耳鼻咽喉科|兵庫県神戸市・加古川市・尼崎市・姫路市ほか遠方より来院される患者様も

年間400件の確かな手術実績 アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎をはじめ、耳・鼻の日帰り手術・1泊2日手術に対応します。

 川村耳鼻咽喉科クリニックでは、副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎・滲出性中耳炎などでお悩みの患者様を対象に日帰り・短期入院手術を行っています。他の病院では1週間から10日かかる手術が日帰りで受けることができ、中には兵庫県神戸市など大阪府外からお越しになる方もいらっしゃるほどです。「近隣に信頼できるクリニックがない」「どこで診てもらえばいいかわからない」という方は、お気軽に当クリニックにご相談ください。神戸市・芦屋市など兵庫県方面よりお車でお越しの方は、阪神高速守口線「森小路出路」が最寄りの出口になります。詳しくはアクセスをご覧ください。

当院は、2004年の開設以来、年間400件以上もの耳や鼻に対する手術を行っている実績豊富なクリニックです。これまで8,000件以上の手術に携わってきた院長が診察から手術・術後のケアまでを一貫して対応します。大病院のように、担当医が途中で代わってしまう・執刀医が転勤し手術の所見が他の医師に伝わっていないという心配もありません。

大阪府外からの来院多数

CT全国でも珍しいCTスキャナー完備のクリニックです。内視鏡だけではわからない正確な診断を実現しています。

当クリニックは正確で素早い診断を実現するために、CTスキャナーを導入しています。全国的に見てもCTスキャナーを導入している耳鼻咽喉科クリニックは数カ所しかありません。CT画像で説明しながら治療を進めることで、患者様自身にも現在の状態がわかり、安心して治療を受けていただくことができます。

代表的な症状と治療方法

急性中耳炎

細菌またはウィルス感染によって鼓膜の奥に炎症が起こる病気です。おもな症状としては耳の痛みや耳垂れ・聞こえづらい・発熱などがあります。多くの場合、急性中耳炎の原因は風邪などの感染症です。

治療方法

急性中耳炎に対しては、抗生剤や点耳薬など、薬物療法による治療を行うのが一般的です。ただし、薬のみで改善しない場合や強い痛みや高熱がある場合には手術による治療が行われる場合もあります。手術の内容は、鼓膜表面に麻酔をかけ、中に溜まった液体を排出するというものです。
詳しくは「急性中耳炎」のページをご参照ください。

滲出性中耳炎

急性中耳炎が悪化し、鼓膜の奥にある中耳腔という部分に液体が溜まってしまう病状を滲出性中耳炎といいます。急性中耳炎と同じように風邪などの感染症によって引き起こされますが、痛みや発熱などの症状はありません。耳が聞こえづらいなどが主な症状ですが、年少児の場合は自身で訴えることができないため注意が必要です。

治療方法

滲出性中耳炎に対する治療方法は、抗生剤や粘液溶解剤の服薬や、原因となっている上気道感染や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を改善するための局所処置やネブライザー療法(霧滴吸入療法)などです。薬物治療で改善しない場合や難聴の度合いがひどい場合には、鼓膜切開手術やチュービングなどの治療方法が用いられることもあります。
詳細は「滲出性中耳炎」のページをご覧ください。

アレルギー性鼻炎

花粉やハウスダスト・ダニなど、アレルギー原因物質が鼻に付着することで起こる鼻炎で、一定の季節にのみ症状があわわれる季節性と一年を通して症状があらわれる通年性があります。くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状が繰り返し起こるのが特徴です。

治療方法

アレルギー性鼻炎自体は体質的な疾患のため完治することはできませんが、薬物療法や免疫療法などの保存療法と手術治療によって症状を最小限に抑えることができます。手術治療については、鼻の粘膜をレーザーで浅く焼く手術が有効です。3~4週間ほどで新しい粘膜に生え替わり、アレルギー反応が起こりにくくなります。
詳細は「アレルギー性鼻炎」のページをご覧ください。

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎は、細菌やウィルス・真菌(カビ)などの影響による鼻腔の炎症によって起こります。この炎症が副鼻腔に広がることで自然孔と呼ばれる排泄口が塞がり、副鼻腔に膿がたまってしまうのです。主な症状としては、鼻水・鼻づまり・においがわからない・鼻水がのどの方に垂れてくるなどです。風邪やアレルギー性鼻炎などの悪化によって引き起こされることもあります。

