鼻の中にかさぶたができて気になる! その原因や対処法・予防法を紹介

鼻の中にかさぶたができて気になる! その原因や対処法・予防法を紹介

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「鼻の中がつっぱる感じがして、気になる」「鼻くそがたくさん出て、取りすぎると血も出てくる」こんな症状に悩まされている人はいませんか? このような症状は、鼻の中にかさぶたができたときに現れやすいものです。鼻の粘膜にできたかさぶたをはがすくせがついてしまうと、そこから細菌感染する可能性もあります。

今回は、鼻の中にかさぶたができる原因や対処方法・予防方法を紹介しましょう。

  1. 鼻の中にかさぶたができる原因や症状
  2. 鼻の中にかさぶたができた場合の対処方法
  3. 鼻の中にかさぶたができないようにする方法
  4. 鼻の中のかさぶたに関するよくある質問

この記事を読めば、病院へ行く目安などもよく分かります。鼻の中がつっぱるような不快感があり悩んでいるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.鼻の中にかさぶたができる原因や症状

鼻の中にかさぶたができる原因や症状

はじめに、鼻の中にかさぶたができる代表的な原因やそれに伴う症状を紹介します。

1-1.鼻の中にかさぶたができる主な原因は乾燥といじりすぎ

鼻の中にかさぶたができる主な原因は、乾燥と鼻のいじりすぎです。また、アレルギー性鼻炎などが原因で鼻の粘膜にかゆみを覚える人も、粘膜が腫れて傷つきやすくなっているため、かさぶたもできやすくなっています。

1-2.鼻の中がつっぱったり違和感を覚えたりしたら要注意

鼻の中にかさぶたができると、つっぱったような感じがしたり違和感を覚えたりします。「何だか鼻の中が気になる」といじった結果、大きなかさぶたが取れた経験がある人もいるでしょう。また、人によっては、かゆみやムズムズ感を覚えたり、鼻水は出ないのに鼻をかみたくなることもあります。

1-3.鼻くそとかさぶたの違い

鼻くそは、空気中のゴミや鼻の粘膜細胞などがまとまったものです。放っておけばそのまま体外へ押し出されます。ですから、鼻をかんだときに出てくることもあるでしょう。一方、かさぶたは出血などを止めるためにできるものですから、指で引っかくなどしなければ取れません。また、取った後にひりひりしたり出血したりすることもあるでしょう。

1-4.ドライノーズになっている可能性がある

ドライノーズとは、その名のとおり鼻の粘膜が乾燥している状態のことです。乾燥性鼻炎と診断されることもあるでしょう。ドライノーズは、湿度が30%以下の乾燥した場所で長期間過ごした場合に発症することが多いほか、鼻炎解消のための点鼻薬の使いすぎで発症することもあります。急に鼻の中がひりひりムズムズしだし、かさぶたがたくさんできるようになった場合はドライノ―ズを疑いましょう。

2.鼻の中にかさぶたができた場合の対処方法

鼻の中にかさぶたができた場合の対処方法

この項では、鼻の中にかさぶたができた場合のセルフケアの方法や、病院を受診する目安を紹介します。

2-1.かさぶたははがさない

かさぶたができると気になりますが、はがしてはいけません。指には雑菌がたくさんついており、キレイに洗っても細菌感染の危険があります。また、かさぶたをはがすとまた新たなかさぶたができるので、治りが遅くなるでしょう。また、かさぶたがある間は、鼻毛の手入れなどはしないようにしてください。

2-2.保湿を心がける

前述したように、鼻の粘膜が乾燥するとかさぶたができやすくなり、治りも遅くなります。また、かゆみが出ることもあるので、ついいじりたくなってしまうでしょう。ですから、保湿を心がけましょう。部屋が乾燥する場合は加湿器を利用したりぬれマスクなどを用いたりしてください。また、鼻の中に保湿軟膏(ほしつなんこう)を塗るのも効果的です。

2-3.病院を受診する目安

以下のような症状が出る場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。

  • がまんできないほど鼻の中がかゆい、もしくは痛みが続いている
  • かさぶたが次々とできている
  • かさぶたができた場所が膿(う)んできている
  • 触って分かるくらい鼻の粘膜が乾燥している

特に、アレルギー性鼻炎を発症している人は、症状が落ちついていても定期的に耳鼻咽喉科で鼻の様子を診てもらうといいですね。

3.鼻の中にかさぶたができないようにする方法

鼻の中にかさぶたができないようにする方法

前述したように、鼻の中を乾燥させないことが鼻の中のかさぶたを予防する方法としても効果的です。特に、冬は空気が乾燥しがちなので、湿度計などを準備して部屋が乾燥しすぎないように気をつけましょう。また、乾燥した場所に長期間いなければならない場合は、家で鼻うがいをするのも効果的です。鼻の中に潤いを与える点鼻薬も販売しているので、利用してみてもいいでしょう。

4.鼻の中のかさぶたに関するよくある質問

鼻の中のかさぶたに関するよくある質問

この項では、鼻の中のかさぶたに関するよくある質問を紹介します。

Q.鼻の中のかさぶたは、子どもでもできるものですか?
A.はい。特に子どもの場合は鼻の中のいじりすぎでできる可能性が高いでしょう。

Q.鼻の中にかさぶたができた場合、鼻のかみ方に注意点はありますか?
A.鼻はできるだけそっと片方ずつかみましょう。勢いよく両鼻を一度にかむと、それだけで鼻の粘膜が傷ついてしまう可能性があります。

Q.鼻の中がかゆくてしょうがない場合は、どうしたらいいですか?
A.耳鼻咽喉科を受診すれば、かゆみ止めの軟膏などを処方してもらえます。

Q.眠っている間に鼻の中が乾燥するようです。どうしたらいいでしょうか?
A.可能ならば、ぬれマスクをして眠ってください。また、保湿軟膏などを寝る前にぬっても効果が期待できます。

Q.アレルギー性鼻炎で鼻水が止まらなくても、鼻の中が乾燥することはあるでしょうか?
A.鼻水が止まらないうちはドライノーズになる可能性は低いのですが、鼻血混じりの鼻水が出るようになった場合や、鼻水は出ないのに鼻がムズムズしてしょうがない場合は、要注意です。

まとめ

鼻の中にかさぶたができる原因や対処方法についてのまとめ

今回は、鼻の中にかさぶたができる原因や対処方法を紹介しました。鼻の中は見えないので、気になるとつい指で引っかいたりしてしまいがちです。また、鼻くそと間違えて取ろうとやっきになってしまうこともあるでしょう。鼻の中が乾燥している感じがしたら、一度耳鼻咽喉科を受診してみましょう。「たかがかさぶた」と思っていると、そこから細菌感染を起こす可能性もあります。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績