後鼻神経切断術について

What's New

後鼻神経切断術について

最近、メール等でのご質問が多い後鼻神経切断術について少しお話をします。後鼻神経とは鼻の奥の蝶口蓋孔と呼ばれる骨の穴から鼻腔に入ってくる神経で分泌神経と知覚神経を含んでおり、鼻水の8割、くしゃみの3~5割はこの神経が関与していると言われています。アレルギー性鼻炎や温度変化に反応する鼻過敏症などではこの神経が過敏に反応してくしゃみ、鼻汁の症状をひきおこすことは以前から知られており、この神経を人並みに鈍感にすることによって鼻の症状が改善される事もわかっておりました。内視鏡が普及する以前は歯茎を切って副鼻腔の裏でこの神経を切断する手術が一時期流行しましたが、手術のダメージが大きく、両側では数週間の入院を要することや涙を出す神経まで切断するためにドライアイが必発のことが問題となり徐々にすたれてきました。
私は10年ほど前にこれらの諸問題を解決する手術方法として蝶口蓋孔から鼻腔に入った直後で超音波凝固装置を用いて後鼻神経を切断する術式を考案し、レーザー手術などが無効の重症のアレルギー性鼻炎患者さんにこの手術を行ったところ、9割の方で良好な結果が得られました(論文:粘膜下下甲介骨・後上鼻神経切除術・2000年・耳鼻咽喉科臨床・川村 繁樹ほか)。また、3年以上の術後経過でも8~9割の患者さんで効果が持続しております(2003年・日本鼻科学会で報告)。これらのことからこの術式はアレルギー性鼻炎に対する最終的な手術方法として認識されており、現在では全国の大学病院など1週間~10日の入院手術として行われつつあります。
ただ、この手術にも数%の割合で術後大量の出血が認められるという大きな問題点がありました。当院では、さらに手術方法を改良することにより開院後は1例の大出血例も認めておらず、それによって1泊2日での短期入院手術が可能となりました。
後鼻神経切断術に関してはホームページの「手術の紹介」の「粘膜下下甲介骨切除+後鼻神経切断術」にも書いてありますので、そちらも参照していただければわかりやすいと思います。
頑固な鼻水やくしゃみでお悩みの方は一度ご検討下さい。

What's New一覧のページへ

BACK

サイトマップ