鼻の奥が痛い

鼻の奥が痛い原因は? 考えられる病気や解消するためのポイント

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻の奥がツーンと痛い、鼻の中に違和感がある・・・。このような症状にお悩みではありませんか? 頻繁に痛みを感じる場合、何か病気が原因で起こっている可能性があります。大丈夫だと思って放置しておくと、他の症状が出てくることもあるのです。

そこで今回は、鼻の奥が痛くなる原因や対処法を紹介しましょう。

  1. 鼻の奥が痛くなる原因は?
  2. 鼻の奥の痛みを解消する方法
  3. 病院へ行くべき症状は?
  4. 鼻の奥の痛みに関するよくある質問

自分でできる鼻の痛み解消法も紹介しています。鼻の奥が頻繁に痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

1.鼻の奥が痛くなる原因は?

鼻の奥の痛みが症状として現れる病気
鼻の奥が痛くなる原因の代表的なものをご紹介します。どのような原因で鼻の奥が痛くなるのでしょうか?

1-1.乾燥

鼻の中は常に粘膜で覆われています。しかし、外気が乾燥していたり点鼻薬を常用していたりすると鼻の中が乾燥してしまいがちです。鼻の中の乾燥が長く続くとドライノーズになり、常時鼻の奥が痛むようになります。特に、点鼻薬の常用によるドライノーズは病院での治療が必要になるケースも多いのです。

1-2.気温の変化

冬になると鼻の奥が痛くなりやすいという方も多いのではないでしょうか? 鼻の奥に冷たい空気が入ると、血管が収縮して痛みを感じやすくなります。温かい屋外から冷たい戸外に出る場合は、できるだけ呼吸を小さく行うようにするといいでしょう。

1-3.鼻のかみ過ぎによる粘膜の炎症

鼻の中の粘膜はとてもデリケートです。そのため、鼻をかみ過ぎると粘膜が炎症を起こし、鼻をかむたびに痛みを感じるようになります。特に、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の場合は、長期間鼻詰まりが起こりやすいので炎症が治りにくいでしょう。

1-4.鼻血が出る前兆

人によっては、鼻血が出る前に鼻の奥が痛むことがあります。鼻血は人によって出やすい、出にくいの差がありますが、原因は人によってさまざまです。気になる方は一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。

1-5.病気

病気によって鼻の奥に痛みが出ている可能性もあります。考えられる病気をいくつか紹介します。

1-5-1.風邪

風邪で鼻詰まりが起こると鼻の奥が痛みやすくなります。また、頻繁に鼻をかむと粘膜が炎症を起こすこともあるでしょう。単純な風邪の場合は、1~2週間もすれば症状も改善します。鼻をかむ場合は勢いよくかまず、片方ずつ静かにかむと炎症も起こりにくいのです。また、保湿を心がけると、鼻詰まりが早く解消しやすくなります。

風邪の予防方法については、以下の記事も参考にご覧ください。
風邪を予防するには? すぐに実践できる6つの方法

1-5-2.鼻炎

鼻炎も鼻の奥に痛みが現れる原因の一つです。風邪がきっかけで鼻炎になることもありますし、アレルギーによって鼻炎を発症することもあるでしょう。特に、アレルギー性の鼻炎は、風邪のように自然治癒することは少ないため、病院で診てもらうことが重要です。

1-5-3.副鼻腔炎

副鼻腔炎も鼻の奥に痛みが出る原因となります。風邪がきっかけで発症することが多く、発症して3ヶ月未満を急性副鼻腔炎、それ以上を慢性副鼻腔炎と呼ぶことが多いでしょう。慢性副鼻腔炎は、別名「蓄膿症」ともいい、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 黄色い膿のような鼻水が出るのが特徴で、放っておくと頭痛などの他の症状が出ることもあります。

副鼻腔炎の症状については、以下の記事で詳しく解説しています。
つらい副鼻腔炎の治し方を知りたい! 治療法と予防法を解説

1-5-4.上咽頭炎

上咽頭炎が原因で鼻の奥が痛くなることもあります。上咽頭炎とは、鼻の最深部にある喉とつながっている部分が炎症を起こす病気です。風邪と一緒に発症したり、ウィルス感染で発症したりします。鼻をかむなどしなくても痛み続けるのが特徴です。

1-5-5.悪性腫瘍

まれにですが、鼻の中に悪性腫瘍(ガン)ができることで痛みが起こることもあります。痛み以外の症状は、鼻血が出る、鼻が詰まったような感じ、などです。気になる症状が見られる場合は、すぐに病院で診察を受けるようにしてください。

