鼻の中が臭いのはなぜ?原因やどんな臭いかを徹底的に解説します!

鼻の中が臭いのはなぜ?原因やどんな臭いかを徹底的に解説します!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻の中が臭いと感じたことはありませんか? 臭いと感じる場合は、病気が関連している可能性が高いでしょう。副鼻腔炎になると、自分だけではなく、他人(たにん)からも鼻息が臭いと感じられてしまうこともあります。副鼻腔炎になるとどんな臭いがするのか、臭くなるメカニズムなどを見ていきましょう。

  1. 鼻の中が臭い、その原因は?
  2. 副鼻腔炎で鼻の中が臭くなる原因
  3. 鼻の中が臭い場合の対処法
  4. 鼻の中が臭い場合によくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、鼻の中が臭い原因がよく分かり、副鼻腔炎など病気に関する知識も得ることができるでしょう。対処法なども身につけてください。

1. 鼻の中が臭い、その原因は?

鼻の中でどんな臭いがするのか、原因には何があるのかを見ていきましょう。

1-1.どんな臭いか?

鼻の中が臭い場合、ドブのような腐敗臭がします。生ゴミの臭いに似ていると表現する人もいるでしょう。鼻の奥から臭いを発するため、自分で実感できるのが特徴です。

1-2.原因は何か?

1-2-1.副鼻腔炎

最も多い原因は、副鼻腔炎です。副鼻腔炎とは、鼻の奥にある副鼻腔(ふくびくう)に炎症が起こり、膿(うみ)が溜(た)まる病気で、強烈な臭いを発します。

1-2-2.そのほかで考えられる原因や病気

鼻水が喉の奥に流れ込む、後鼻漏という症状があります。副鼻腔炎でも起こる症状です。臭鼻症(しゅうびしょう)と呼ばれる病気もあり、自分の鼻が臭いと感じます。臭鼻症(しゅうびしょう)は鼻炎の1つで、比較的認知度が低い病気です。とはいえ、臭いを感じることで不快な状態が続き、精神的不安を抱える方も少なくありません。しかし、認知度が低いのには理由があります。なぜなら、患者数が少なく、受診時もさほど気にされない傾向にあるからです。

2.副鼻腔炎で鼻の中が臭くなる原因

副鼻腔炎は、臭いを感じやすい病気で、長引く危険性もあります。臭いを感じるメカニズムなどを覚えておきましょう。

2-1.副鼻腔炎の場合、鼻の中でする臭いの特徴

副鼻腔(ふくびくう)に膿(うみ)が溜(た)まるため、鼻水自体もドロっとしたものになります。ドロドロの鼻水が鼻腔(びくう)に流れ、納豆や生ゴミのような臭いを発するのです。すなわち、鼻の中に死滅した白血球や細菌が蓄積して粘膜に付着し、悪臭を放っていることが分かります。そのため、鼻の中が臭いと感じるのです。

2-2.副鼻腔炎のメカニズム

副鼻腔炎は、細菌が副鼻腔(ふくびくう)に繁殖し、炎症を起こす病気です。とはいえ、細菌感染との関連なく発症する例もあります。慢性化する場合と長期治療を要する場合もあるのです。

2-3.臭くなるメカニズム

前述したとおり、鼻腔(びくう)内に溜(た)まった膿(うみ)が、外へ排除できずに鼻の中に残ります。膿(うみ)には死滅した白血球や細菌がたくさんあるため、通常では感じない臭いを放つとされているのです。

3.鼻の中が臭い場合の対処法

鼻の中が臭いと、不快な思いをし続けることになります。対処法を身につけ、少しでも症状を楽にしましょう。

3-1.耳鼻咽喉科へ受診

副鼻腔炎の治療は、耳鼻咽喉科で行います。副鼻腔炎の検査を受け、正しい診断を受けることが大切です。治療は、鼻洗浄・薬・点鼻薬・ネブライザーなどを使うことがほとんどでしょう。鼻洗浄は、鼻の中に残っている細菌などを洗い流す効果があり、さっぱりした感覚を抱くことができます。すなわち、病原菌そのものを外部へ出してしまうため、治りが早くなるのです。定期的に受診し、経過観察と処置を行うようにしましょう。

3-2.自分でできること

鼻の中が臭いと感じるようなら、自宅でも鼻うがいをしてみましょう。鼻うがいは、体液に近い浸透圧の生理食塩水を使うと、痛みを感じにくいものです。たとえば、ぬるま湯に小さじ1杯程度の塩を加え、よくかき混ぜて使うなど、生理食塩水の代用品でも構いません。鼻うがいで、鼻の中に溜(た)まった鼻水を排出し、鼻のとおりがよくなるでしょう。

3-3.鼻の中が臭いときの対処法における注意点

病院で治療を受けるときは、鼻水や鼻づまりといった症状以外に、臭いが気になると自己申告することが大切です。副鼻腔炎の正確な診断には、臭いがポイントになります。一方、臭いを申告しなかったために、風邪と診断して終わってしまうケースも珍しくありません。そのため、症状はきちんと伝えることが重要なのです。

4.鼻の中が臭い場合によくある質問

鼻の中が臭いと、周囲にも影響を与えているのではないかと不安に感じますよね。質問集を用意しました。

Q.市販薬でも副鼻腔炎(びくう)は改善できるのか?
A.副鼻腔炎は細菌感染の病気であるため、市販薬では完治できません。抗生物質を使った病院での治療となります。

Q.鼻洗浄をするだけでも臭いは気にならなくなる?
A.鼻洗浄や鼻うがいをするだけでも、臭いはずいぶん緩和されるでしょう。ただし、膿(うみ)は再び出てきます。そのため、繰り返し治療やケアを行うことが大切です。

Q.鼻の中にかさぶたができるのはなぜか?
A.炎症を起こしている部位から浸出液が染み出し、かさぶたを形成したのでしょう。無理に取り除かず、そのまま経過を観察しましょう。

Q.副鼻腔炎の初期は透明の鼻水なのか?
A.はい、そうです。症状が進むに従い、黄色いドロっとした鼻水に変化します。初期段階では臭いもさほどしません。

Q.鼻の中の臭いだけではなく、口も臭くなるのは本当か?
A.本当です。鼻と喉はつながっており、膿(うみ)が喉へと流れ、腐敗した臭いを発します。歯磨きをするのも大切ですが、きちんと副鼻腔炎の治療をしない限り、根本的な解決には至らないでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 鼻の中が臭いと感じると、どんな原因が潜んでいるのか不安になることでしょう。臭いは納豆や生ゴミのような場合もあり、不快な症状に苦しめられます。副鼻腔炎が原因で起こる臭いを解消するためには、耳鼻咽喉科を受診して治療を受けることが必要です。薬や点鼻薬以外に、ネブライザーや鼻洗浄を行う治療が用いられています。自宅でも鼻うがいを実践すると、臭いが気にならなくなるでしょう。鼻の中の臭いは他人(たにん)にも伝わります。対処法を覚えておき、早めに改善するようにしてください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績