鼻水の対処法

鼻水が緑色や黄色になるのはなぜ? 原因や対処方法・予防方法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水がたくさん出ると、風邪かなと思う方は多いでしょう。しかし、鼻水が出る原因は風邪だけではありません。「たかが風邪」と放置していると厄介なことになるケースもあります。鼻水が出る原因は、鼻水の色によってある程度分かるのです。色の付いた鼻水というと緑色や黄色のどろりとしたものをイメージする方もいますが、色のある鼻水はそれだけではありません。

そこで今回は、色の付いた鼻水が出る原因と対処法を紹介しましょう。

  1. 鼻水に色が付くのはなぜ?
  2. 鼻水の色で推測できる原因
  3. 鼻水が原因で発症する病気
  4. こんな場合は病院へ
  5. 鼻水の色に関するよくある質問
  6. まとめ

原因が分かれば、いざという時にもすぐに対処することができます。最近鼻水がよく出るという方や、色付きの鼻水が出る原因を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

1.鼻水に色が付くのはなぜ?

はじめに、鼻水の役割や色が付く原因をご紹介します。風邪以外にはどのような原因があるのでしょうか?

1-1.健康な時の鼻水とは?

私たちの鼻の中では、毎日約1〜2リットルの鼻水を作っています。健康な時の鼻水は水のように透明でさらさらとしており、鼻の中に入った細菌やウィルス・異物を体外へ押し出す役目を担っているのです。

1-2.鼻水に色が付く原因は?

鼻水に色が付くのは、異物や血液・細菌などが鼻水と混じるからです。異物が混じると鼻水は色だけでなく粘度も増してきます。粘度を増した鼻水は、鼻の中に溜まりやすくなり鼻づまりの原因となるのです。

1-4.鼻水が透明なら健康?

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の場合を発症すると、鼻の粘膜がアレルゲンを押し流そうと鼻水を大量に出します。アレルギー性鼻炎の原因は細菌やウィルスではありません。そのため、鼻水に色が付いたり粘度が増したりすることはないのです。

たとえ透明な鼻水であっても、頻繁に鼻をかまなければならないほど大量に鼻水が出てくる場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。花粉症などのアレルギー性鼻炎はある日突然発症することもあります。

色が付いた鼻水には異物が混ざっているんですね。
異物混じりの鼻水は色が付き粘度も増すので鼻づまりの原因になるのです。

2.鼻水の色で推測できる原因

鼻水の色によってある程度病気の種類が推測できます。ですから、鼻水が出たなと思ったらまずは数日間色をチェックしてみてください。色が変わってくる場合は、感染症と考えてほぼ間違いないでしょう。色チェックをしていれば、病院へ行く目安もつきやすいです。

また、色と同時に粘度もチェックしましょう。鼻水が粘度を増すのは、ウィルスなどの異物が混じっている証拠です。逆にさらさらとした鼻水の場合は、アレルギー性鼻炎の可能性があります。アレルギー性鼻炎は自然治癒することがほとんどありませんので、すぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

2-1.白っぽい鼻水

白っぽい鼻水は、鼻水の中に風邪の原因となる細菌やウィルス・これらと戦った白血球の死骸が混じることによって発生します。風邪のひきはじめに出ることが多いので、この鼻水が出たら早めに休息を取りましょう。たかが鼻水と侮っていると、症状が重篤化することもあります。

2-2.黄色っぽい鼻水

黄色っぽい鼻水は、鼻水に含まれているウィルスや細菌・白血球の死骸が白っぽい鼻水よりも増えている状態です。風邪をひくと白っぽい鼻水から黄色っぽい鼻水へ移行していく方も多く、風邪の治りかけているサインともいわれています。しかし、黄色い鼻水が出たからといって必ずしも風邪が治りかけているとは限りません。ここで油断をすると肺炎や気管支炎に移行することもあります。黄色い鼻水が長期間出ている場合は、一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。

黄色い鼻水については、以下の記事も参考にご覧ください。
鼻水が黄色くなるのは危険信号? 蓄膿症・急性副鼻腔炎の恐れも!

2-3.緑色の鼻水

基本的には黄色っぽい鼻水とあまり差はありませんが、緑膿菌という少し抗生物質の効きにくい細菌が増えている可能性があります。また、緑色の鼻水は、膿が混じっている可能性があります。風邪のウィルスや細菌が鼻の周辺にある副鼻腔という空洞に入り炎症を起こすと副鼻腔炎が発症するのです。副鼻腔炎になると、膿の混じった鼻水が大量に出ます。副鼻腔炎が慢性化すると蓄膿症とも呼ばれる厄介な症状になるので、緑色の鼻水が出たらできるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。副鼻腔炎が自然治癒することはほとんどありません。早めに治療を開始すれば、それだけ治りも早くなります。

2-4.赤っぽい鼻水

赤っぽい鼻水が出る場合は、鼻水の中に血が混じっている可能性があります。鼻を強くかみすぎたり、鼻の粘膜が弱っている時は鼻血も出やすくなりますが、長期間続く場合は他の原因が考えられ、悪性腫瘍が原因となっていることもあります。この場合も、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

鼻水の色で病気の種類まで推測できるとは思いませんでした。
原因によって鼻水が何色になるか変わるので、ある程度は推測可能です。病院に行く目安にしてください。

3.鼻水が原因で発症する病気

この項では、鼻水が原因で発症する病気や発症しやすい人をご紹介します。どのような病気があるのでしょうか?

