鼻水が黄色くなるのは危険信号? 蓄膿症・急性副鼻腔炎の恐れも!

黄色い鼻水が出る原因は? 考えられる病気や正しい対処方法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

黄色い鼻水は、風邪をはじめとする感染症の症状としてよく現れます。自然治癒することもありますが、「風邪は治ったのに、黄色い鼻水だけがいつまでも続く」と悩んでいる人もいることでしょう。長引く黄色い鼻水は、病院で適切な治療をしないと治らないこともあります。たかが鼻水と放っておくと、治療に時間と費用がかかる事態になるケースもあるでしょう。

そこで今回は、黄色い鼻水が出る原因や対処方法を解説します。

  1. 黄色い鼻水が出る原因
  2. 黄色い鼻水から考えられる病気
  3. 黄色い鼻水の治療方法
  4. 黄色い鼻水の予防方法
  5. 黄色い鼻水に関するよくある質問

この記事を読めば、病院へ行く目安も分かるでしょう。黄色い鼻水が頻繁に出る、一度黄色い鼻水が出始めると長引くという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.黄色い鼻水が出る原因

黄色い鼻水が出る原因

風邪をひいてしまうと鼻水がどんどん出てきますが、これは体の中に入っている菌をなんとか外に排出しようとする体の抵抗なのです。この抵抗を「生体防御反応」と言います。健康な時の鼻水は、透明でさらさらとしています。しかし、風邪などの感染症にかかると、鼻水の中に細菌やウィルス、白血球の死骸などが含まれるようになるため、黄色くなるのです。

鼻水が黄色いのは細菌やウィルス、白血球の死骸などが含まれるようになるからなんですね。
生体防御反応と言って、体の中に入っている菌をなんとか外に排出しようと体が抵抗しているのです。

2.黄色い鼻水から考えられる病気

黄色い鼻水から考えられる病気

黄色い鼻水が出ても、数日後に透明の鼻水に戻ったならば心配はいりません。しかし、鼻水の色が黄色いまま治らないという場合は注意が必要です。黄色い鼻水が出たときに考えられる病気をいくつか紹介します。

2-1.副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

黄色いネバネバとした鼻水から考えられる病気として1番に考えられるのが、副鼻腔炎です。副鼻腔と呼ばれる部分に膿がたくさん蓄積され、炎症が起こります。

息がうまくできなかったり、嫌なニオイが発生したりなど、さまざまな不具合をもたらすため注意が必要です。膿が3ヶ月以上蓄積され続けるとさらに悪化し、慢性副鼻腔炎になってしまいます。蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の症状は黄色い鼻水の他にもさまざまです。

  • 鼻水がどんどん出る
  • 息苦しくなる
  • 頭痛が伴う
  • 顔面が痛くなる
  • 鼻水がのどに流れる
  • 歯の痛み
  • 嗅覚や味覚がなくなる
  • 鼻がつまる

以上のような症状がみられる場合はかなりの確率で「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」になってしまいます。できるだけ軽い症状のうちに緩和しておくことが大切です。

慢性副鼻腔炎については、以下の記事で詳しく解説してください。
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善方法は? 原因・治療法などを徹底解説!

2-1-1.慢性副鼻腔炎(蓄膿症)のセルフチェック

  • 黄緑色の鼻水が出る
  • 鼻水がドロドロしている
  • 鼻汁がノドに垂れる
  • 鼻声になる
  • 頭がボーッとする
  • 鼻がよくつまる
  • 鼻や目の周り、頬が痛くなる
  • 匂いが分からなくなった

以上のような症状が少しでも当てはまるのであれば副鼻腔に膿が溜まっている可能性があります。すぐに耳鼻科を受診しましょう。よく花粉症や風邪と間違える人が多いのですが、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)は症状がまったく違います。特に注意してほしいのは「ドロドロとした鼻水」

花粉症や風邪の鼻水はドロドロとしていませんし、花粉症でみられる目のかゆみ、風邪でみられる発熱もありません。その点を把握し、自分でチェックしてみましょう。

2-2.好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎とは、難治性の慢性副鼻腔炎のことです。鼻腔内に多発性の鼻茸ができ、重症の場合は手術をしても再発する事もあります。厚生省の指定難病306に指定されており、中高年の男性に患者が多い病気です。

