鼻づまりの主な原因は? 対処法・治療法を詳しく解説します!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「鼻づまりが治らない」とお悩みではないでしょうか。鼻づまりが起きると、息苦しくなる・集中力が落ちるなどの症状が出て困りますよね。まずは、何が原因かを突き止め、対策することが必要です。そこで、今回は、鼻づまりの主な原因や対処法・治療法を詳しく解説します。

  1. 鼻づまりの主な症状や原因は?
  2. 鼻づまりに関連する病気
  3. 鼻づまりの対処法
  4. 鼻づまりの主な治療法
  5. 鼻づまりの原因に関するよくある質問

この記事を読むことで、鼻づまりの原因について分かり、適切な対策や治療ができます。まずは、記事を読んでみてください。

1.鼻づまりの主な症状や原因は?

最初に、鼻づまりの主な症状や原因などを見ていきましょう。

1-1.鼻がつまるだけでなく、咳や耳の聴こえにも影響が

鼻づまりに伴って起こる症状には、以下のようなものがあります。

  • 鼻水が喉の奥に落ちる
  • せきやたんが出やすくなる
  • 左右が交互につまる
  • 片方だけつまる
  • 鼻水に血が混じる
  • 黄色~黄緑色で粘度の高い鼻水が出る
  • 耳が聞こえにくい
  • 集中力が下がる
  • 呼吸しにくい

1-2.鼻づまりが起こる原因やメカニズム

鼻づまりが起こる原因には、以下のようなものがあります。

1-2-1.鼻の骨・軟骨の変形

鼻の骨や軟骨が変形していると、鼻づまりしやすくなります。鼻中隔が大きく曲がっている・鼻中隔の外側にある下鼻甲介が厚いことなどが原因で、鼻水がうまく流れず、つまってしまうのです。

1-2-2.鼻の粘膜の腫れ

鼻の粘膜が炎症を起こすと、充血して腫れるため鼻づまりが起こりやすくなります。かぜなどのウイルス性の鼻炎や、アレルギー性鼻炎にかかると、鼻の粘膜が腫れやすくなるので注意しましょう。

1-2-3.異物混入やポリープなど

ティッシュペーパーの切れ端や小さな食品などの異物混入や、ポリープができることで鼻づまりが起こることがあります。異物やポリープが鼻腔内をふさいでしまうため、鼻水が流れなくなり鼻づまりを引き起こすのです。

2.鼻づまりに関連する病気

鼻づまりに関連する病気について詳しく解説します。

2-1.鼻炎や副鼻腔炎などの病気がある

鼻づまりを起こしやすい病気には、以下のようなものがあります。

  • かぜ
  • インフルエンザ
  • アレルギー性鼻炎
  • 妊娠性鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)
  • アデノイド肥大
  • 鼻茸(はなたけ)などのポリープ
  • がんなどの悪性腫瘍

2-2.長期化・悪化する鼻づまりは要注意

鼻づまりが長期間続いたり悪化したりする場合は、要注意です。鼻水の原因となる病気が悪化している可能性があります。また、片方だけ鼻づまりする場合も、ポリープや悪性腫瘍などが原因の場合があるので注意が必要です。長期化・悪化した鼻づまりは自然に治ることはなく、さらに進行してしまいます。速やかに病院を受診してください。

3.鼻づまりの対処法

自分でできる鼻づまり対策法や市販薬の選び方などを解説します。

3-1.蒸しタオルで鼻を温める

蒸しタオルで鼻を温めると、粘膜の血流が促進され鼻腔が広がることで鼻づまりが楽になることがあります。蒸しタオルを作るには、水にぬらしたタオルを固く絞り、ラップでつつんでから電子レンジで1分程度加熱すると簡単です。熱すぎないことを確認してから、鼻全体を覆うように乗せましょう。

3-2.鼻づまり解消のツボを押す

鼻づまりの解消に効果があるツボを押してみるのもいいでしょう。具体的なツボの種類や位置は、以下を参考にしてください。

  • 迎香(げいこう):小鼻の両脇で、少しへこんだ部分にあるツボ
  • 睛明(せいめい):鼻の付け根の両脇にあるツボ

ツボは、指の腹を使ってやや強めにゆっくり押すのがコツです。気がついたときに、1セット10回を目安にやってみてください。

3-3.鼻うがいをする

鼻うがいをするのも効果的です。具体的な方法や流れは、以下をご覧ください。鼻の穴に生理食塩水を注入するときは、「エー」と軽く声を出しながら行うと上手にできます。

用意するもの

  • ぬるま湯(38℃程度)
  • 食塩
  • ドレッシングボトル

方法

  1. 38℃程度のぬるま湯1Lに食塩9gを溶かし、生理食塩水を作る
  2. 生理食塩水をよく洗ったドレッシング用ボトルに入れる
  3. 前かがみの姿勢になり、顔をやや横に向ける
  4. 下側の鼻の穴を押さえながら、上側の鼻の穴にドレッシング用ボトルの先端から食塩水を注入する
  5. 鼻の穴から食塩水を出す(2~3回程度繰り返す)
  6. もう片方も同様に行う

