喉頭炎の症状

喉頭炎の症状や治療法は? 咽頭炎との違いについて知ろう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

喉の痛みが長引いている場合、「喉頭炎(こうとうえん)」になっている可能性が高いです。喉頭炎(こうとうえん)は上気道(じょうきどう)のウイルス感染が起きた状態のことをいいます。放置すればするほど慢性化するので初期症状のうちに改善しなければなりません。これから、喉頭炎(こうとうえん)の症状や治療法、原因、喉頭炎(こうとうえん)と咽頭炎(いんとうえん)の違いについて説明します。咳(せき)や喉の痛みが続いている人はぜひチェックしてください。

  1. 喉頭炎の症状
  2. 喉頭炎の原因と治療法
  3. 喉頭炎と咽頭炎の違い
  4. まとめ

1.喉頭炎の症状

喉頭(こうとう)部分に炎症が起こる症状を「喉頭炎(こうとうえん)」と言います。そもそも、喉頭(こうとう)とは何なのか、どんな症状が起こるのでしょうか。自分の症状を見直しながら確認してください。

1‐1.空気のとおり道になる喉頭

喉頭(こうとう)は空気のとおり道になる気道の1つです。咽喉(のど)から気管までの部分を指しています。喉頭(こうとう)の中ほどには声を出す声帯があります。空気が気管に入るための大切な部分です。喉頭(こうとう)が炎症を起こすと上手に呼吸ができなくなる恐れがあります。

辛抱できるほどの痛みなら様子を見てもいいでしょうが、「つばがうまく飲みこめない」「痛みがひどい」「発熱が起きる」という場合はすぐに病院を受診してください。ウイルスや細菌に感染している可能性が高いです。放置すればするほど症状が悪化するため、早めの処置が大切になります。

1‐2.現れるさまざまな症状

喉頭炎(こうとうえん)の症状は人によってばらばらです。主に声がかれる、乾いた咳(せき)が出るなどの症状が目立ちます。風邪を引いてもいないのに咳(せき)が止まらない場合は、喉頭(こうとう)や咽頭(いんとう)に異常が出ている証拠です。さらに、喉の乾燥や異物があるように感じるなら喉頭炎(こうとうえん)の可能性が高いと言えるでしょう。

また、喉頭炎(こうとうえん)は急に起こるケースもあります。突然、喉に違和感がある、咳(せき)が止まらなくなるなど、急性喉頭炎(こうとうえん)になった人もいました。急性の場合、原因のほとんどはウイルス関連です。ウイルスがまん延しやすい時期は十分な対策が必要になるでしょう。

1‐3.鼻炎や扁桃炎と合併する可能性も

喉頭炎(こうとうえん)の怖いところは「合併症を引き起こしやすい点」です。喉は私たちが思っているよりもデリケートな部分になります。ウイルスが入ってきやすく、粘膜が炎症を起こしやすいのです。喉頭(こうとう)部分が炎症を起こすとウイルスに感染しやすくなります。同時にウイルスと戦うための免疫細胞の活動も弱くなるでしょう。

結果、鼻炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)、扁桃炎(へんとうえん)、咽頭炎(いんとうえん)といった病気と合併します。合併すると症状は深刻になるでしょう。ちなみに、鼻炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)と合併したときは頭痛や鼻汁が起こります。

そして、扁桃炎(へんとうえん)と咽頭炎(いんとうえん)に合併したときは喉の痛みが悪化する、発熱などが出てくるでしょう。

2.喉頭炎の原因と治療法

2‐1.喉頭炎の原因

症状をスムーズに緩和するためには原因をきちんと把握しなければなりません。喉頭炎(こうとうえん)のほとんどはウイルス感染が原因です。風邪によって上気道(じょうきどう)に細菌が侵入した結果、喉頭(こうとう)部分の炎症が起こります。免疫力が低下しているときは特に感染しやすい状態です。

常に手洗いやうがいを心がけ、マスクをしてウイルスをカットしなければなりません。また、ウイルス感染のほかにも声の出しすぎやアレルギー反応、タバコの煙、禁煙が原因になることもあります。喉頭炎(こうとうえん)を防ぐには日ごろの生活習慣が大切になるでしょう。

2‐2.喉頭炎の治療法

喉頭炎(こうとうえん)の治療は、検査から始まります。現在起きている症状や声の変化など、担当医師が細かいところまでチェックするでしょう。また、喉の粘膜がはれていないかどうか、赤くなっていないかどうかも確認します。喉頭炎(こうとうえん)の治療法は、症状や人の体質によって異なるでしょう。検査をしっかりした上で適切な治療を受けなければなりません。ほとんどの原因はウイルスなので症状をやわらげる治療になります。

たとえば、蒸気を吸入する、咳(せき)どめ薬を服用する、水分を多めに摂取するなどです。ただし、症状がひどい場合は手術をすることもあります。手術となれば長期入院になると思う人がほとんどでしょう。最近では技術が発展しているため、1泊2日で手術を受けることができるクリニックもあります。安心して治療できるクリニックを選んでくださいね。

3.喉頭炎と咽頭炎の違い

3‐1.咽頭炎とは?

喉頭炎(こうとうえん)と間違うことが多い症状が咽頭炎(いんとうえん)です。咽頭炎(いんとうえん)は喉頭炎(こうとうえん)と非常に症状が似ています。頭痛や発熱、喉の不快感や異物感、全身のだるさが特徴的です。基本的に、喉頭(こうとう)と咽頭(いんとう)の違いは“場所”になります。喉頭(こうとう)は喉から気管に至る部分です。

一方、咽頭(いんとう)は鼻腔(びくう)の奥から食道の入り口までになり上・中・下にわかれています。上・中・下の3か所の総合を咽頭(いんとう)と呼ぶのです。喉に覚える違和感がどこからやってきているのか、確認してみましょう。自分でわからない場合はすぐ専門のクリニックに受診してください。

3‐2.治療の注意点

喉頭炎(こうとうえん)と咽頭炎(いんとうえん)の違いは、一般人で判断できません。症状だけでは判断しにくいため、専門の施設で検査したほうがいいでしょう。咽頭炎(いんとうえん)になっている場合、咽頭(いんとう)が赤くはれあがります。小さな水ぶくれが出る、水ぶくれがやぶれて炎症を起こすなど症状がわかりやすいのが特徴です。喉頭炎(こうとうえん)よりも症状は判断しやすいでしょう。治療方法は大差ないですが、清潔に保つことが大切です。

ウイルスが広がらないよう喫煙や飲酒などの刺激物はできるだけ避けてください。発熱や痛みに対しては鎮痛剤を服用することになるでしょう。治療は症状・体質によって変わります。症状に合った治療を受けながら、常に清潔を維持し続けてください。

4.まとめ

喉頭炎(こうとうえん)の症状や原因、治療法、咽頭炎(いんとうえん)の違いについて説明しました。いかがでしたでしょうか。喉頭炎はうつると言われていますが、原因によって異なります。ウイルスや梅毒・クラミジアなどの病原菌が原因なら人から人へ感染するでしょう。

一方、副鼻腔炎(ふくびくうえん)による炎症、タバコによる刺激なら感染しません。ウイルスが原因なら症状も悪化しやすいため、できるだけ早めに改善しましょう。しっかり検査をした上で適切な治療をすすめてください。また、日ごろから正しい生活習慣を送ることも大切です。常に鼻や口腔(こうくう)を清潔に保ち続けることで感染しにくくなりますよ。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績