鼻風邪の対策法や治療法は? つらい症状をスッキリ解消する方法!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「鼻風邪がつらくて、対策方法や治療方法を知りたい」とお考えではありませんか。鼻水や鼻づまりがあると息がしづらくてつらいだけでなく、集中力が落ちて仕事や勉強に影響が出ることもあるでしょう。

今回は、鼻風邪の対策法や治療法について詳しく解説します。

  1. 鼻風邪はウイルス感染が原因の急性鼻炎
  2. 鼻風邪対策は安静と正しいかみ方が重要
  3. 鼻風邪の治療は耳鼻科へ
  4. 鼻風邪に関するよくある質問

この記事を読むことで、鼻風邪の対策についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.鼻風邪はウイルス感染が原因の急性鼻炎

最初に、鼻風邪の主な症状や原因などを見ていきましょう。

1-1.鼻水・鼻づまり・くしゃみが主な症状

鼻風邪とは、風邪の中でも鼻水・鼻づまり・くしゃみなど、鼻周辺に症状が集中しているもののことです。別名、急性鼻炎・普通感冒と呼びます。鼻風邪は1年中発症しますが、特に空気が冷たく乾燥しやすい冬場に多く見られるのが特徴です。

1-2.鼻風邪の原因はウイルス感染

鼻風邪の主な原因は、主に以下のようなウイルスに感染することです。

  • ライノウイルス:鼻風邪の主な原因となるウイルスで、発熱を伴わないことが多い
  • コロナウイルス:表面に花弁状の突起があるウイルスで、鼻水や鼻づまりのほか微熱を伴うこともある

また、鼻水が黄色のときはブドウ球菌に感染している可能性があります。鼻の粘膜がウイルスに感染すると、体がウイルスを体外へ出そうとして鼻水が多く分泌したりくしゃみをしたりするのです。

1-3.放置すると悪化し感染症のリスクが高まる

鼻風邪は放置してはいけません。放置すると鼻の炎症がますますひどくなり、鼻水や鼻づまりが悪化し、副鼻腔炎などに進行することがあります。また、鼻の下が荒れてしまったり集中力が亡くなったりして日常生活に大きな影響が出ることでしょう。また、無意識に口呼吸になりやすいのも問題です。口呼吸は、喉が乾燥したり雑菌やウイルスがそのまま体内に入り込んでしまったりして感染症になりやすく、睡眠不足の原因にもなります。鼻風邪は放置せず、すぐに対策してください。

2.鼻風邪の対策は安静と正しいかみ方が重要

鼻風邪の対策法を詳しく解説します。

2-1.鼻風邪対策の基本は睡眠と安静

十分な睡眠と安静が、鼻風邪対策の基本です。体がよく休まれば免疫力が高まって、風邪のウイルスを撃退できます。無理をして体を動かすと悪化し、症状が長期化したり治りにくくなったりするのでやめてください。たかが鼻風邪と侮らず、睡眠と安静を心がけて早めに治してしまいましょう。

2-2.鼻水は強くかみすぎないこと

鼻水が出て困るときでも、強くかみすぎないでください。強くかむと、鼻血が出たり耳が痛くなったり、中耳炎や副鼻腔炎の原因になることがあります。正しいかみ方は、片方ずつ・ゆっくり・小刻みに行うことです。また、鼻水をぬぐうときは鼻の下が荒れないように、できるだけやわらかいティッシュペーパーを使うといいでしょう。

2-3.鼻づまりには鼻周辺を温めたりツボを刺激したりする

鼻周辺を温めると鼻づまりによく効きます。蒸しタオルを作って、鼻周辺を覆うようにかぶせ、温めましょう。鼻腔が広がり粘膜の血流がよくなることで、鼻づまりが解消されやすくなります。また、ツボを押すのもおすすめです。小鼻のすぐ両脇にある「迎香(げいこう)」を両手の親指でゆっくり押してみてください。息を吐きながら、やや強めに押すのがコツです。10回1セットとし、手が空いたときに行うといいでしょう。

