鼻水が緑色になるのはなぜ? 原因と対処・治療法をチェック!

鼻水が緑色になるのはなぜ? 原因と対処・治療法をチェック!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

鼻水はゴミやウイルス・細菌をくっつけて体外に出し、体への侵入を防ぐフィルターのような役割を担っていますが、そのときの体の状態によって色や状態が変化します。たとえば、緑色の鼻水が出た場合は、「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」を発症している可能性があるのです。副鼻腔炎は放置すると、慢性化し、日常生活にも支障をきたします。早めに治療を行うためにも、緑色の鼻水の正体をチェックしておきましょう。

本記事では、緑の鼻水の原因・考えられる病気・対処法について解説します。

  1. 緑の鼻水が出る原因は?
  2. 緑の鼻水から考えられる病気は?
  3. 緑の鼻水を止める対処法
  4. 緑の鼻水に関してよくある質問

この記事を読むことで、鼻水が緑色になる原因と正しい対処法が分かります。気になっている方や治療を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.緑の鼻水が出る原因は?

鼻水は健康のバロメーターとして用いられます。緑の鼻水が出る場合は、何かしら体に異変が起きている証拠です。では、一体どのような原因が当てはまるのでしょうか。

1-1.体内にウイルス・細菌が侵入している

1番に考えられる原因は、体内に侵入しているウイルスと細菌です。鼻水は、ウイルスや白血球の死がいを体外へ出す役割を担っています。次々と鼻水が出てくるのは、体内に侵入したウイルス・細菌を体外へ出すために免疫機能が働いている証拠で、緑色になっているのは細菌や白血球の死がいが入っているからです。

1-2.副鼻腔炎を発症している

鼻水が緑色かつ粘り気がある場合は、副鼻腔炎の可能性があります。副鼻腔炎は、副鼻腔と呼ばれる空洞に膿(うみ)がたまることで起きる炎症です。粘り気のある緑の鼻水のほかに、臭い・頭痛・顔面痛・痰(たん)のからんだ咳(せき)などが症状として現れます。

副鼻腔炎の詳しい症状については、以下の記事で解説しています。
つらい副鼻腔炎の治し方を知りたい! 治療法と予防法を解説

2.緑の鼻水から考えられる病気は?

鼻水=風邪と思われがちですが、ほかにもさまざまな病気が隠れている可能性があります。では、一体どのような病気が考えられるのでしょうか。

2-1.風邪の治りかけ?

よく「黄緑色の鼻水が出るのは風邪の治りかけ」と思われがちですが、そうではありません。前述したとおり、緑色の鼻水が出るのはウイルスや白血球の死がいが含まれているからです。つまり、治りかけではなく、今でも免疫細胞がウイルスと戦っている状態となります。この時期にきちんとケアをしなければ、症状が悪化するでしょう。風邪の治りかけに出るのは「淡黄色の鼻水」となります。

2-2.副鼻腔炎の可能性がある?

前述したように、緑でドロドロとした鼻水が止まらないなら、副鼻腔炎の可能性が高いでしょう。風邪などウイルス感染を起こした場合の鼻水は白色で、やや粘り気のある鼻水となります。一方、副鼻腔炎の場合は、粘り気のあるどろっとした黄・緑色の鼻水が特徴です。特に、風邪などウイルス感染後にこのような鼻水が出る場合は、急性副鼻腔炎を起こしている可能性があります。

3.緑の鼻水を止める対処法

緑の鼻水が止まらない場合は、これから紹介する対処法を実践してみましょう。

3-1.セルフ対処法

緑の鼻水が出たときは、体の免疫細胞が体内に侵入したウイルスと戦っている状態です。この時期に、しっかりセルフケアを行うことが大切です。特に、冬の時期は風邪・インフルエンザが流行するため、免疫力を高めるために工夫してください。たとえば、栄養のある食事を1日3食、きちんと摂(と)りましょう。免疫力を高める成分と主な食べ物を以下にピックアップしてみました。

  • ビタミンC:ピーマン・ブロッコリー・ケール・ゴーヤ・いちご・モロヘイヤ・キウイなど
  • ビタミンE:赤ピーマン・かぼちゃ・いくら・アーモンド・サンフラワー油など
  • たんぱく質:鶏ささみ・牛すじ肉・かつお・いわし・さんまなど
  • 亜鉛:豚レバー・牛ひき肉・牛もも肉など
  • 食物繊維:おくら・梅干し・納豆・ごぼう・パセリ・おから・豆類など

3-2.正しい鼻のかみ方

鼻の中にたまると鼻呼吸ができず、力強く鼻をかむ機会が増えると思います。しかし、力まかせに鼻をかむと鼻血が出たり、耳が痛くなったりするおそれがあるので要注意です。また、両方の鼻を1度にかんだり、鼻をほじったりするのもダメなかみ方となります。鼻水をうまく出すためにも、正しい鼻のかみ方を以下に紹介しましょう。