好酸球副鼻腔炎を発症すると、初期症状として黄色で粘性の鼻水が増加します。単独で発症することはごくまれで、気管支喘息・アスピリン不耐症の患者が発症することが多いでしょう。また、においの障害が起こりやすいことも特徴です。

2-3.副鼻腔真菌症

副鼻腔真菌症とは、真菌が原因で起こる副鼻腔の炎症のことです。症状が重篤になりやすい湿潤型と、症状が軽度な非湿潤型の2種類があります。

糖尿病や悪性腫瘍(ガン)にかかっていると発症しやすく、湿潤型を発症した場合は、真菌が副鼻腔を突き破って眼や脳に達することもあるため注意が必要です。

副鼻腔真菌症を発症すると、初期症状として黄色っぽく粘り気がある鼻水が出てくることがあります

2-4.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、アレルゲンが原因で抗原体反応が起き、鼻水・くしゃみ・鼻づまりといった鼻炎の症状が出る病気のことです。花粉症もアレルギー性鼻炎の一種になります。アレルギー性鼻炎には大きく分けて2種類あり、特定の季節だけ発症するもの(花粉症など)と、通年に渡り発症するものです。

アレルギー性鼻炎由来の鼻水は透明でさらさらしていることが多いのですが、症状が長引き細菌感染を起こすと、黄色く粘り気のある鼻水が出ることもあります

鼻水の色が黄色いまま治らないという場合は注意が必要なんですね。
副鼻腔炎・慢性副鼻腔炎・好酸球副鼻腔炎・副鼻腔真菌症・アレルギー性鼻炎などと言った病気の可能性があるでしょう。

3.黄色い鼻水の治療方法

副鼻腔炎の治療方法

黄色くて粘りのある鼻水が2週間以上続き、改善の兆しがない場合は耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。たかが鼻水と軽く考えてはいけません。

3-1.副鼻腔炎の場合

どのような状態になっているのかで副鼻腔炎の治療方法は大きく変わってきます。まだ初期段階の状態であれば、抗生物質を服用するだけで大丈夫なことが多いです。去痰剤・マクロライド・抗菌薬といった抗生物質を服用しつつ、吸入器を利用してくことになるでしょう。

このように、軽症であれば「局所療法」と「薬物療法」のみで改善できます。しかし、中等症・重症になると薬物・局所療法だけでは治らないケースが多いので注意しておかなければなりません。

医師の診断で副鼻腔炎が重症だと判断されれば、手術が勧められます。副鼻腔炎の手術としては「鼻外手術」と「(鼻内)内視鏡手術」の2通り挙げられます。「鼻外手術」では皮膚や歯茎にメスを入れることになるでしょう。

「内視鏡手術」は、メスは入れませんが内視鏡を活用しながら粘膜・鼻茸を切除していく方法です。症状を見ながら医師と相談して決めていくことになります。

3-2.好酸性球副鼻腔炎の場合

好酸球性副鼻腔炎の治療法は、まず抗生物質を内服して鼻水を透明にします。次に、ステロイドを服用して鼻茸を小さくしていく治療が一般的です。ステロイドは徐々に使用量を減らし、鼻茸が小さくなったら服用を止めて様子を見ます。鼻茸が再び増加したり小さくなったりしない場合は、内視鏡を用いた手術がすすめられるでしょう。完治することが難しい病気なので、症状が軽くなっても定期的な通院が必要です。

3-3.副鼻腔真菌症の場合

副鼻腔真菌症の治療方法は、病巣の洗浄や摘出が一般的です。投薬治療はあまり行われません。病巣が小さかったり局部的な場合は、洗浄すれば治りますが、病巣が大きい場合は手術で摘出します。

3-4.アレルギー性鼻炎の場合

アレルギー性鼻炎は、完治が難しい病気です。そのため、薬で症状を抑える治療方法が取られます。また、アレルギー性鼻炎が重症化した場合は、鼻の粘膜を焼く手術をすすめられることもあるでしょう。重症の場合は鼻水の原因となる後鼻神経を切断する手術が行われます。

黄色い鼻水が治らない時は耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診したほうがいいんですね。
症状に合わせて適切な治療を受ける必要があります。たかが鼻水と軽く考えてはいけません。

