鼻ポリープは手術が必要? 主な症状や治療方法・予防法などを紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻のポリープは、鼻茸(はなたけ)とも呼ばれています。ほとんどの鼻ポリープは、副鼻腔の開口部付近に発生し、鼻づまりが主な症状です。特に、アレルギー性鼻炎や喘息持ちの方に発生することが多く、悪化すると呼吸困難に陥る恐れがあります。

早めに治療すれば点鼻薬などで改善できる可能性がありますが、放置するほど困難になり、手術せざるを得なくなるケースもあるのです。

本記事では、そんな鼻ポリープの特徴や治療方法などについて解説します。

  1. 鼻ポリープの特徴を知ろう!
  2. 鼻ポリープができたときの症状と影響
  3. 鼻ポリープの治療方法
  4. 鼻ポリープは手術が必要?
  5. 鼻ポリープに関してよくある質問

この記事を読むことで、鼻ポリープの早期治療ポイントや改善のコツなどが分かります。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

1.鼻ポリープの特徴を知ろう!

まずは、鼻ポリープの特徴をチェックしておきましょう。原因を突き止め、症状を改善するためには、特徴を把握することが大切です。

1-1.鼻腔(びくう)内で発生するポリープ

鼻ポリープは、鼻腔内に発生する病気です。涙のしずくのような形をしていることが多く、副鼻腔の開口部付近にできやすい傾向があります。大腸や膀胱(ぼうこう)などにできるポリープと異なり、鼻ポリープはガンのリスクがほとんどありません。基本的に、炎症が起きることで発生する増殖性病変となります。

主に、副鼻腔の感染症に伴って生じることがほとんどなので、慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎を持っている方は発生する可能性が高いといえるでしょう。

1-2.確かな原因は不明

鼻のポリープが発生する原因は、未だ明かされていません。主な原因として考えられるのは、炎症生産物説とアレルギー説の2つです。

炎症生産物説は、慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎によって出る分泌物の刺激で粘膜がむくみ、腫れることで鼻ポリープが発生します。

そして、アレルギー説は、鼻茸の組織中にIgE抗体や好酸球などのアレルギー物質が存在することから、局所のアレルギー反応が起こり鼻茸が生まれるという説です。感染とアレルギーが原因として最も有力となっています。

1-3.副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎・気管支喘息が関係している

鼻ポリープは、副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎・気管支喘息といった病気や症状が大きく関係しています。これらの病気と合併する可能性が高いので、注意しておかなければなりません。それぞれの特徴は以下のとおりです。

副鼻腔炎

急性副鼻腔炎が改善できず慢性化したもの。粘膜の腫れがひどくなり、鼻の中に鼻ポリープが発生しやすくなる。

アレルギー性鼻炎

鼻の粘膜で抗原と抗体が反応し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起きる。頭痛・頭重感・食欲不振を伴うこともある。

気管支喘息

発作性の呼吸困難や咳(せき)をくり返す疾患。慢性的な炎症が気道に起こり、呼吸しにくくなる。呼吸困難になって生命の危機を感じたりする場合もある。

これらの症状が出ている場合、鼻ポリープができやすい状態である可能性があります。

2.鼻ポリープができたときの症状と影響

鼻ポリープができたときは、一体どのような症状が起きるのでしょうか。日常生活における影響についても詳しく解説します。

2-1.鼻づまり・鼻水・嗅覚障害が起きる

鼻ポリープの患者で最も頻度の高い症状は、鼻づまりです。空気の通り道となる副鼻腔の開口部付近に発生することが多いため、空気が吸い込みにくくなり、鼻づまりを起こします。鼻づまりの次に顕著に現れる症状が、鼻水・嗅覚障害・くしゃみなどです。ほとんどの人は初期症状では鼻ポリープが発生していることに気づきません。早期発見がしにくい点も、鼻ポリープの特徴といえるでしょう。

2-2.少しずつ嗅覚が失われ、顔面の痛みが出てくる

鼻ポリープは時間が経過するたびに、増殖したり大きくしたりするのが特徴です。そのため、嗅覚がどんどん失われては、顔面に痛みが出てきます。目の周囲のかゆみ・鼻からの過剰な分泌物といった症状が現れたときは、鼻ポリープが大きくなっている証拠です。そのまま放置すると、慢性感染症が生じることがあります。

