虫歯から副鼻腔炎になることもある? そのメカニズムや治療方法を解説

虫歯から副鼻腔炎になることもある? そのメカニズムや治療方法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

「奥歯の虫歯をがまんしていたら、膿(うみ)のような鼻水が出てきた」「奥歯周辺が痛くなったので歯医者で診察してもらったが、虫歯ではなかったしかし、奥歯周辺は相変わらず痛い」といった症状で悩んでいる人はいませんか? 上あごと副鼻腔は近い場所にあるので、虫歯が副鼻腔の炎症の原因となることもあります。また、副鼻腔炎が歯の痛みを引き起こすこともあるのです。副鼻腔炎を発症している場合は、耳鼻咽喉科で治療が必要になります。また、虫歯が原因で副鼻腔炎が発症した場合は、歯科と耳鼻咽喉科両方で治療が必要です。

今回は、副鼻腔炎と虫歯や歯の痛みの関係を解説しましょう。

  1. 虫歯と副鼻腔炎の関係
  2. 鼻水が出て歯が痛い場合の対処方法
  3. 副鼻腔炎や虫歯に関するよくある質問

この記事を読めば、虫歯と副鼻腔炎の関連もよく分かります。虫歯と鼻水に悩まされている人は、ぜひ読んでみてください。

1.虫歯と副鼻腔炎の関係

はじめに、副鼻腔炎で歯が痛くなる理由や虫歯が原因で副鼻腔炎となるメカニズムについて説明します。

1-1.副鼻腔炎で歯が痛くなる理由

副鼻腔とは、鼻の周りにある空洞のことです。全部で4つあり、その中で奥歯と鼻の間にある空洞が、上顎洞になります。人によっては、奥歯のつけ根が上顎洞のすぐそばまで接していることもあるでしょう。副鼻腔炎とは、何らかの原因で副鼻腔に細菌やウィルスが入り、炎症を起こして膿(うみ)がたまる病気です。上顎洞で炎症が起きると、近い場所にある奥歯のつけ根や歯ぐきが影響を受けて痛むことがあります。上顎洞に膿がたまった場合は、上顎洞炎と診断されることもあるでしょう。

1-2.虫歯が原因で副鼻腔炎になることも

虫歯が進行すると、歯の根元まで虫歯菌が侵入することがあります。その結果、歯の根元が炎症を起こして上顎洞に膿がたまることもあるのです。特に、奥歯が虫歯になると上顎洞に影響が出やすいでしょう。(図1)

虫歯による副鼻腔炎

(図1)右の齲歯が原因で起こった副鼻腔炎のコーンビームCT。抜歯後に内視鏡下副鼻腔炎手術で改善しました。

また、虫歯の治療後何年もたってから、歯の根元が炎症を起こすこともあります。このような副鼻腔炎を、歯性上顎洞炎とも言うのです。特に、虫歯の治療で歯を削ってかぶせものをしている場合、細菌が侵入しやすい状態になっています。

1-3.副鼻腔炎の可能性があるときの症状

痛みの状態から、虫歯か副鼻腔炎を区別するのは大変困難です。虫歯ではないが歯が痛み、以下のような症状がある場合は副鼻腔炎の可能性があります。

  • 黄色くねばついた鼻水が大量に出る
  • 歯の根元だけでなく頬周辺にも痛みが出る
  • 歩く、ジャンプするなど頭部に衝撃や振動が伝わると痛みが強くなる
  • 頭を下げると痛みが強くなる
  • 鼻水から悪臭がする
  • 冷たいものや熱いものが歯にしみない

このような症状出ている場合は、副鼻腔炎が原因で歯に痛みが出ているかもしれません。

2.鼻水が出て歯が痛い場合の対処方法

この項では、副鼻腔炎と歯の痛みを治療する方法や、治療の内容などを紹介します。

2-1.耳鼻咽喉科と歯科、両方を受診する

副鼻腔炎は自然に完治するケースもありますが、適切な治療をしないと再発したり慢性化したりすることもあります。ねばついた黄色っぽい鼻水が1週間以上続き、改善の様子が見られない場合は耳鼻咽喉科を受診してください。

レントゲン検査をすれば、すぐに副鼻腔炎かどうか診断がつきます。ただし、レントゲンでは歯と副鼻腔炎の関係が診断困難な場合が少なくありません。このような場合はCT、特に歯の金属陰影の影響が少ないコーンビームCTでの診断が有用です。(図1)

