痰絡みの咳が出てつらい! 原因や対処方法・病院を受診する目安は?

痰絡みの咳が出てつらい! 原因や対処方法・病院を受診する目安は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

痰が絡んだような咳(せき)が出てつらい。こんな症状に悩まされている人はいませんか? 痰は健康な人でも出るものですが、痰が絡んだ咳が長く続く場合は、喉や肺の病気の可能性があります。
そこで、今回は痰絡みの咳が出る理由や対処方法を紹介しましょう。

  1. 痰とは何か?
  2. 痰絡みの咳が出る原因
  3. 痰絡みの咳が出る際の注意点
  4. 病院を受診する目安
  5. おわりに

この記事を読めば、痰絡みの咳が出たときに病院へ行く目安なども分かります。痰絡みの咳が出やすいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.痰とは何か?

痰とは、気道から出る分泌物です。健康な人でも痰が出ますが、ほとんどが気道に再吸収されたり胃の方へ落ちこんだりして、意識することはありません。しかし、以下のような生活習慣があったり病気になったりすると痰の量や硬さが変化し、痰を外に出すために痰絡みの咳(湿性咳嗽:しっせいがいそう)が出ることがあります。

  • 喫煙
  • 気管支炎や肺炎といった気道や肺の炎症
  • 風邪などの感染症
  • 結核

2.痰絡みの咳が出る原因

この項では、痰の色や状態から痰絡みの咳が出る原因を解説しましょう。痰の色にはいろいろな情報がつまっています。

2-1.痰の色が白や黄色の場合

健康な人の痰は、無色透明に近い色です。痰の中にウィルスや細菌・白血球の死骸などが混じってると白い痰になります。白い痰が出続けると、やがて痰の色は黄色くなります(膿性痰:のうせいたん)。このような痰が出るのは、以下のような病気の可能性があるでしょう。

  • 風邪やインフルエンザなどの感染症
  • 肺炎
  • 慢性化した副鼻腔炎
  • 急性咽頭炎

こうした病気の場合は、痰絡みの咳のほか、喉の痛み・発熱・鼻水・鼻づまりといった症状が出ることもあります。

2-2.痰が緑色の場合

膿性痰は黄色のほか、緑色になることもあります。緑色の痰が出る場合は、以下のような病気が考えられるでしょう。

  • 肺炎
  • 気管支炎
  • 緑膿菌(りょくのうきん)による感染症
  • 重症化した慢性副鼻腔炎

特に、緑膿菌は重症化すると厄介です。緑色の痰が出続けている場合は、早めに病院を受診しましょう。

2-3.白や透明で、量が多い

白や透明な痰は、細菌やウィルスなどはあまり含まれていません。しかし、痰の量が多い場合は、以下のような病気の可能性があります。

  • 初期の気管支炎
  • インフルエンザ
  • アレルギー性気管支炎
  • 気管支喘息(きかんしぜんそく)

この時点で適切な治療を受ければ、症状は重篤化にくいでょう。

2-4.赤や茶色の痰

赤や茶色の痰が出る場合は、気管支や気道から出血している可能性があります。炎症がひどい場合や、咳のし過ぎで出血することがありますが、赤や茶色の痰が1週間以上出ているという場合は、慢性的に出血している可能性もあるでしょう。このような痰が出る場合は、以下のような病気の可能性があります。

  • 重度の肺炎や気管支炎
  • 肺がん
  • 肺結核
  • 重度のCOPD(慢性閉塞性肺疾患:長年の喫煙で発症しやすい)
  • 気管支拡張症
  • 肺梗塞症
  • 肺真菌症

赤や茶色の痰が1週間以上出ている場合は、至急、病院を受診してください。

2-5.ピンク色の痰

ピンク色の痰が出る場合は、血液の成分が肺胞や気管支内に漏れ出ている可能性があります。この場合は、肺水腫のように肺に水がたまっている場合や、心不全の前兆の可能性もあるでしょう。咳絡みの痰以外に、息苦しい・めまい・うっ血・息切れといった症状が出ている場合は、すぐに病院を受診しましょう。

3.痰絡みの咳が出る際の注意点

この項では、痰絡みの咳が出る場合の注意点を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.無理に咳をしない

痰が喉に絡むと不快なので、咳をして痰を吐き出そうと思う人も多いでしょう。しかし、無理に咳をして痰を吐き出そうとすると、空気の衝撃で気管支や気道が傷つくこともあります。また、高齢者の場合は、咳のし過ぎで肋骨が折れる可能性もあるでしょう。痰を出す咳の仕方については、こちらの記事も記載されているので、ぜひ参考にしてください。

3-2.痰を無理に飲みこもうとしない

痰絡みの咳が出る場合、粘り気のある痰が大量に出ることもあります。無理に飲みこもうとすると、痰が喉につまって窒息の危険性もあるでしょう。また、痰の状態が分からなければ、病気の判断もつきにくくなります。痰がせりあがって口から無理なく出そうな場合は、ティッシュなどに吐き出しましょう。無理に飲みこんではいけません。

3-3.部屋の湿度や温度を調節する

部屋が乾燥しすぎていたり、温度が低すぎたりする場合は、咳が出やすくなります。痰が絡んだ咳が出る場合は、湿度が55~60%前後に保ちましょう。また、室温は15℃以下にしないように注意してください。

3-4.マスクをつける・うがいをする

寒い冬、戸外へ行く場合はマスクをつけましょう。また、どうしても乾燥する場所に長期間滞在しなければならない場合は、適度にうがいをしてください。

3-5.水分補給をこまめにする

喉の粘膜が乾燥すると、余計に痰が絡みやすくなります。適度に水分を補給しましょう。しかし、冷たい飲みものは体に負担がかかります。常温か、温かい飲みものを飲みましょう。夜寝るときも、枕元に水分を置いておけば安心です。

3-6.飲酒・喫煙を控える

タバコの煙は、気管支や気道・肺に悪い刺激を与えます。自分が喫煙するのはもちろんのこと、タバコの煙が充満しているところには行かないようにしましょう。家族が痰絡みの咳をしている場合も、喫煙を控えてください。また、飲酒も気道に負担をかけます。痰絡みの咳が続いている場合は、飲酒を控えましょう。

4.病院を受診する目安

以下のような場合は、病院を受診しましょう。

  • 痰絡みの咳が2週間以上続き、改善する傾向が見られない
  • 痰が絡むことが多く、呼吸が困難になることがある
  • ピンク色の痰が出て、息苦しい
  • 赤や茶色の痰が1週間以上出続けている
  • 痰絡みの咳以外に、発熱や鼻づまり・鼻水・呼吸困難などの症状がある

まずは、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診し、必要ならば呼吸器科などへ紹介状を書いてもらってください。たかが咳・痰と侮っていると、病気が進行して治療に時間がかかるようになります。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は痰絡みの咳が出る場合の原因や、対処方法を紹介しました。痰が気になってしょうがないという場合は、気管支・気道・肺などに何らかの炎症や病気が起きている可能性があります。単なる風邪ならば、1~2週間以内に症状は改善するでしょう。しかし、それ以上症状が長引きそうならば、早めに病院を受診してください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績