こんな理由で鼻の奥が痛くなるんですね。
一時的な痛みであれば心配ありませんが、痛みが続くようなら一度病院で診てもらったほうがよいでしょう。

2.鼻の奥の痛みを解消する方法

鼻の奥の痛みを解消する方法(保湿)

では、鼻の奥の痛みを和らげたり解消したりするにはどうしたらよいのでしょうか?この項では、手軽に行える痛みの解消法をご紹介しましょう。

2-1.保湿・加湿

鼻の粘膜を保護するためには、保湿や加湿が効果的です。冬は特に空気が乾燥しやすい季節ですし、エアコンが入っていれば湿度が30%以下になってしまうことも珍しくありません。鼻の痛みに悩まされている方は湿度計と加湿器を部屋に常備しておき、湿度60%前後をキープし続けるとよいでしょう。加湿器がないという場合は、部屋にぬれタオルを吊るしておくだけでも効果的です。外出時も、マスクをつけることで、保湿と加湿、両方の効果が期待できます。

2-2.温める

鼻が詰まっているときにお風呂に入ると一時的に鼻詰まりが改善したという経験がある方もいると思います。鼻を温めると血流がよくなって、粘膜の状態も改善しやすいのです。鼻が痛い場合、鼻の上に蒸しタオルなどを当ててみましょう。

2-3.濡れマスク

ドライノーズでお悩みの方は、濡れマスクがおすすめです。通常のマスクより保湿効果が高いので、より痛みが改善しやすくなります。睡眠中に鼻が痛むという方は、マスクをつけて寝るのもおすすめです。

2-4.鼻うがい

鼻うがいとは、塩水を鼻の中にいれて口から出すうがいの方法です。慣れるまでに少し時間がかかる場合もありますが、粘膜に負担をかけることなく鼻をすっきりできます。薬局に専用のグッズも販売されておりますので、そのような商品を使ってみるのもよいでしょう。

鼻うがいのやり方については、以下の記事で詳しく解説していいます。
鼻うがいの効果は? 正しいやり方と注意点を解説

この方法ならすぐに試すことができそうですね。
ただし、これらを試しても良くならない場合は、早いうちに病院に相談するようにしましょう。

3.病院へ行くべき症状は?

病院へ行くべき症状は?

  • 鼻の奥が常時痛い
  • 鼻の中がかさかさに渇いている
  • 3週間以上膿のような鼻水が出続けている
  • 3週間以上水のようにさらさらした鼻水が出続けている
  • 鼻血が急に頻繁に出るようになった
  • 鼻の奥が腫れている感じがする

このような症状が出た場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。耳鼻咽喉科で鼻水の検査やアレルギーの検査・鼻の中の診察を行えば、おおよその原因が分かります。たかが鼻水、たかが痛みと思わないことが大切です。

4.鼻の奥の痛みに関するよくある質問

鼻の奥の痛みに関するよくある質問

Q.鼻の奥がたまに痛くなりますが、常時ではありません。それでも病院へ行くべきでしょうか?
A.今まで特に痛みを感じることはなかったのに定期的に痛みを感じるようになったのであれば、病院へ行ったほうがよいですね。

Q.鼻をひどくぶつけ、それ以来鼻の奥が痛みます。病院へ行くべきでしょうか?
A.鼻をひどくぶつけた場合、骨に異常が出ている場合もあります。耳鼻咽喉科や整形外科を受診してください。

Q.アレルギー性鼻炎は突然発症することもあるのでしょうか?
A.あります。アレルギー性鼻炎はハウスダストや花粉がアレルゲンとなって起こることが多いのですが、今までなんともなかったのに急に発症した、という方も珍しくありません。

Q 鼻の痛みの治療は、どのくらいの期間で終わるのでしょうか?
A 鼻の痛みの原因によって治療期間も変わります。慢性副鼻腔炎などの場合は、治療期間が半年程度かかることも珍しくありません。医師の話をよく聞いて、根気強く治療に取り組みましょう。

まとめ

鼻の奥が痛む原因の解説

いかがでしたか? 今回は鼻の奥が痛む原因やその治療法をご紹介しました。慢性副鼻腔炎が原因の鼻の痛みの場合、頭痛や口臭がきつくなるなど別の症状も併せて出るようになる可能性があります。また、点鼻薬の使い過ぎによってドライノーズが起こることも多いため、点鼻薬は乱用しないように心がけましょう。この記事に書かれている対策をとっても改善されない場合は、病院を受診して適切な治療を受けてください。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績