4.黄色い鼻水の予防方法

副鼻腔炎の予防方法

4-1.正しい鼻のかみ方を身につける

鼻は、片方ずつしっかりとかみましょう。片方の鼻を抑え、もう片方の鼻をしっかりとかむことがコツです。両方の鼻を一度に力任せに噛むと、耳の中(中耳)などを傷つける恐れがあります。

4-2.生活習慣を改善する

副鼻腔炎は、風邪から移行することも多い病気です。風邪は軽視されがちですが、「たかが風邪」と無理をしていると副鼻腔炎だけでなく、肺炎などを発症することもあります。風邪をひいたら無理をせずに休みましょう。また、マスクをして鼻やのどを保護するのもおすすめです。

4-3.鼻をすすらない

鼻がしっかりとかめないと、ついすすり上げてしまうこともあるでしょう。鼻をすすりあげると、副鼻腔炎や中耳炎の原因となります。子どもの場合はまだうまく鼻がかめないので、定期的に耳鼻咽喉科を受診し鼻水を吸ってもらうのが一番です。赤ちゃんの場合は、鼻吸い器を利用して、親が吸ってあげましょう。

4-4.定期的に耳鼻科を受診する

好酸球副鼻腔炎は、予防が大変難しい病気です。また、副鼻腔真菌症は、糖尿病や悪性腫瘍の患者や、免疫抑制剤を服用している人に発症しやすい傾向にあります。ですから、当てはまる人は定期的に耳鼻科・耳鼻咽喉科で鼻の状態を診てもらいましょう。また、黄色い鼻水が出たらすぐに病院を受診してください

4-5.できるだけアレルゲンを避ける

アレルギー性鼻炎は、ある日突然発症することもあります。花粉やハウスダストなどアレルゲンになりそうなものにできるだけ触れないことが、予防法になるでしょう。花粉の季節は、洗濯物を室内干ししたり、マスクやメガネを着用しするのも効果的です。ハウスダスト対策としては、こまめに掃除を行いましょう。

正しい鼻のかみ方を身につけることで予防ができるんですね。
ほかにも、鼻をすすらない・生活習慣を改善する・定期的に耳鼻科を受診する、などの予防方法があります。

5.黄色い鼻水に関するよくある質問

副鼻腔炎を放っておくとどうなりますか?

ここでは、黄色い鼻水で悩む方から寄せられることの多いよくある質問を回答とともに紹介します。ぜひ、参考にしてください。

Q.黄色い鼻水は自然治癒することはありますか?
A.風邪が原因ならば、1週間もすれば自然に治るでしょう。

Q.黄色い鼻水で病院を受診する目安は何ですか?
A.1週間以上鼻水が続き、改善する様子がない場合は受診してください。

Q.黄色い鼻水は赤ちゃんでも出ますか?
A.もちろんです。鼻水が鼻に詰まると苦しいので、鼻吸い器で吸ってあげましょう。

Q.黄色い鼻水と緑色の鼻水の違いは何ですか?
A.両方とも、細菌やウィルスが含まれており、その種類によって色が変わることがあります。

Q.副鼻腔炎を放っておくとどうなりますか?
A.慢性化し、常にひどい鼻づまりや顔面痛・頭痛・後鼻漏などの症状がでることもあるでしょう。

黄色い鼻水は放置することで病気になってしまいますから、気になったらすぐに耳鼻科に相談してください。

まとめ

副鼻腔炎のまとめ

黄色い鼻水を放置しておくと蓄膿症や急性副鼻腔炎といった怖い病気になってしまうことが分かったと思います。もし、「最近鼻水が黄色になってきた」「ドロドロとした黄色い鼻水が気になる」と思うのであればすぐに耳鼻科に相談してください。

何事においても1人で自己解決するのではなく、一度専門医に相談してみて判断を仰ぐことが1番です。

早く耳鼻科に相談しておけばよかったと後悔しないためにも、できるだけ早めに受診することが大切です。実際に、早く耳鼻科に診せたことで蓄膿症を免れた人もたくさんいます。

蓄膿症や急性副鼻腔炎になってしまうとそう簡単に治すことはできないため、長く病院に通い続けなければなりませんし、鼻水や痛みに耐えていかなければなりません。この機会に、一度近くの耳鼻科を受診してみましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績