なお、耳鼻咽喉科では歯の状態を診てもらうことはできません。歯の痛みが強い場合は、歯医者も受診してください。「副鼻腔炎で歯が痛いと思っていたら、虫歯も発症していた」というケースもあります。

2-2.耳鼻咽喉科の治療だけで症状が治まるケース

風邪などが原因で上顎洞内に細菌が入り、炎症を起こしている場合は、耳鼻咽喉科で治療を受ければ症状が治まります。副鼻腔炎の治療は、投薬や鼻水の吸引・ネブライザーで薬を鼻に直接噴射するなどです。治療には、1~2週間かかり、何度か来院して鼻の状態を診てもらいながら治療を進めていきます。

2-3.歯科と耳鼻咽喉科の両方で治療が必要なケース

虫歯が進行していたり、歯の根が炎症を起こしたりした結果、上顎洞にまで炎症が進んでしまった場合、歯科と耳鼻咽喉科両方で治療が必要です。歯科では、虫歯や歯の根の炎症を抑える治療を行います。ただし、虫歯が歯髄(しずい:歯の神経)まで進んでいた場合や、歯の根の炎症がひどい場合は抜歯をすすめられることもあるでしょう。

一方、耳鼻咽喉科では、前述したような副鼻腔炎の治療を行います。また、抜歯後、上顎洞と歯の根元に穴が開いてふさがらない場合は、穴をふさぐ手術をしなければなりません。

2-4.歯の根の炎症や虫歯を予防する方法

歯の根の炎症や虫歯を予防するには、定期的に歯医者で検診を受けることが大切です。虫歯は早期発見すれば、痛みなく治療をしてもらえます。また、奥歯の虫歯治療で被せものなどをした場合、半年~1年の頻度で状態をチェックしてもらいましょう。さらに、30代以降になると歯周病を発症する人が多くなります。歯周病を発症しても、歯の根元が炎症を起こすケースもあるので、虫歯になったことがないという人も、定期検診は大切です。

2-5.副鼻腔炎を予防する方法

副鼻腔炎は、風邪やアレルギー性鼻炎から移行するケースも多い病気です。特に、鼻をすすりあげることが多いと、副鼻腔に細菌やウィルスが移動しやすいでしょう。鼻風邪をひいたら鼻水をきちんとかんだり、病院で適切な治療を受けたりすることが大切です。アレルギー性鼻炎の場合も、鼻をすすりあげることを極力減らしましょう。また、定期的に耳鼻咽喉科で診察を受けることで、副鼻腔炎を予防しやすくなります・

3.副鼻腔炎や虫歯に関するよくある質問

この項では、副鼻腔炎や歯の痛みに関するよくある質問を紹介します。歯と鼻の症状が同時に現れているという方は参考にしてください。

Q.副鼻腔炎になると、急に歯が痛みだすこともあるでしょうか?
A.はい。突然痛みだすため、虫歯だと勘違いする人も多いでしょう。

Q.副鼻腔炎と鼻風邪の違いはなんですか?
A.風邪の場合は、鼻水以外にもせきや熱といった症状が出ます。また、鼻水は1週間もすれば止まることが大半です。熱が引いててせきも治まったが、鼻水だけが1週間以上続いている場合は、風邪から副鼻腔炎に以降している可能性があります。

Q.副鼻腔炎になると必ず歯も痛くなるものですか?
A.いいえ。上顎洞以外の副鼻腔が炎症を起こした場合は、歯の痛みが症状として現れないケースも多いでしょう。

Q.鼻水が出ない副鼻腔炎はありますか?
A.副鼻腔炎の最も初期の段階では、炎症が起こってはいるけれど鼻水が出ないこともあるでしょう。そのため、歯の痛みだけが症状として出ることもあります。また、鼻水が粘性の場合は、鼻づまりが症状として強く現れ、鼻水が出ないこともあるでしょう。

Q.虫歯がどのくらい進んだら、副鼻腔炎が併発しやすくなりますか?
A.虫歯がエナメル質や象牙質を溶かし、歯髄にまで達すると副鼻腔炎を発症しやすくなるでしょう。ここまで虫歯が進行すると、かなりの痛みが出るはずです。がまんせず治療を受けてください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、虫歯が原因で副鼻腔炎になるメカニズムや、副鼻腔が原因で歯が痛むケース、それらの対処方法を紹介しました。歯の痛みというと、真っ先に虫歯がイメージされますが、虫歯以外にも歯の痛みが症状として現れる病気はあります。また、副鼻腔炎も慢性化すると治療に時間がかかる病気なので、耳鼻咽喉科で適切な治療を受けましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績