喉の炎症を抑えるポイントは? 気になる症状・対処・治療法を解説!

喉の炎症を抑えるポイントは? 気になる症状・対処・治療法を解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

喉がイガイガしたり、痛みが続いたりすると、何をするにもつらいですよね。こうした症状が現れている場合は、喉が炎症を起こしている可能性があります。喉の炎症を放置すると、さらに悪化して扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍(のうよう)など病気を発症することもあるのです。早めに正しい処置をすれば、症状がひどくならないうちに喉の炎症を抑えることができるでしょう。本記事では、喉の炎症のメカニズムや原因・セルフケア・治療法について解説します。

  1. 喉の炎症の基礎知識
  2. 喉の炎症から考えられる病気
  3. 喉の炎症はセルフケアが大事!
  4. 喉の炎症の治療法は?
  5. 喉の炎症に関してよくある質問

この記事を読むことで、喉の炎症を予防するためのポイントと正しい治療法が分かります。治したい方はぜひチェックしてください。

1.喉の炎症の基礎知識

まずは、喉のメカニズムと炎症の原因を知り、改善するために必要な知識を深めましょう。

1-1.どういう状態?

喉の炎症は、喉の粘膜にウイルス・細菌などが感染し赤く腫れあがっている状態です。通常、喉は空気や食べ物の通り道なので、外敵の侵入を防ぐ機能を備えています。粘膜で守られていますが、免疫力が低下するとウイルス・細菌に感染しやすくなるのです。ウイルスや細菌が粘膜に付着し感染すると、体を守ろうとする防御反応によって炎症が起きます。炎症が起きている部分は、赤く腫れ熱を持ち痛みを感じるのです。つまり、喉の炎症は、体が侵入した異物と戦っている証(あかし)といえます。

1-2.メカニズムと炎症の原因は?

喉が炎症を起こすメカニズムをもう少し詳しく説明すると、以下の流れとなります。

  1. 体内に入ったウイルス・細菌などの外敵によって細胞と粘膜が攻撃される
  2. 攻撃された細胞は、ヒスタミン・ブラジキニンなどの化学物質を放出する
  3. 放出された化学物質が外敵と戦う白血球を集めるために血管を拡げる
  4. 白血球が集まり、毛細血管から血液成分が出てリンパ液とともにたまり喉が腫れる
  5. 腫れた部分が周囲の神経を刺激し、喉の痛みが発生する

直接的な原因は、ウイルスと細菌の感染ですが、喉が乾燥していたり、使いすぎたりしていると免疫力が低下し炎症が起きやすくなります。つまり、乾燥・寒さ・酷使・アルコールと飲酒など栄養が偏った食生活・乱れた生活習慣など間接的な原因が重なって起こることがほとんどです。

1-3.主な症状

喉の炎症が起きたときは、以下のような症状が現れるでしょう。

  • 喉が痛い
  • 喉に違和感がある
  • しゃべりにくい
  • 食べ物や飲み物がうまく飲みこめない・むせる
  • 声がかれる
  • 息がしにくい
  • 咳(せき)・痰(たん)が出る
  • 熱が出る

1-4.なりやすい人

睡眠不足が続いている・日常生活が荒れている・喫煙家・毎日アルコールを摂取している・偏った食生活をしている人ほど、喉の炎症が起こりやすくなります。基本的に、免疫力が低下し喉の粘膜が弱っている状態が危険です。生活習慣と食生活が大きく関係しているため、日常生活を改めるのも大切なポイントでしょう。

2.喉の炎症から考えられる病気

「自然と治る」と思い込んで放置するのはNGです。喉の炎症から病気へ発展する可能性があるため、早めの処置が大切なポイントとなります。では、一体どのような病気が考えられるのでしょうか。

2-1.考えられる病気は?

