鼻中隔矯正術の内容や費用は? どんな症状に対応しているのか?

鼻中隔矯正術の内容や費用は? どんな症状に対応しているの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「常に鼻がつまっている」「いびきがひどい」「口呼吸が治らない」このような方は、もしかしたら鼻の中にある骨の異常が原因かもしれません。このような鼻の骨の異常による鼻づまりやいびきを矯正する方法として鼻中隔矯正術というものがあります。

今回はその方法や費用についてご紹介します。しつこい鼻づまりやいびきに悩んでいるという方や、鼻中隔矯正術について知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. しつこい鼻づまりやいびきの原因は?
  2. こんな症状がある人は鼻中隔が曲がっているかも
  3. 鼻中隔矯正術とはどのようなもの?
  4. 鼻中隔矯正術の手術はどこで受けられるの?
  5. 鼻中隔矯正術にリスクはないの?

1.しつこい鼻づまりやいびきの原因は?

この項では、鼻中隔とはどのような場所かということや、なぜ矯正術が必要かということをご紹介します。
しつこい鼻づまりやいびきに悩んでいる人はもしかしたら鼻中隔が原因かもしれません。

1-1.鼻中隔とは?

鼻中隔(びちゅうかく)とは鼻を隔てているしきりのことです。ご自分の鼻の中に指を入れてみればわかりますが、鼻の穴の内側に柔らかいコリコリした部分を触りますよね。
これが鼻中隔です。
この鼻中隔は一見するとまっすぐなように見えますが、多くの方が多少曲がっています。
これは、成長過程で軟骨のほうが発育が良く、骨との成長差によって弯曲が生じるためです。
そのこと自体はごく普通のことですが、中にはこの弯曲が激しく、鼻の奥にうまく空気が通らないという人もいます。

1-2.鼻中隔が曲がっているとどうなるの?

鼻中隔があまりに激しく曲がっていると、空気の通りが悪くなり、いつも鼻がつまっているような感じがします。
また、鼻呼吸ができないので、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。「アレルギーでもなく、風邪をひいているわけでもないのに鼻づまりが解消しない」という方や「いびきのひどさを指摘された」という方は鼻中隔の弯曲が激しいかもしれません。

1-3.医師から手術をすすめられる場合とは?

鼻中隔の弯曲が原因で起こる鼻づまりやいびきは、薬を飲んだり矯正器具をつけても解消されません。
鼻中隔が弯曲しすぎているかどうかは、内視鏡(ファイバースコープ)で鼻の中を観察したり、CTを撮ればすぐに解ります。
医師によって「この弯曲具合では手術をしなければ鼻づまりは解消しない」と判断されれば、手術をすすめられることもあるでしょう。

2.こんな症状がある人は鼻中隔が曲がっているかも

では最後に、鼻中隔が弯曲していると起こりやすい症状をご紹介しましょう。当てはまることが多いという方は、一度耳鼻科で診察を受けてみてください。長年悩んでいた症状がすっきりと解決するかもしれません。

2-1.鼻づまりが治らない

鼻づまりには風邪、アレルギーなどいろいろな原因がありますが、鼻中隔が曲がっていても鼻づまりが改善しにくいのです。特に風邪でもない、アレルギーでもない、薬も飲んでいるのに鼻づまりが改善しないという場合は、一度耳鼻科医に鼻の中の様子を確かめてもらいましょう。たかが鼻づまりと思ってはいけません。

2-2.いびきがひどい

鼻から呼吸がしにくいと、どうしても口呼吸になります。口呼吸で眠っていると舌が気道のほうへおちこみ、ひどいいびきの原因になります。いびきは自分ではわかりませんが、家族から指摘されて気づく人も多いでしょう。

今はドラッグストアなどにいびきを改善する器具がいろいろと販売されています。それを使ってもいびきが改善しないという場合は医師の診察を受けましょう。また、急にいびきが止まっていたりすると、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。こちらも長引けば日常生活に支障が出る病気なので、早急に治療が必要です。

いびきの問題点については、以下の記事も参考にご覧ください。
いびきの原因は? 放っておくと大変なことになるかも!