2-4.くしゃみはマスク装着と加湿で対策

くしゃみ対策には、マスク装着と加湿をおすすめします。空気が乾燥していたり冷たかったりして鼻の粘膜が刺激を受けることが原因だからです。外出時には、必ずマスクをして鼻の粘膜に冷たい空気が入らないようにしましょう。また、家の中では加湿器を利用して、湿度を適正に保ってください。

2-5.鼻をむやみに刺激しないこと

鼻風邪を引いたときは、鼻を手でいじるなどむやみに刺激しないようにしてください。炎症がひどくなる可能性があります。また、鼻をかむときはで鼻水をできるだけ出しきることが大切です。残った鼻水をすすることで、ウイルスや雑菌が鼻の奥に流れ、副鼻腔炎などの原因になることがあります。

3.鼻風邪の治療は耳鼻科へ

鼻風邪の治療法について詳しく解説します。

3-1.症状が長引くときは病院へ

以下のような症状があるときは、すぐに病院に行ってください。

  • 徐々に症状が悪化している
  • 長期間治らない(2週間程度~)
  • 高熱を伴う
  • 呼吸困難がある
  • 鼻の奥が痛い
  • 耳が痛い
  • 黄緑色のどろっとした鼻水が出る

3-2.鼻風邪は耳鼻科の受診がおすすめ

鼻風邪は、耳鼻科の受診がおすすめです。耳鼻科は、鼻風邪の治療実績が豊富にあり、適切な治療を受けられます。主に吸引やネブライザーなどの鼻処置と投薬治療を行うことにになるでしょう。鼻風邪が長引くと慢性鼻炎になる恐れがあるため、早めに受診してください。

3-3.市販薬は一時しのぎにすぎない

市販薬は一時しのぎにすぎません。鼻風邪の原因を見極めず、単なる対症療法となるからです。多忙などで耳鼻科に通えず市販薬で対応するときは、薬剤師によく相談して症状・体質に合ったものを選んでもらいましょう。1週間程度経過しても症状が改善しないときは、早めに耳鼻科を受診してください。

4.鼻風邪に関するよくある質問

最後に、鼻風邪に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.鼻風邪を引きやすい人の特徴は?
A.以下のような人です。体内の免疫力が低くなっているため、鼻風邪を引きやすくなります。

  • 睡眠不足
  • 食事が不規則で栄養バランスが悪い
  • 冷え性
  • 大きなストレスを抱えている
  • 高齢者
  • 子ども

Q.鼻風邪を放置すると中耳炎になりやすいのはなぜ?
A.鼻水に細菌が繁殖し、中耳に移行しやすいからです。特に、子どもは鼻風邪が原因で中耳炎になることが多いので注意しましょう。

Q.鼻毛を切らないほうが鼻風邪対策になる?
A.一定の効果はあります。鼻毛は、鼻の粘膜に直接刺激が加わるのを避け、異物が体内に入りにくくする働きがあるからです。身だしなみとしてカットするときも、切りすぎないようにしましょう。

Q.鼻風邪を治療する耳鼻科の選び方は?
A.以下のポイントを参考にしてください。

  • 鼻風邪の治療実績が豊富にある
  • 治療方針を分かりやすく説明してくれる
  • 院内設備や備品が清潔
  • 医師・看護師・スタッフの感じがいい
  • 患者からの評判がいい
  • 通いやすい立地にある
  • 予約が取りやすい

なお、当川村耳鼻咽喉科クリニックも、鼻風邪の治療をお受けしています。まずは、早めにご相談ください。

Q.寝ているときの息苦しさを解消する方法は?
A.市販の鼻孔拡張テープを鼻に貼ると、鼻腔が開いて呼吸が楽になります。また、鼻を蒸しタオルなどで温めるのもいい方法です。加湿器を使用し、空気の乾燥を防ぐのもいいでしょう。

まとめ

今回は、鼻風邪の対策について詳しく解説しました。鼻風邪は、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどが主な症状です。高熱が出ないこともあり、軽く見てしまう人が多いのも事実でしょう。しかし、放置すると症状が長引いたり、中耳炎などを併発したりすることがあるので注意してください。まずは、十分な睡眠と安静が必要です。同時に、耳鼻科を受診して適切な治療を受けましょう。早期受診・治療を開始できれば、つらい症状から早く解放されます。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績