  1. 口から空気をたっぷり吸い込む
  2. 片方の鼻をしっかりと押さえる
  3. 力まずに片鼻ずつゆっくりとかむ

3-3.日常生活で気をつけること

栄養バランスのよい食生活はもちろんのこと、睡眠をきちんと取ることが大切です。睡眠は体の疲れを癒(い)やす唯一の対処法となります。睡眠不足状態が続くほど体が疲れやすくなり、ストレスにも過敏になるのです。ストレスは自律神経を乱れさせ、免疫機能が低下する原因となります。ストレスを感じたときは、リラックスできることをして解消しましょう。できるだけ、ストレスフリーの生活を送ることも大切なポイントです。

3-4.薬を使用してもいいの?

市販薬はあくまで一時的な処置となるため、根本的な原因は解決できません。緑の鼻水が出る場合は、副鼻腔炎の疑いがあるため、専門的な治療が必要です。鼻水が1週間以上続く場合は、早めに耳鼻咽喉科で診察を受けてください。

3-5.病院での治療法は?

緑の鼻水は、副鼻腔炎(慢性)が疑われるため、その治療法が基本となります。副鼻腔炎の治療法は、「保存療法」と「手術療法」の2点です。慢性の場合、ネブライザー療法などを加えてマクロライドという抗生物質を2~3か月ほど投与します。膿がたまっている鼻の中をキレイにし、粘膜機能の正常化が期待できるでしょう。

ただし、重症の場合は「内視鏡下副鼻腔内整復術」「ESS内視鏡副鼻腔手術」などを行う必要があります。治療法に関しては、病院・クリニックと相談して治療法を決めてください。

4.緑の鼻水に関してよくある質問

緑の鼻水に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.鼻水が口に流れ込むのはなぜ?
A.鼻は口・気道とつながっている構造なので、鼻水が口と喉に流れ込むことがあります。この症状を「後鼻漏(こうびろう)」というのです。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎は鼻水が多くなるため、喉へ流れ込みやすくなるでしょう。これらがたまると、咳と一緒に痰として出ることもあります。咳と痰が増えたり、なかなか止まらなくなったりする際は、鼻炎や副鼻腔炎が原因の可能性が高いので早めに診察を受けたほうがよいでしょう。特に、症状が長く続く人は治療が必要です。

Q.外出時にできる対処法は?
A.外出の際は、マスクをして外部から侵入するウイルス・細菌をブロックしましょう。帰宅時にも、きちんと手洗い・うがいをすることが大切です。特に、冬場は鼻と喉が乾燥しやすくなるため、マスクを着用してください。

Q.急性副鼻腔炎を放置するとどうなる?
A.症状が長く続くと慢性化し「慢性副鼻腔炎」を引き起こす可能性があります。特に、鼻水・鼻づまり・においが分かりにくいという症状が1か月以上続く場合は要注意です。また、喘息(ぜんそく)がある場合は、副鼻腔炎によって悪化することがあるので気をつけましょう。

Q.副鼻腔炎の手術内容は?
A.副鼻腔炎の手術は、閉鎖した鼻腔をキレイに清掃し、自浄作用を回復させることが最大の目的です。たとえば、「内視鏡下副鼻腔手術(ESS)」があります。局所麻酔で可能な手術なら日帰りで可能ですが、重症の場合は1泊2日の全身麻酔になるでしょう。手術の詳細に関しては、耳鼻咽喉科に相談してください。

Q.何科を受診すべき?
A.鼻水の症状は鼻の病気・炎症が関係しているため、耳鼻咽喉科を受診するのが一般的です。どの耳鼻咽喉科を受診すべきか悩むときは、治療・手術実績が豊富で丁寧に対応してくれるところを選んでください。「川村耳鼻咽喉科クリニック」では、アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎をはじめ、年間400件の確かな手術実績を持っています。ぜひ1度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか? 緑の鼻水は、ウイルス・細菌や白血球の死がいが混ざっている証拠です。しかし、緑の鼻水が止まらず、ドロドロしている場合は「副鼻腔炎」を起こしている可能性があるので注意しなければなりません。副鼻腔炎を放置すると、鼻腔内に膿がたまり、慢性化します。その結果、目・脳などの合併症を引き起こすリスクが高まり、常に鼻水で悩まされることになるでしょう。慢性化すると、治療期間が延び、手術療法で解消せざるを得なくなるケースもあります。軽症のうちから改善するためにも、緑の鼻水が止まらない場合は、すぐに耳鼻咽喉科を受診してくださいね。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績