つらい鼻風邪を早く治す5つの方法

くしゃみや鼻水などがつらい! 鼻風邪を早く治す5つの方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

くしゃみや鼻水などにお悩みではありませんか? 風邪をひいたとき、特に厄介なのが、鼻水が止まらないという症状。鼻水は風邪と深い関係があり、鼻水の症状が強い風邪のことを通称「鼻風邪」といいます。鼻風邪を早く治すためには、一体どのような対処方法をとればいいのでしょうか?

この記事では、鼻風邪の原因や症状、早く治す方法などを紹介します。

  1. そもそも鼻風邪って?
  2. 鼻風邪になる原因は?
  3. 鼻風邪を早く治す方法は?

1.そもそも鼻風邪って?

風邪の時に鼻水が出るのは初期症状の1つで、鼻風邪は本格的な風邪になる初期の段階ということです。主な症状に「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」ですが、鼻の片側だけが詰まるのも鼻風邪に入ります。

鼻風邪は、鼻の中心で炎症が起こります。そのため、悪化してしまうと鼻の奥の方まで炎症が起こってしまい副鼻腔炎などの病気に発展することがあります。鼻風邪と診断されている間は鼻の粘膜部分だけで炎症が治まっている状態です。

鼻水が主な症状として出る感染症や、鼻腔内の炎症が鼻風邪と診断されるんですね。
はい。しかし、ここで無理をすると症状が重篤になったりするので、しっかり療養してください。

2.鼻風邪になる原因は?

人は呼吸をする時に口や鼻といった呼吸器を使います。基本的に人間は口を閉じた状態でいるので鼻を使った呼吸が主です。(常日頃から口を開けっ放しの人はいないですよね?)

そのため、鼻は外からの菌や異物の侵入を防ぐ働きをしなければいけません。その役目を果たしているのが、鼻の粘膜です。

鼻水は外から入ってきた菌を洗い流すために出てきたり、くしゃみも同じで鼻に入った菌を外に排出するために出ます。鼻風邪は菌の侵入を防いでいる状態ということです。

風邪がはやる季節は、どうしても鼻風邪をひきやすくなりそうですね。
はい。人ごみを避けたり、風邪をひいた人にはできるだけ近づかないようにしたりしましょう。

3.鼻風邪を早く治す方法は?

鼻風邪は長引くと他の部分にも影響が出てきます。できるだけ早く治したいですよね? 鼻風邪を治すための方法をいくつか紹介したいと思います。

3-1.耳鼻科の受診

ただの鼻水だからほっておけば治ると思って、鼻水だけで病院を受診する人は少ないかもしれません。しかし、鼻水が出るということは菌が体に侵入しようとしている証拠。軽く考えずに耳鼻科を受診しましょう。

3-2.体を温める

体を温めると免疫力がアップします。風邪を引いている時に体を温めるのと同じ原理なので、温かい飲み物を飲んだり生姜湯などで体の中から温めましょう。

3-3.鼻を温める

鼻の周りにある血行をよくすることで鼻づまりの解消ができます。そのため、鼻づまりで息苦しい時には温かいタオルで鼻を温めましょう。

3-4.蒸気を使って鼻づまりの解消

お風呂に入ったときやラーメンやうどんといった温かい物を食べる時に鼻水が出てきた経験はありませんか? 温かい蒸気には鼻水を出す効果があります。鼻風邪で鼻づまりを起こしているときには蒸気を吸うことによって鼻の通りが楽になります。

3-5.ツボ押し

鼻づまりに効果のあるツボがあります。一番有名なのが「迎香」です。小鼻の両脇にあるくぼみのことで、この部分を指で刺激すると鼻づまりが解消されるといわれています。

鼻風邪と侮らず、耳鼻科を受診するのがおすすめなんですね。
はい。そして耳鼻科を受診したからといって安心せず、しっかり体を休めてください。

まとめ

つらい鼻づまりは風邪の初期症状の一種で鼻の粘膜が菌と戦っている証拠。できるだけ薬に頼らずに鼻風邪を早く治すためには、

  • 体を温めて免疫力アップ
  • 鼻を温めることで鼻づまり解消
  • 温かい蒸気を鼻に当てることも効果的

それでも鼻風邪の症状が改善しない場合は、市販薬よりもしっかり耳鼻科を受診して薬を処方してもらいましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績