口内炎が治らない原因

口内炎が治らない原因と対処法とは?意外なアレが原因かも!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

口内炎は、多くの人が経験したことのある体の不調です。白いはんてんが口の中にできたと思ったら痛み出した、という経験がある方も多いでしょう。通常、口内炎は1~2週間で完治します。しかし、なかなか治らないこともあるのです。

そこで、今回は長引く口内炎の原因と対処法をご紹介します。口内炎ができても多くの方が放っておいて、自然治癒に任せるでしょう。しかし、口内炎の種類や原因によっては病院で治療を受けなければならないこともあるのです。

最近、口内炎の治りが遅いと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 口内炎とは?
  2. 口内炎が治らない原因とは?
  3. 長引く口内炎の治し方とは?
  4. おわりに

1.口内炎とは?

口内炎とは、口の中にできる炎症の総称です。ちなみに、口内炎が舌にできると舌炎になり、唇の端にできると口角炎と呼ばれます。口内炎は「アフタ性口内炎」「ウィルス性口内炎」などいくつかの種類があるのです。

また、口の中を強くかんだりやけどをしたりしても、傷あとが口内炎になることもあるでしょう。口内炎は、老若男女問わずだれでも発症する可能性がある病気です。生まれてから一度も口内炎になったことがないという人の方が少ないでしょう。

口内炎は、特に何もしなくても1~2週間すれば自然に治ります。しかし、「いつまでたっても口内炎が治らない」「治ったと思ったら再発をくりかえす」という方もいるでしょう。その原因を次の項でご紹介します。

2.口内炎が治らない原因とは?

口内炎が治らない原因は、いくつかあります。中には、病院に行かなければならないものもあるでしょう。たかが口内炎とあなどれないものもあるのです。

2-1.体の抵抗力が落ちている

口内炎は、文字どおり口の中の組織が炎症を起こしている状態です。ですから、白血球などが炎症の原因となっている菌を殺せば、炎症は治まります。

しかし、ストレスや栄養不足などで体の抵抗力が落ちていると、口内炎がなかなか治りません。特に、年末年始は暴飲暴食をする方も少なくないでしょう。また、アルコールが口の中を刺激すると、口内炎が悪化しやすいのです。さらに、かぜなどをひいてしまうと抵抗力が落ちます。

2-2.口の中が不潔である

口の中には、いろいろな雑菌がいます。その中には体にとって有害なものもあるでしょう。
私たちが毎日歯磨きをするのは、口の中を清潔にするためです。しかし、歯磨きを怠っていたり、歯周病などを発症していたりすると口の中が不潔になり、炎症がなかなか治まりません。

特に、お正月は生活習慣が乱れがちです。三が日は食べて寝てのくりかえし、という方は口の中も不潔になっている可能性が高いでしょう。

2-3.口の中の乾燥

冬はかぜをひきやすい季節です。鼻がつまると鼻呼吸ができませんから、自然と口呼吸になります。すると口の中が乾燥するでしょう。

通常、口の中は常にだ液が出ているのです。このだ液が口の中の汚れを洗い流し、清潔にたもつ働きがあります。しかし、口の中が乾燥していると雑菌が繁殖しやすく、口内炎の治りも遅くなるでしょう。

2-4.病気

手足口病などを発症すると、症状のひとつに口内炎があります。また、ヘルペスが口の中にできても口内炎などができるでしょう。このような病気が原因の口内炎は、それ以外にも発熱やけん怠感、関節の痛みなどの症状があります。2週間以上この症状が改善されない場合は、すぐに病院を受診してください。

2-5.歯の治療器具のせい

入れ歯や差し歯、さらに矯正器具などの具合が悪いと口の中を傷つけてしまうこともあります。そうなると、器具を治さない限り何度でも口内炎が再発することもあるでしょう。歯の治療器具の調整は歯科医でなければできません。遠慮せずにかかりつけの歯科医に調整を頼んでください。

3.長引く口内炎の治し方とは?

では、長引く口内炎にはどのように対処すればよいのでしょうか? この項で、詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.刺激物をさけて、栄養を取る

栄養不足などで体の抵抗力が落ちている場合は、まず食生活と生活習慣を見直しましょう。ビタミンを多く含む野菜や果実を食べて、香辛料などの刺激物をさけます。また、アルコールも痛みがなくなるまで取らない方がよいでしょう。腹八分を心がけて夜は早めにベッドに入ってください。それだけでも、体の抵抗力は回復していくでしょう。

3-2.口内炎をいじらない

口内炎は、放っておけば白血球などが炎症の元になる細菌を退治してくれます。しかし、口内炎が気になるからと、舌先で患部をいじったりすればせっかく治りかけた口内炎が再び悪化するのです。口内炎をつぶす人もいますが、それもやめた方がよいでしょう。

どうしても気になってしょうがないという場合は、口内炎の市販薬を買ってきて傷口に塗ってください。患部を保護する役目がありますから、雑菌が入るのも予防してくれます。

3-3.病院を受診する

口内炎以外にも症状が出るという場合は、ほかの病気の可能性があります。すぐに病院を受診して検査をしてもらいましょう。口内炎が症状として出る、という病気は意外に多いのです。

特に、手足口病は子どもに多いので親がよく子どもの口の中を確認してあげてください。赤ちゃんは言葉がしゃべれないので、親がこまめにチェックしてあげなければ発見が遅れてしまうでしょう。

3-4.歯医者で治療を受ける

歯科器具の不具合や、口腔(こうくう)内の不潔さが原因で口内炎が長引いているという場合は、歯科医で治療を受けましょう。

特に、虫歯や歯周病は放っておいて完治をするということはまずありません。どんどんひどくなっていく一方です。また、歯科の治療器具の場合は、ほんの少しの調整で具合がよくなることもあるでしょう。さらに、矯正器具は小さい子どもでも着けることが多いです。

矯正器具は柔らかい金属でできていますから、ちょっとしたはずみで曲がってしまうことも少なくありません。子どもが痛がっているようならば、できるだけ早く病院へ連れて行って調整をしてもらってください。

また、入れ歯などでも同じです。我慢していればいるだけ症状は悪化します。口内炎が再発をくりかえすと、ものを食べるのすらおっくうになってくることもあるでしょう。

たかが口内炎と思わずに、できるだけ早くかかりつけ医の診察を受けてください。虫歯や歯周病なども同時に治療していけばよいですね。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は、口内炎が治らない場合の原因と対処法をご紹介しました。口内炎でなくても、舌や唇の端に湿しんができたり炎症になったりした場合は要注意です。さらに、鼻が悪くても口内炎になりやすくなるでしょう。前述したように口の中が乾燥すると雑菌も繁殖します。

これから春にかけては花粉が大発生する時期。花粉症の方は鼻がつまってしまう方も少なくないと思います。すると、口内炎も増えてくるでしょう。

鼻づまりは、耳鼻咽喉科で治療を受ければ改善することも多いです。特に、花粉症以外の鼻づまりは耳鼻咽喉科で治療をしないと改善しにくいこともあります。たかが鼻づまりと思わずに、治療を受けてください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績