いま増えている「咳喘息」の症状と特徴・原因

咳喘息の原因は? いま増えている「咳喘息」の症状と特徴

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

風邪が治ったのに咳がおさまらないという症状が続く場合、咳喘息(せきぜんそく)の可能性があります。
咳喘息は慢性的に咳が続く気管支の病気の一つ。
狭くなった気道が刺激に過敏になることで、咳や炎症が起こりやすくなり、咳喘息を引き起こします。
一般的な喘息は気管支喘息と呼ばれており、咳喘息とは区別されます。
では、「咳喘息」はどのような原因で起こり、どんな症状なのでしょうか。

咳喘息の原因

咳喘息はストレスや運動・飲酒・室内外の温度差・ハウスダスト(ホコリ・ダニ)などが原因となって起こります。
アレルギー体質の方に多く、風邪と併発して起こることもよくあります。
風邪が治ったのに咳が何週間も止まらないという方は、咳喘息の可能性がありますので診断を受けましょう。
咳喘息と気管支喘息が違う点は、ゼイゼイ・ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)がないこと。
逆に気道が過敏になっていたり、気管支拡張薬が有効な点は気管支喘息と同じです。
気管支喘息の前段階とも言われており、放っておくと気管支喘息に移行してしまうこともありますので、決して見過ごさないように注意しましょう。

咳喘息の症状

咳喘息になると慢性的に咳が続き、いったん止まってもそのあと断続的に咳が続きます。
ひどい場合は1か月〜1年以上も咳が続きます。
気管支喘息と違って呼吸困難やヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)はなく、発熱や痰がからむ症状はありません。
発作を伴わない咳・呼吸困難が症状の特徴と言ってよいでしょう。
症状は気管支ぜんそくほどひどくない場合が多いですが、乾いた咳が長く続くので、咳が激しくなると胸が痛んだり、嘔吐したりすることもあります。
寒暖の差や喫煙でさらに咳が出やすくなったりすることもあります。
これらの症状を風邪と勘違いして風邪薬を飲み続けても、症状は良くなりません。
咳喘息は専門医に診てもらい、咳喘息用の治療をしてもらう必要があります。

咳喘息の原因と症状まとめ

  • 咳喘息はストレスや寒暖差、ハウスダストなどによって引き起こされる
  • アレルギー体質の人がおこしやすい
  • 風邪と併発して咳喘息になることもある
  • 長期間咳が止まらない場合は要注意
  • 放っておくと気管支喘息になってしまうことも
  • 咳喘息かどうかは専門医に判断してもらう

咳喘息は風邪の症状と間違えがち。
アレルギー体質の方はかかりやすいですから、特に注意が必要です。
咳喘息の診断は専門家でも難しく、素人では判断できません。
咳が長く続く場合はすぐに専門医に診断してもらいましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績