止まらない鼻水をストップ! 原因と対策を知ろう

鼻水が止まらないのはなぜ? つらい症状をすぐに抑える対策方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水が止まらないとお悩みではありませんか? 鼻をかんでもかんでも垂れてくる鼻水・・・何とかしたいものですよね。特に、外出先で鼻水が止まらなくなると本当に厄介です。

そこでこの記事では、鼻水が止まらなくなる原因・つらい鼻水を抑える方法を紹介します。原因をつきとめて、鼻水の症状を緩和していきましょう。

  1. 鼻水の役割・鼻水が出るメカニズム
  2. 鼻水が止まらない原因となる病気・症状
  3. すぐに鼻水を止める方法
  4. 鼻水が止まらない根本原因を解消・緩和する方法

1.鼻水の役割・鼻水が出るメカニズム

鼻水の役割・鼻水が出るメカニズム

鼻水は鼻粘膜に潤いを与え、鼻の中に溜まったゴミや細菌を外に押し出す役割や、急な温度変化から鼻粘膜を守る役割を担っています。暖かい室内から急に寒い戸外へ出た場合や、料理から立ち上る湯気などを吸いこんだ場合に鼻水が出るのはそのためです。

健康な人の鼻の中では、毎日1~2リットル程度の鼻水が作られています。健康な人の鼻水は水のようにさらさらとしており、作られた鼻水は鼻の奥から喉を通って体内に流れ落ちていくため、鼻から出ることはほとんどありません。

2.鼻水が止まらない原因となる病気・症状

鼻水が止まらないのはなぜ?

黄色い鼻水や透明のサラサラした鼻水・粘り気のある緑色の鼻水など、鼻水の状態にもさまざまなものがあります。鼻水が止まらなくなることには必ず原因があり、鼻水の状態によって原因が分かる場合もあるのです。まずは鼻水が止まらなくなる原因にはどのようなものがあるか、ご紹介しましょう。

2-1.風邪

風邪

鼻水や鼻づまりがつらい風邪

鼻水が止まらなくなった時にまず考えるのが、「風邪を引いたかな?」ということでしょう。鼻水は風邪の初期症状として現れやすい症状のひとつです。鼻の粘膜には体内に侵入してきた細菌を防御する役割があるため、細菌を外に洗い流そうとした結果、鼻水が出ます

鼻水が出てきたときに鼻をすすると細菌が体内に戻ってしまうので、鼻をかんで外に出すことが必要です。風邪の引き始めはサラサラの透明な鼻水が出ますが、風邪が治るにしたがって黄色や緑色の粘り気のある鼻水が出るようになります。

2-2.副鼻腔炎

副鼻腔炎

どろっとした鼻水が出る副鼻腔炎

風邪を引いた後、いつまでも粘り気のある鼻水が止まらない…という場合は、副鼻腔炎が疑われます。副鼻腔炎は細菌感染が原因となっており、副鼻腔に炎症が起こることで膿が溜まり、悪臭を伴うどろっとした鼻水が続きます。副鼻腔炎は鼻水以外にも、頭痛や顔面痛、痰のからんだ咳等の症状が見られますので、おかしいと思ったらすぐに耳鼻科を受診してください。

副鼻腔炎の詳しい症状については、以下の記事で解説しています。
つらい副鼻腔炎の治し方を知りたい! 治療法と予防法を解説

2-3.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

透明な鼻水が大量に出る花粉症

アレルギー性鼻炎は、水のような透明の鼻水が止まらなくなるというのが主な症状です。現在、日本人の5人に1人はアレルギー性鼻炎持ちと言われていますので、いつ自分が発症してもおかしくありません。主に、ハウスダストが原因となる通年性アレルギー性鼻炎と、いわゆる「花粉症」と呼ばれる季節性アレルギー性鼻炎があります。

アレルギー性鼻炎の詳しい症状については、以下の記事で解説しています。
アレルギー性鼻炎と風邪の違いは? 正しく見極める4つのポイント

2-4.寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギー

温度差が原因の寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーとは、急激な温度変化によって生じる鼻炎です。1日のうちで7℃以上の気温差がある時期に発生しやすくなります。鼻水のほか、せき・頭痛・不眠・いらいら・食欲不振などが症状として現れることもあります。運動不足の女性に起こりやすい症状で、朝晩の気温差が激しい時期になると長い間悩まされる人もいるでしょう。

