川村耳鼻咽喉科クリニック-大阪府大阪市 | 名医と呼ばれる専門医のいる病院

アレルギー性鼻炎に対する手術成績

粘膜下下甲介骨切除術+粘膜下後鼻神経凍結術

短期成績

粘膜下下甲介骨切除術+粘膜下後鼻神経凍結術の短期成績

前述と同様に中等症以上のハウスダストアレルギーに対する術後6ヶ月の手術成績です。(2003年・日本鼻科学会で報告)先ほどの鼻粘膜焼灼術+鼻内後鼻神経凍結術の評価は「改善」以上を有効としましたが、今回は入院手術ですので少し効果の判定基準を厳しめにして、症状の「消失」と「著明改善」のみを有効であったとすると、くしゃみ75%、鼻汁81%、鼻閉94%でありました。この成績は過去に報告されている他の手術と比較しても十分に高い効果と考えられます。この手術は鼻粘膜焼灼術+鼻内後鼻神経凍結術より根治的な方法として考案したものですが、術後成績も良好で患者さんの満足度も平均90%と高くアレルギー性鼻炎に対する中心的な術式となっております。ただ、今回お示ししたのは短期成績ですので長期成績や再発時の対応は今後の検討が必要です。

BACK

サイトマップ