また、鼻水がのどにまわる後鼻漏を発症することもあるでしょう。鼻ポリープをきっかけに、さまざまな症状が出てきては発症のリスクが高まるのです。

2-3.両側性鼻茸・後鼻孔ポリープの疑いも

もし、鼻づまりが鼻の両側にわたって発症した場合、両側性鼻茸または後鼻孔ポリープの疑いがあります。両側性鼻茸は、両側の鼻に同じタイミングで鼻茸が発生するため、高度の嗅覚障害が起こるでしょう。後鼻孔ポリープは、上顎洞粘膜の慢性炎症が原因で後鼻孔までポリープが広がっている状態です。

2-4.日常生活に支障をきたすこともある

鼻水や鼻づまりが毎日続くと、体力・精神面どちらにおいても大きな負担となります。最初は安易に考えてしまいがちですが、どんどん症状が重くなり、毎日がつらくて仕方がなくなるでしょう。集中力が低下し、仕事でミスが増えたりとさまざまな場面で悪影響を及ぼします。また、ストレスを積み重ね、心にも悪い影響が出てしまいがちです。

3.鼻ポリープの治療方法

では、鼻ポリープができた場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか。ここでは、主な治療方法と検査・診断方法などについて解説します。

3-1.問診でアレルギー性鼻炎などの有無をチェックする

最初に行われるのが、問診です。どのような症状が起きているのか・アレルギー性鼻炎の傾向があるかなど、医師の質問により具体的に答えてください。問診では、アレルギー性鼻炎・気管支喘息の合併・アスピリン過敏性の有無などをチェックします。

そして、鼻腔ファイバーとも呼ばれる内視鏡で、実際に鼻の中の状態を確認するのです。内視鏡を使って、鼻ポリープの位置や大きさ・状態を確認し、ほかにも発生していないかどうか観察します。場合によっては、鼻汁の性状やCTなどの画像診断・鼻汁細菌検査・アレルギー検査も行うこともあるでしょう。

3-2.治療の目的は症状改善

鼻ポリープの治療目的は症状改善であって、完治することではありません。どうすれば鼻づまりや嗅覚障害などの症状を和らげることができるのかを考え、治療を行います。症状改善に務めることで、後鼻漏や睡眠呼吸障害などの付随症状も改善できるでしょう。

一般的に、全身的薬物療法を採用することになりますが、それで改善できない場合は手術を選択することもあります。

3-3.抗アレルギー薬の内服、ステロイド薬の点鼻

全身的薬物療法で用いられる薬は、抗アレルギーやステロイド薬が一般的です。抗アレルギー薬は内服、ステロイド薬は点鼻薬として使います。だいたいのポリープは、薬の使用で小さくなりますが、約1か月ほど続けても小さくならないようであれば手術が必要になるでしょう。

薬を少しずつ使いながら、ポリープの状態を観察し、適宜量を調節することが大切です。薬を多く使ったほうが治りが早くなると思われがちですが、逆に症状が悪化する恐れがあるため、必ず医師の指示に従ってください。

4.鼻ポリープは手術が必要?

ここでは、鼻ポリープの手術について詳しく解説します。

4-1.鼻ポリープがくり返し発生する場合は手術を

アレルギーや感染を抑えられない場合、鼻ポリープの治療を受けても再発する可能性があります。何度もくり返し発生する場合は、手術で根本的な原因を排除しなければなりません。たとえば、重度の症状がある場合は、鼻中隔の一部を切除または矯正することになるでしょう。

また、副鼻腔に感染が頻発する場合も、手術による鼻ポリープの切除が必要です。ただし、手術の出来によって、さらに鼻ポリープができてしまう恐れがあります。手術を選択する際は、病院選びが大きなポイントになるでしょう。

4-2.内視鏡を使用した手術が一般的

鼻ポリープに関する手術は、内視鏡を用いるのが一般的です。鼻の中はとても狭いので、肉眼では確認しづらいところがあります。内視鏡を使えば、鼻腔の中が分かりやすくなり、鼻ポリープを適切に除去できるというわけです。

慢性副鼻腔炎を伴う場合は、単なる鼻ポリープ切除だけでは再発を起こす可能性が高いため、鼻内副鼻腔手術を行うことになるでしょう。具体的な手術内容に関しては、実際に検査をし、副鼻腔の状態を確かめる必要があります。