3-1.急性中耳炎

急性中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気です。激しい痛みや耳の聞こえにくさが代表的な特徴で、子どもがかかりやすい病気としても知られています。急性中耳炎は、鼻水に含まれる病原菌やウィルスが中耳に入ってしまうことによっても感染するのです。鼻と耳は繋がっていますので、鼻水をかまずにすすりあげてしまうと、病原菌やウィルスが中耳に入りこみやすくなります。そのため、風邪をひいたら中耳炎を発症する方も多いのです。

急性中耳炎については、以下の記事も参考にご覧ください。
急性中耳炎とは? 症状や原因、ケア・治療方法を徹底解説

3-2.副鼻腔炎

副鼻腔炎も同じように鼻水をすすりあげることによって、鼻水に含まれている病原菌やウィルスが副鼻腔内に侵入しやすくなります。副鼻腔炎は治っても再発をくり返す病気ですので、鼻水をすすらないことが予防になるのです。

副鼻腔炎については、以下の記事も参考にご覧ください。
つらい副鼻腔炎を何とかしたい人へ! 治療法と予防法を解説

鼻水が原因で発症する病気があるなんて驚きです。
鼻水の病原菌やウィルスが他の部位に侵入することによって病気が発症するため、鼻水に異変を感じたら早めに対処すべきでしょう。

4.こんな場合は病院へ

4-1.病院へ行くべき症状

  • 色の付いた鼻水が2週間以上出続け、改善の兆しがない
  • 透明な鼻水がずっと出続けている
  • 風邪の症状が治ったのに、鼻水が止まらない
  • 鼻づまりがひどい
  • 耳が痛い・聞こえにくいといった症状がある

たかが鼻水と侮ってはいけません。耳鼻咽喉科を受診しましょう。

4-2.子どもや赤ちゃんが鼻風邪をひいた場合

子どもや赤ちゃんが鼻風邪をひいた場合は、白っぽい鼻水のうちに耳鼻咽喉科を受診しましょう。小児科では、鼻や耳の中までは診てもらえません。耳鼻咽喉科では鼻水を吸ってもらえるので、中耳炎や副鼻腔炎の予防にもなります。また、中耳炎や副鼻腔炎を発症しても、早めに対処できるでしょう。

4-3.耳鼻咽喉科の選び方

鼻水の原因は色々あります。ですから副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎や悪性の腫瘍などの可能性をしっかり考えてくれる耳鼻咽喉科がおすすめです。そのためには内視鏡(ファイバースコープ)やCTなどの設備があり、その結果をちゃんと見せてもらえる耳鼻咽喉科がいいでしょう。

鼻水程度だからといって甘くみてはいけないんですね。
こちらで挙げた症状に該当するようであれば耳鼻咽喉科の受診を強くおすすめします。

5.鼻水の色に関するよくある質問

Q.鼻水はすすらずにかんだ方がよいのでしょうか?
A.はい、色の付いた鼻水には病原菌やウィルスが含まれているので、可能な限りかんでください。その際、力任せに鼻をかむと鼻の粘膜を傷つけてしまいます。片方ずつ静かにかむように心がけましょう。

Q.子どもの鼻は頻繁に吸ってやった方がよいのですか?
A.あまりこまめに鼻を吸っても効果は期待できません。1日2~3回、時間を決めて吸ってあげましょう。

Q.大人でも急性中耳炎になることはありますか?
A.はい、ストレスなどで免疫力が低下していると発症する可能性があるのです。風邪をひいたら無理をせずに休養しましょう。

Q.アレルギー性鼻炎の治療法はありますか?
A.完治することは難しいですが、投薬などによって症状を和らげることは可能です。まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

Q.鼻水が色付きから透明に戻った場合は、風邪が治ったと考えてもよいのですか?
A.そう考えてもよいでしょう。ただし、その時に無理をするとまた症状がぶり返すこともあります。

鼻水のことで気になることや注意すべきことがわかって大変タメになりました!
心配な症状がある方は、こちらの記事を参考に対処するようにしてみてくださいね。

6.まとめ

いかがでしたか? 今回は緑色に代表される鼻水に色が付く原因や対処法を紹介しました。たかが鼻水と思われがちですが、急性中耳炎や副鼻腔炎の原因にもなる厄介な症状でもあります。特に、子どもの場合は鼻水に色が付いたらできるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績