2-3.口呼吸が治らない

鼻からの呼吸がうまくできないと自然と口呼吸になってしまいます。口呼吸をしているといつも口が半開きになるため、歯並びも悪くなりますし、口臭が発生することもあるのです。何度矯正しようと思っても口呼吸が治らない場合は鼻中隔が曲がっている可能性がありますので、医師に相談をしてみましょう。口呼吸くらいでと思わずに、原因を突き止めてみることが大切です。

3.鼻中隔矯正術とはどのようなもの?

鼻中隔矯正術とは、鼻の中の軟骨を削り、空気の通りをよくする手術です。手術と言うと長期入院や全身麻酔といったイメージがありますが、当クリニックのように医療機関によっては日帰りの局所麻酔で行うところもあります。

手術時間は数十分ほどであり、日帰りもできます。「手術」といってもさほど大掛かりなものではありません。鼻中隔とその両側を覆っている粘膜を分けて、鼻中隔の曲がっている部分だけを取り除きます。手術は全て鼻の中で行いますので外に傷がつくことはありません。

また、鼻中隔弯曲症はれっきとした病気なので健康保険が適用になります。鼻づまりを治すには鼻中隔と下鼻甲介という部分を矯正することが多いですが費用は3割負担で4万円弱です。(副鼻腔炎手術などを合わせて行う場合はその費用がかかります。)ただし、入院する場合や全身痲酔の場合はそれらの費用がかかります。

手術方法の詳細については、以下のページをご覧ください。
鼻中隔矯正術+粘膜下下甲介骨切除術

4.鼻中隔矯正術はどこで受けられるの?

鼻中隔矯正術は手術は一般的な耳鼻科の診療所ではやっていませんし、大きな病院でもやっていないところもあります。入院設備のある総合病院ならやっているところが多いですが1週間程度の入院となるところがほとんどです。当クリニックのように日帰りでやっているところは全国でも数カ所程度です。

そのようなところでは大抵ホームページに「鼻中隔矯正術を行っています」と書いてありますので、お近くで探してみてください。また、鼻中隔矯正術を行うようにすすめた病院が手術を行っていない場合は、紹介状を書いてくれるでしょう。ただし、そちらの先生も、どこがいいかご存じない場合もありますので、ご自身がかかりたい医療機関があれば遠慮なくお願いしてみましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニックでも、鼻中隔矯正術を行っています。お気軽にご相談ください。

5.鼻中隔矯正術にリスクはないの?

鼻中隔矯正手術は鼻の中の軟骨を削るということで、「鼻の形が変わるのではないか」と心配する方もいるでしょう。しかし、この手術で削るのは鼻の穴をふさいでいる余計な軟骨と薄い骨の一部分のみです。美容外科のように鼻そのものをいじるわけではありませんし、鼻筋はさわりません。ですから、鼻の形が変わる、などということはほとんどありません。

おわりに

いかがでしたか?今回は鼻中隔矯正術の内容や費用についてご紹介しました。
まとめると

  • 鼻中隔矯正術は決して大掛かりな手術ではない
  • 医療機関によっては日帰りも可能
  • 医師に勧められたら手術を検討しよう

ということです。鼻中隔が曲がっているかどうかは、自分では確かめようがありません。また、鼻中隔が曲がっている人に起こりがちな症状も、「わざわざ病院へ行くなんて」と思うものが多いでしょう。しかし、鼻詰まりもいびきも本人にとっては苦しいものですし、家族の迷惑にもなります。短時間の手術でそれらが解消するならば、ぜひ受けたほうが良いでしょう。経験豊富な医師が行えば、痛みも少なくすぐに手術は終わります。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績