最も考えられる病気は「風邪」です。喉の痛みや炎症=風邪と考える方が多いでしょう。しかし、咽頭炎(いんとうえん)や扁桃腺炎(へんとうせんえん)などが関係していることもあります。咽頭炎の場合は咽頭の痛みのほか、全身倦怠感(けんたいかん)・頭痛・発熱などを伴うでしょう。扁桃腺炎は、扁桃腺が腫れ、高熱(急性扁桃炎の場合のみ)・倦怠感・頭痛・寒気などが現れます。ほかにも、以下のような病気が考えられるでしょう。

  • 急性喉頭蓋炎:声帯のすぐ上にある喉頭蓋(こうとうがい)が急激に腫れる病気
  • 扁桃周囲膿傷:口蓋扁桃(こうがいへんとう)をおおう被膜と咽頭収縮筋の間にあるすき間に膿(うみ)がたまった状態
  • 声帯ポリープ:声帯に生じる炎症性のこぶ
  • 癌(がん):声帯にがんが発生すると、下咽頭がん・喉頭がんなどを発症する

2-2.放置するとどうなるか

喉の炎症を放置すると、我慢できなくなるほど痛みが重症化するケースがあります。きちんとケアをして養生すれば1~2週間で自然治癒するケースもありますが、痛みがひどくなるケースは注意が必要です。高熱・声が出ないまたは枯れるという症状が現れた際は、炎症が慢性化しているかもしれません。その場合は自然治癒が困難なので、病院で専門的な治療を受けましょう。
また、最終的に、扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍などの病気となり、手術が必要になるケースもあります。唾液が飲めなくなり、食事も喉を通らなくなるので、体調不良・だるさなどの症状が現れるでしょう。

2-3.慢性化の恐ろしさ

炎症状態が長引くほど慢性化の可能性が高まります。喉の炎症がずっと続くことになるため、精神的なストレスを強く感じるでしょう。また、慢性咽頭炎・慢性喉頭炎という病気にかかり、症状がよくなったり悪くなったりをくり返すことが多くなります。慢性化の原因は炎症の放置が一般的ですが、喫煙・飲酒・大気汚染・ハウスダスト・急性咽頭炎なども関係しているのです。慢性化する前に正しい治療を受けて、症状をやわらげなければなりません。

3.喉の炎症はセルフケアが大事!

前述したとおり、喉の炎症は日常生活が深く関係しているため、セルフケアが重要となります。では、具体的にどのようなケアをすればよいのでしょうか。

3-1.自分で簡単にできること

自宅で簡単にできるのは、うがい・温める・保湿の3点です。ウイルス・細菌の感染によって炎症が起きるケースがほとんどなので、うがいできちんと除去しましょう。特に、帰宅時は手洗いとともにうがいをすることが大切です。また、冷気が外から入ると、喉の水分が奪われ乾燥しやすくなります。喉の潤いを保つ湿度は、夏場は約40~50%、冬場は50%前後です。冬は乾燥しやすくなるため、外出時はマスクなどで潤いを保ちましょう。

3-2.栄養バランスが整った食生活

免疫力を高めるポイントは、栄養バランスが整った食生活です。ミネラル・ビタミン・たんぱく質など、バランスを考えた食事を心がけてください。たとえば、はちみつ・野菜類・フルーツ類などは、喉の痛みをやわらげ保湿効果が期待できます。ファストフード・コンビニ食品・お菓子・アルコールは、できるだけ控えましょう。

3-3.市販薬は使っていいの?

どうしても喉の痛みに耐えられない場合は、一時的な処置として市販薬を使用しても構いません。しかし、市販薬はあくまで一時的に症状を抑えるだけです。根本的な解決にはならないので注意してください。また、市販薬には喉の炎症と痛みを抑える内服薬、うがい・トローチ・スプレーなどの外用薬があります。そのときの状態に合わせて薬を選ぶとよいでしょう。

3-4.やってはいけないこと、注意点

喉を酷使したり、刺激を与えたりしないように注意してください。大声を出したり長時間歌ったりなど、無理に声を出し続けると喉の炎症が悪化します。また、炎症が起きているときに、炭酸飲料・香辛料・タバコなどの刺激物を口にするのもNGです。症状が悪化するおそれがあるので、刺激が少ない食べ物と飲み物を摂(と)ってください。

4.喉の炎症の治療法は?

炎症状態によっては、自分で対処しきれないケースがあります。では、受診すべきケースや検査・診断方法などをチェックしていきましょう。

4-1.受診すべき症状は?

