎などです。

2-4.子どもの蓄膿症

子どもは大人よりも早期発見が困難とされています。なぜなら、大人よりも副鼻腔が未発達で小さいからです。ちょっと風邪を引いただけでもウイルス・細菌に感染し、炎症を起こして慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になります。ただし、子どもの場合は、副鼻腔炎で治るケースが多いのです。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になるまで慢性化していなければ、治りやすい特徴があります。

3.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善方法

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善方法は、自分でできる内容もあります。それでは、自分でできる方法と市販薬・してはいけないことについてチェックしていきましょう。

3-1.自分でできる方法

初期症状の段階であれば、自分で蓄膿症改善に努めることができます。それでは、具体的な方法をいくつか紹介しましょう。

3-1-1.膿を出す

鼻の中にある膿を出すために、鼻づまりが少ないほうの鼻からゆっくりかんでください。鼻の通っているほうだけゆっくりと息を出していけば、つまっている膿が出てきやすくなるでしょう。もし、両方つまっているのなら、お風呂あがりにかんでみてください。体がちょうどよく温まっているため、鼻が通りやすくなります。

3-1-2.鼻うがい

鼻うがいは、鼻から生理食塩水を注入して、中に入っているホコリ・ウイルス・膿などの汚れを取りのぞく方法です。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の予防や症状の緩和につながりますが、やりすぎるのは逆効果となります。やりすぎると鼻の粘膜に傷がつくおそれがあるため、1日1回程度にしてください。正しい鼻うがいの方法は、以下の通りです。

  1. 片方の鼻の穴を指で押さえて食塩水を吸いこむ
  2. 前かがみの姿勢で鼻から食塩水を出す
  3. 片方につき2~3回くり返す
  4. 最後に、軽く鼻をかむ

3-1-3.空気をキレイにする

空気中には、ハウスダスト・花粉など副鼻腔炎のきっかけとなるアレルゲン物質がただよっています。できるだけ、アレルゲン物質を体内に取りこまないことが大切なので、空気をキレイにしましょう。たとえば、空気清浄機は、空気中にあるアレルゲン物質を吸いこみ、室内の空気をキレイにしてくれます。また、定期的な掃除も心がけることが大切です。

3-2.してはいけないこと

鼻づまりがひどくなるほど、鼻を強くかみすぎてしまう傾向があります。鼻水を無理やり出そうとして鼻を強くかむと、副鼻腔の粘膜が傷ついてしまうでしょう。過剰な刺激によって、中耳炎につながる危険性も高まります。無理に出そうとはしないでくださいね。

4.病院での慢性副鼻腔炎(蓄膿症)治療

自分でできることと同時に、病院で専門的な治療を受けることが大切です。診断・治療法、薬、手術、子どもの場合について説明します。

4-1.診断方法

一般的な診断方法は、レントゲン撮影です。レントゲンによって、副鼻腔の状態を細かく確認できます。副鼻腔に膿がたまっている場合は、その部分が白く写るのが特徴です。ただし、レントゲン撮影では明らかな副鼻腔炎や大まかなことは分かりますが、深部の副鼻腔炎や小さな病変、歯との関係や、腫瘍の可能性はほとんど分かりません。したがって最近はより確実な診断のために初診からCT撮影を行う場合が少なくありません。さらに、副鼻腔の狭い部分でも見ることができる内視鏡での検査も行われています。

4-2.主な治療方法

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の主な治療方法は、投薬治療です。副鼻腔の中にあるウイルス・細菌をやっつけ、副鼻腔の炎症を抑える効果が期待できるでしょう。また、鼻汁の切れをよくして排出を促すなどの作用もあります。状態が悪化している場合は、手術が必要になることもあるでしょう。

4-3.薬について

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)で使われる薬は、抗生物質・ステロイド薬です。抗生物質は、副鼻腔で増殖しているウイルス・細菌をやっつける効果があります。ただし、副作用が強いデメリットがあるため、医師の指示に従いながら投与していかなければなりません。

慢性副鼻腔炎で使われる抗生剤はマクロライドという種類を常用量の半分で数ヶ月の長期に投与するのが効果的と言われています。

ステロイド薬は、副鼻腔の炎症が強い場合、一時的に使用することがあります。また、鼻の奥の痛みがひどい場合は、痛み止め・解熱鎮痛剤が用いられることもあるでしょう。

4-4.手術について

症状が重い場合は、手術が必要になることがあります。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の手術は、鼻の中にある膿を取りのぞく方法です。副鼻腔内に膿が流れこんでしまえば、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の原因となるので広げていかなければなりません。

手術の詳細に関しては、耳鼻咽喉科へ相談すると良いでしょう。川村耳鼻咽喉科クリニックでは、内視鏡を使用した「内視鏡下副鼻腔手術」を実施しています。内視鏡と小さな手術器具を鼻の中に入れて、モニター観察をしながら取りのぞく内容です。傷口を最小限に抑えることができるため、日帰り手術も可能となります。

4-5.子どもの場合

子どもの場合は、症状に合わせた抗生物質の量を投与する治療となります。大人よりも副鼻腔が狭く、抵抗力も小さいため、できるだけ刺激の少ない薬を投与しなければなりません。排膿を促す目的の薬を併用したり、少量の薬を長期的に投与したりするなど、工夫します。

5.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に関するよくある質問

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に関するよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.日常生活で気をつけたいことは?
A.ウイルス・細菌の侵入を防ぐことが大切です。風邪をきっかけに慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を起こすケースがほとんどなので、手洗いとうがいを徹底してください。特に、子どもの場合は大人がきちんと指導しなければなりません。

Q.妊娠中でも蓄膿症の治療は可能か?
A.薬の中には、頭痛・腹痛などの副作用が起きるものがあります。妊娠期間によって薬をある程度服用することもありますが、内服薬を避けることがほとんどです。鼻洗浄か、薬物を直接気管支に到達させる機器を使用したネプライザー吸引を採用します。

Q.免疫力を高める栄養素とは?
A.日々の生活習慣を改善するだけでなく、栄養バランスの良い食生活を心がけることが大切です。特に、摂取してほしいのが、ウイルスに対する抵抗力をつけるビタミンAとなります。ビタミンAを多く含んでいるウナギ・チーズ・レバーなどを摂取してください。

Q.治療期間はどのくらいになるのか?
A.一般的に、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の治療を始めたときから完治するまで半年~1年ほどかかるといわれています。ただし、症状の進行具合によって異なるため、あくまで目安として考えてください。

Q.病院選びのポイントを知りたい
A.蓄膿症の症状が現れたときは、耳鼻咽喉科を受診することになります。どの病院を選ぶべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 治療前に検査を行い、丁寧に説明してくれるか
  • スタッフや医師の対応が良いか
  • 副鼻腔炎・蓄膿症治療の実績があるか
  • 口コミ・評判が良いか

川村耳鼻咽喉科クリニックは、年間400件の確かな手術実績を持っています。耳・鼻の日帰り手術にも対応しているので、ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

いかがでしたか? 蓄膿症は、ウイルス・感染などによって副鼻腔が炎症を起こし慢性化した状態のことです。急性副鼻腔炎を放置すれば、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)へと進行します。鼻づまり・鼻汁などがひどくなり、鼻や目の奥に強い痛みを感じることもあるのです。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は、風邪に似ているためわかりにくいですが、異変が起きたときは疑ったほうが良いでしょう。事前に、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の基礎知識を身につけておけば、スムーズに改善できる可能性があります。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績