3-4.市販薬は応急処置にとどめる

症状が軽い場合、市販薬を利用することもひとつの方法です。ただし、あくまでも応急処置にとどめ、鼻づまりが1週間以上続くときは病院を受診するようにしましょう。鼻づまりの市販薬には、以下のようなタイプがあります。

  • 飲み薬:1日数回、決まった量・タイミングで服用する
  • 点鼻薬:鼻の穴から噴射口を差し入れてスプレーしたり綿棒塗ったりする

なお、市販薬を選ぶときは必ず薬剤師に相談し、アドバイスを受けてください。体質や症状を見極め、合ったものを選ぶ必要があります。特に、市販の点鼻薬で血管収縮材の入ったものは、使いすぎると薬物性鼻炎の原因になることがあるので注意しましょう。市販薬よりも医師から処方を受けた薬を使用するべきです。

3-5.鼻を強くかまないこと

鼻づまりが気になっても、鼻を強くかまないようにしてください。強くかんでも鼻づまりは解消しません。むしろ、鼻や耳の粘膜が損傷する可能性があります。また、雑菌が混ざった鼻水が耳に流れると、中耳炎の原因になることもあるので気をつけてください。

4.鼻づまりの主な治療法

鼻づまりの治療法について詳しく解説します。

4-1.症状の悪化・痛み・呼吸困難などは受診を

以下の症状が見られるときは、速やかに病院を受診しましょう。

  • 日ごとに悪化する
  • 鼻水が黄色~黄緑色に変化した
  • 鼻水に血が混ざる
  • 鼻や鼻の奥が痛い
  • 呼吸が苦しい
  • 眠れない

4-2.信頼できる耳鼻科の選び方

鼻づまりの治療は、信頼できる耳鼻科で受けましょう。耳鼻科選びの際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 治療実績が豊富で技術力の高さに定評がある
  • 院内設備や備品の手入れが行き届いていて清潔
  • 治療方針の説明が分かりやすく丁寧
  • 治療費用が分かりやすいシステム
  • 医師・看護師・スタッフの感じがいい
  • 患者の評判がいい
  • 希望の日時に予約できる
  • 自宅や職場などから通いやすい

なお、当川村耳鼻咽喉科クリニックでも、鼻づまりの治療で豊富な実績があります。まずは、お気軽にご相談ください。

4-3.鼻づまりの原因となる病気の治療方法

耳鼻科では、視診やレントゲン・CT検査の結果などから鼻づまりの原因となる病気を確認し、以下のような方法で病気に対応した治療をを行います。

  • 通院治療:ネブライザーの使用・内服薬や点鼻薬の処方
  • 外科治療:外科手術により鼻腔内を広げる・異物を取り除く

治療方針は耳鼻科によっても異なるため、きちんと説明を受けておきましょう。

4-4.鼻づまりの治療薬

耳鼻科では、鼻づまりの症状や原因・患者の体質などによって、以下のような治療薬を使用します。治療薬の処方を受けたら、効果を最大限に出すためにも、必ず用法・用量を守って正しく服用・使用してください。

内服薬

  • 抗ロイコトリエン薬
  • 抗トロンボキサンA2薬
  • マクロライド系抗生物質
  • 抗炎症剤
  • 抗ヒスタミン剤

点鼻薬

  • 抗ステロイド点鼻薬

5.鼻づまりの原因や対策に関するよくある質問

最後に、鼻づまりの原因や対策に関する質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.春先にだけ鼻づまりになるのはなぜ?
A.花粉など、何らかの物質にアレルギー反応している可能性があります。耳鼻科でアレルギー検査を受けて原因物質を特定し、適切な治療を受けましょう。

Q.鼻うがい用の生理食塩水は作り置きしていい?
A.作り置きせず、鼻うがいをするたびに用意してください。作り置きをすると、雑菌やほこりが混入する恐れがあるからです。

Q.子どもの鼻づまりのサインは?
A.以下の症状があるときは、鼻づまりを疑いましょう。

  • 口呼吸をしている
  • 鼻水が黄緑色で粘度が高い
  • 頻繁に鼻に触れている
  • 夜寝るとせきをする
  • いびきをかいている
  • 夜中に頻繁に目を覚ます
  • 昼間にぼーっとしている

Q.市販の点鼻薬を使い続けるうちに鼻づまりがひどくなったのですが?
A.前述したように、血管収縮剤が入った市販の点鼻薬を使いすぎると、鼻の粘膜が肥大化し鼻づまりが悪化することがあります。医師に相談し、薬の使用を控えることを検討してみてください。なお、肥大の程度によっては、外科手術が必要になることもあります。

Q.眠るときに鼻づまりを軽減する方法は?
A.市販の「鼻腔拡張テープ」を使ってみるといいでしょう。鼻に貼ることで鼻腔が広がり、呼吸が楽になります。

まとめ

今回は、鼻づまりの原因について詳しく解説しました。鼻づまりの主な原因は、炎症による粘膜の腫れ・鼻腔内の変形・異物混入やポリープなどの腫瘍など、さまざまです。症状が気になるときは、鼻を温める・鼻うがいをする・ツボを押すなどで軽減できることがあります。しかし、根本的な原因を突き止め、治療することが大切です。信頼できる耳鼻科に相談し、適切な治療を受けてください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績