4-3.日帰りで受けられる手術もある

手術=入院が必要というイメージがありますが、日帰りで受けられるところもあります。たとえば、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の実績が豊富な川村耳鼻咽喉科クリニックでは、日帰り手術または1泊2日手術に対応可能です。年間400件の確かな手術実績で、より状態に見合った手術を行います。仕事で忙しい方でも平日に手術を受けることができるでしょう。ぜひお気軽にお問い合わせください。

4-4.病院選びのポイント

前述したように、鼻ポリープの再発を防ぐためには、適切な手術を受ける必要があります。なるべく、鼻ポリープの手術実績がある病院を選ぶのがポイントです。ほかにも、病院選びで押さえておきたいポイントを下記にピックアップしたのでぜひ参考にしてください。

  • 鼻や耳の手術実績があるか
  • きちんと検査を行ってくれるか
  • 検査結果や治療内容について詳しく説明してくれるか
  • 日帰りまたは1泊2日の手術に対応しているか
  • 予約が取れやすいか
  • 手術後のサポートが充実しているか
  • 口コミや評判がいいか

4-5.術後のケアは定期検診

術後の再発を防ぐためには、定期検診が最も有効です。鼻ポリープの初期症状はほかの病状と似ているため、なかなか自分では気づけません。だからこそ、定期的に耳鼻咽喉科を受診し、鼻の中を調べてもらう必要があります。特に、術後からの一定期間は病状過程が重要です。定期的にチェックしてもらい、再発防止に努めましょう。

5.鼻ポリープに関してよくある質問

鼻ポリープに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.鼻ポリープに気づいたらどうすべき?
A.そのまま放置すると日常生活に与える悪影響が大きくなるため、すぐに受診することをおすすめします。特に、風邪でもないのに鼻づまりがひどい・以前、蓄膿症やアレルギー性鼻炎といわれたことがあるという方は、鼻ポリープの可能性が高いので早めに受診しましょう。鼻ポリープの有無をハッキリ調べ判明することで、不安な気持ちも少なくなります。

Q.全身麻酔が必要なケースは?
A.鼻ポリープの状態によって異なりますが、子どもの場合は全身麻酔を採用することが多いでしょう。手術はある程度大きくなってから出ないと体力がもたない傾向があります。けれども、鼻ポリープは早めに切除したほうが、大人になってからの影響を少なくすることができるのです。

Q.内視鏡下副鼻腔手術とは?
A.鼻の中に内視鏡を挿入し、TVモニターに映された映像を見ながら鼻内手術を行う方法です。従来の方法は唇の下を切開し、そこから鼻ポリープを切除していましたが、内視鏡を用いることで切開の必要がなくなりました。また、術中術後の出血や痛みを抑えることができ、鼻のそばにある脳や目に与える刺激も少なくできるのが大きなメリットです。

Q.鼻ポリープの手術時間・費用は?
A.手術時間は、片側で約30~60分です。鼻中隔の位置を変えたり矯正したりする場合は、さらに30分ほどかかる可能性があります。出血が多い場合も時間がかかるでしょう。また、手術費用は状態で異なりますが、鼻ポリープの切除だけか副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の手術を含むかどうかで大きく変わります。鼻ポリープの切除だけであれば、3割負担で片側4,000〜12,000円で済む場合もあるでしょう。あくまで目安となるため、具体的な費用は耳鼻咽喉科に確認してください。

Q.日常生活で気をつけておきたいポイントは?
A.副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が大きく関係しているため、なるべく鼻に刺激を与えない生活を送ることです。たとえば、規則正しい生活を送る・栄養バランスが整った食事を摂るなど当たり前のことを心がけましょう。

まとめ

鼻ポリープは、副鼻腔の開口部付近に発生しやすく、空気の通り道を塞ぎます。そのため、鼻づまり・鼻水などが主な症状です。放置するほど鼻ポリープが大きくなり、呼吸困難や喘息の悪化につながる恐れがあります。初期症状で気づくことは難しいですが、ひどい鼻づまりや顔面の痛みが出てきた際は早めに受診しましょう。悪化すると、内視鏡を用いた手術を受ける必要があります。手術を受ける際は、なるべく鼻ポリープの手術実績がある耳鼻咽喉科を選ぶことが大切です。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績