2-5.モーニングアタック

モーニングアタック

朝方に起こるモーニングアタック

モーニングアタックとは、朝に目を覚ましてからしばらくの間、くしゃみや鼻水が止まらない症状のことです。自律神経の乱れが原因といわれておりいます。昼や夜は症状が出ないので、朝だけくしゃみ・鼻水が止まらないという人は、自律神経を調えるように努力をすると症状が改善するかもしれません。性別や年齢を問わず現れる症状ですが、ハウスダストアレルギーの人が発症しやすい傾向にあるという説もあります。

2-6.ストレス

ストレス

自律神経の働きを乱すストレス

長期間にわたって強いストレスがかかると、自律神経が乱れることがあります。自律神経は胃腸の動きや発汗などをつかさどっており、鼻水やくしゃみも自律神経によって制御されているのです。そのため、自律神経が乱れると病気でなくてもくしゃみや鼻水が止まらないこともあります

鼻水が止まらないという場合、風邪・副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎・寒暖差アレルギー・モーニングアタック・ストレスなど、さまざまな原因が考えられます。鼻水の状態やその他の症状を照らし合わせて、どのような原因で鼻水が止まらないのかをセルフチェックしてみましょう。
同じ透明な鼻水でも、風邪・アレルギー性鼻炎・寒暖差アレルギーなど、さまざまな原因がありますね。黄色い鼻水の場合は、風邪の治りかけや副鼻腔炎が考えられるんですね。

3.すぐに鼻水を止める方法

鼻水を止める方法について

鼻水が止まらなくなると頭痛までしてくるし、鼻をかみすぎると耳が痛くなることも…。でも薬を飲むと眠くなってしまうし、一体どうしたら鼻水をスッキリ止めることが出来るのでしょうか。自宅で簡単に出来る鼻水の止め方をいくつかご紹介したいと思います。

3-1.ツボ押し

ツボ押し

ツボ押しで鼻水の症状が和らぐ

特にアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎に処方される鼻水止めの薬は非常に眠くなるので、「出来れば薬に頼らずに鼻水を止めたい」という人は多いでしょう。そんな時は、ツボ押しを試してみると意外と効きます。鼻水を止める効果のある代表的なツボには、眉毛の内側にある凹んだ部分「攅竹」や、目頭の脇にある「晴明」などがあります。この部分を刺激するとかなり鼻水が楽になります。

3-2.鼻うがい

鼻うがい

鼻の中がスッキリする鼻うがい

鼻うがいはドロドロとした粘り気のある鼻水が止まらないときに行うと鼻の中がスッキリして効果的です。まず、片方の鼻を押さえた状態で、もう片方の鼻から塩水を吸い込みます。そうすると喉の方に流れ込んでいくので、口から吐き出してください。数回繰り返しているうちに、驚くほど鼻水が止まっていることに気付くはずです。両方の鼻で実践した後、最後に鼻と口をゆすいでください。

鼻うがいの詳しいやり方については、以下の記事をご覧ください。
鼻うがいの効果は? 正しいやり方と注意点を解説

3-3.口に水を含んで飲み込む

口に水を含んで飲み込む

しばらく口に含んだ水を飲み込む

ほんの少しだけ水を口に含んだ状態でしばらく待ってから、最後に水を飲み込むという方法です。これだけで鼻水が止まることがあります。

実は、もともと鼻水は喉に流れているものなのです。しかし、風邪になると鼻水が大量に出るため、鼻の外に流れてしまいます。

口に含んでいる間に鼻水が口の方に誘導され、最後に水を飲み込んだときに鼻水も一緒に流し込まれるため、鼻水を止めることができるのです。

注意するべきポイント

鼻水が出そうになると、ついすすりこんでしまう人も多いと思いますが、これは副鼻腔炎や中耳炎の原因になるので、すすらずに鼻をかむようにしましょう。鼻をかむ際は片側ずつかんでください。力任せに両方一度にかむと、鼓膜などに悪影響が出ることもあります。