セルフケアをしても症状が治まらない・我慢できないくらいの痛みがある・1週間以上続いている場合は、病院で検査したほうがよいでしょう。風邪が治ったのに喉の痛みが続いている場合も要注意です。喉の炎症は、病気の引き金になりかねないので、異変を感じたら早めの受診をおすすめします。

4-2.検査・診断方法

喉の炎症の症状が現れた場合は、最初に「視診(ししん)」でどのような状態になっているのか口の中をチェックします。視診で分からない場合は、エコー検査機械やCT撮影・血液検査などを行い、病気が隠れていないかチェックします。複数の検査から出た結果をもとに、炎症の診断が下されるでしょう。

4-3.主な治療法

まずは、炎症を抑える薬が処方されます。そして、検査で原因が分かれば、その原因にアプローチする薬で治療を行うことになるでしょう。使用する薬には、内服薬のほかにうがい薬、霧状にして鼻から直接吸引するネブライザー治療などがあります。ただし、副鼻腔炎(ふくびくうえん)などほかの病気が関与している場合は、その治療も受けなければなりません。場合によっては、「手術」という選択もあります。

4-4.病院の選び方

症状に適した治療を受けるためには、腕のいい病院・クリニックを選ぶことが大切です。喉の炎症の疑いがあるときは、耳鼻咽喉科を受診することになります。病院選びの際は、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧な診察・説明をしてくれるか
  • 手術の実績があるか(日帰り手術の有無)
  • スタッフの対応がいいか
  • 親身になって相談にのってくれるか
  • 予約しやすいか
  • 口コミ・評判がいいか

川村耳鼻咽喉科クリニック」は、通院回数が少なく早く治る治療を心がけています。全国でも珍しいCTスキャナーを完備しているので、内視鏡だけでは分からない正確な判断と治療が可能です。どのような悩みにも丁寧にお応えしておりますので、ぜひ1度ご相談ください。

5.喉の炎症に関してよくある質問

喉の炎症に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.声帯にポリープができたときの症状が知りたい
A.喉の炎症だけでなく、異物感があり、喉のつかえを感じるようになります。ひどい方は、声がかれ始めるので早めに受診したほうがよいでしょう。声帯ポリープができた際は、組織を採取して検査を行います。軽症の場合はネブライザー療法を利用して炎症を抑えますが、重症の場合は除去するための手術が必要です。

Q.炎症しているときに痛む部位は?
A.咽頭(いんとう)・喉頭(こうとう)と呼ばれる部位です。これらは一般的に「喉」と呼ばれる場所ですが、それぞれきちんと場所が分かれています。たとえば、咽頭は鼻の奥から食道の上あたりまで、喉頭は気管の入り口から声帯あたりまでの部分です。

Q.喉が痛いときはキャンディーをなめても大丈夫?
A.はちみつ入りの喉飴をなめるのも対策の1つとなりますが、それよりもガムを噛んだり、こまめに水分補給をしたほうが喉の痛みを抑えることができるでしょう。また、外出時にはマスクをつけて保湿を高めるのも効果的です。どうしても喉が痛くなるなら、病院で処方されるトローチを活用しましょう。トローチは、口の中に含むとゆっくり溶ける錠剤で、口や喉の細菌を除去する働きが期待できます。

Q.咳が長引くのは病気が原因?
A.喉の炎症には、咳が伴うケースがあります。長引く咳は、「気管支喘息」「後鼻漏(こうびろう)」「副鼻腔炎」などの可能性があるでしょう。2~3週間ほど咳が続く場合は、病院を受診してください。

Q.食べ物を飲みこむときに強い痛みを感じるのはなぜ?
A.扁桃炎または扁桃周囲膿瘍が原因の可能性があります。これらを発症していると、物を飲みこむときに強い痛みを感じることがあるのです。扁桃炎は高熱を出すことがあり、扁桃周囲膿瘍は強い痛みのほかに口が開きにくくなる・耳が痛く感じるなどの症状が現れます。気になったときは、ほかにも症状が現れていないか確認し、受診しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 喉の炎症は、免疫力が低下し外部からのウイルス・細菌が粘膜の組織を破壊している状態です。粘膜が赤く腫れあがり、痛みを伴うでしょう。放置すると症状が悪化し、扁桃炎や膿がたまる扁桃周囲膿瘍など病気の発症リスクが高まります。常に、喉へ違和感を覚えることになるため、何をするにも気持ちがスッキリしません。喉の炎症を治すためには、治療だけでなく日常生活を改める必要があります。適切な対処法を把握し、自分でできるセルフケアも実践していきましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績