また、ドラッグストアなどで販売されている鼻水を止める点鼻薬は、劇的な効果があるため、使用している人も多いことでしょう。しかし、点鼻薬を使いすぎると鼻粘膜が肥大して、薬剤性鼻炎を発症する可能性があります。鼻粘膜が乾燥するドライノーズになることもあるでしょう。点鼻薬を使用する場合は用法・用量を必ず守り、1週間使用しても症状が改善しない場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

こんな簡単な方法で鼻水を止めることができるんですね!
上記の対策はあくまでも一時的に鼻水の症状を緩和するための方法です。根本的に解決するためには、原因となっている病気そのものを治療する必要がありますよ。

4.鼻水が止まらない根本原因を解消・緩和する方法

鼻水を緩和する方法

一時的に鼻水を止める方法は分かりましたが、やはり根本的な原因を解消して、鼻水をスッキリと止めてしまいたいものですよね。鼻水の根本原因を解消、緩和するにはどうしたらよいのでしょうか?

4-1.風邪の場合は薬に頼らず安静に

風邪の場合は薬に頼らず安静に

風邪薬に頼らないことも大切

風邪を引いて鼻水が止まらない場合、病院に行けば鼻水を止めるための薬が処方されます。
しかしこの薬は一時的に鼻水を止めるだけのもので、鼻水の原因となっている風邪を治してくれるものではありません。風邪を引いたときに熱が出るのは熱に弱いウイルスをやっつけるためであり、鼻水が出るのはウイルスを外に追い出すためです。

つまり、風邪を引いているとき、私たちの体はウイルスと戦っているのです。熱を下げる薬はこの戦いを邪魔するものであり、風邪を長引かせてしまう原因になります。あまりにもつらいときは薬に頼ることも必要ですが、基本的には薬に頼らず、暖かくして栄養を摂り、安静にしていることが一番の治療法です。

4-2.副鼻腔炎の場合は病院で治療を受ける

病院で治療

副鼻腔炎の治療は医師に相談を

副鼻腔炎は放置しておくと中耳炎や喉の病気を合併する可能性があるため、病院でしっかりと治療を受けてください。副鼻腔炎による鼻水は、根本的な治療を行わない限り止まらないことがほとんどです。

副鼻腔に溜まった鼻水は、自分でかんだだけではすべてを出し切ることはできません。専門の耳鼻科で吸引を行い、抗生物質を服用することで炎症を抑える必要があります。特に、慢性副鼻腔炎の場合は完全に治療が終わるまで時間がかかりますので、必ず耳鼻科に相談してください。

小さな子供の場合、「ずっと鼻水が出ている…」と思ったら副鼻腔炎だったということもよくあります。中耳炎を併発することもあるため、早めの相談が重要です。

4-3.アレルギー性鼻炎の場合は病院で治療を受ける

抗原が何かを調べる

アレルギー性鼻炎の多くは花粉症

アレルギー性鼻炎の場合は、何が原因でアレルギーを起こしているのか調べる必要があります。アレルギー性鼻炎の原因となる抗原は、ほとんどが花粉かハウスダストです。まずは皮膚テストやIge抗体検査で、抗原を調べましょう。アレルギー性鼻炎は、抗原の除去や回避、抗アレルギー薬の服用によって症状が緩和されます。

風邪のように一時的な症状の場合は数日で治ってしまうことが多いですが、何日経っても改善しない場合は、耳鼻咽喉科などの専門医に相談することが大切です。風邪が長引いているという場合にも、患者さんの症状に合わせて最適な治療を提案してもらえるので、安心して受診してください。
やっぱり病院に相談するのが一番の近道なんですね!

まとめ

鼻水まとめ

いかがでしたか?

  • 鼻水が止まらなくなる病気や原因
  • 鼻水を止める方法
  • 根本原因を解消・緩和する方法
  • 早い段階で耳鼻科に相談しよう

鼻水が止まらなくて困っているという方は、ぜひこの記事を参考にして解消法を考えてみてください。止まらない鼻水は体調不良のサインです。早めに対処して快適な生活を取り戻しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績