治療方法

一般的な治療方法としては、抗生物質やステロイド投与・ネブライザー療法などです。こうした治療で改善されない場合には、原因となっている粘膜を切除する内視鏡下副鼻腔手術(ESS)を検討します。また、鼻腔を左右にわける鼻中隔の弯曲が原因で副鼻腔炎を発症している場合には、鼻中隔矯正術が有効です。
詳細は「副鼻腔炎(蓄膿症)」のページをご覧ください。

いびき(睡眠時無呼吸症候群)

鼻から喉につながる上気道と呼ばれる部分が何らかの影響によって狭くなることで、いびきが起こります。いびきの原因は大きく2つあり、主に鼻からのものと喉からのものです。大きないびきを指摘されたことがあり、日中に強い眠気を感じたり、倦怠感があって集中力が続かないという場合、睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。重症になると、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞など、命にかかわる症状を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。

治療方法

いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療方法としては、鼻の形態異常に対する手術・LAUP(口蓋垂口蓋形成術)・UPPP(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)・歯科用マウスピース(専門口腔外科紹介)などがあります。診察によって原因を特定し、それぞれに合った治療を行うことが重要です。高度な睡眠時無呼吸症候群には、鼻から持続的に空気を送り込むことで気道を広げるCPAP装置を用いることもあります。
詳細は「いびき(睡眠時無呼吸症候群)」ページをご覧ください。

患者様の声

鼻中隔弯曲症と副鼻腔炎に対する手術

兵庫県 30代 女性
鼻づまり 改善 後鼻漏 著明改善 痛み 消失
鼻汁 消失 嗅覚 消失 日常生活の支障度 消失
満足度:95% 
初めての入院で不安もありましたが、丁寧にわかりやすく説明して下さったので不安は解消されました。においがわかり食事が以前よりおいしく感じました。ありがとうございました。
兵庫県 50代 男性
鼻づまり 消失 後鼻漏 消失 痛み 消失
鼻汁 消失 嗅覚 消失 日常生活の支障度 消失
満足度:100% 
日常生活のQOLの質が改善した。術前の説明もわかりやすく安心して治療を受けられました。

鼻中隔弯曲症・アレルギー性鼻炎に対する手術

兵庫県 30代 男性
鼻づまり 消失 鼻汁 著明改善
くしゃみ 消失 日常生活の支障度 消失
満足度:120%
鼻づまりで綿棒をつっこんでみたり、鏡で見たりで自分の鼻の穴がふさがっているのが分かり毎日気になってつらかったです。ネットで調べてここにたどりつきました。もっと早くに病院に行くべきでした。今はとても気持ちいいです。
兵庫県 50代 男性
鼻づまり 消失 鼻汁 著明改善
くしゃみ 消失 日常生活の支障度 消失
満足度:100%
点鼻薬なしでは生活できませんでしたが(ほぼ30年間)、鼻が通り快適な日々が送れています。ありがとうございました。

治療費について

病態や重症度によって手術内容が大きくことなり、それによって費用も大きく異なります。
ただし粘膜を焼灼する手術であれば1万円以下、鼻詰まりを改善する鼻中隔や下甲介の手術(鼻中隔矯正術+粘膜下下鼻甲介切除術)であれば4~5万円です。後鼻神経切断術(経鼻腔的翼突管神経切除術)も両側で15~16万円です。
もっとも振り幅が大きいのは副鼻腔炎の手術で片側3万円から10万円まであります。両側の場合も考えると3万から20万までになります。また、鼻中隔や下鼻甲介の手術を副鼻腔炎手術と併施する場合も多いのでプラス4~5万にもなります。
ただ、日本の医療には高額医療のシステムがありますので一般的な年収(600万程度)の場合は自己負担は3割の方で8~9万が上限でそれ以上は健康保険で賄われます。

主な疾病の治療に関しては高額医療費適応となります。
通常は、厚生労働省保険診療での3割負担の金額となりますが、前以って高額医療費の手続きをしていただければ、窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。手術の当日、認定証をお持ち下さい。
(70歳未満の患者様で、同一医療機関において入院療養などを受けた場合に限ります)
所得に応じて、1ヶ月の自己負担限度額が定められます。
平成27年1月診療分より、70 歳未満の所得区分が3 区分から5 区分に細分化されました。
詳しくはこちらをご参照下さい。

所得区分 自己負担限度額 多数該当
①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
②区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円 44,400円
⑤区分オ
(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円

よくある質問

初診から手術まではどのくらいかかりますか?

粘膜を焼灼する手術であれば数週以内、それ以外は重症度や予約状況によって異なりますが、軽症であれば2~3ヶ月、重症の場合は4~6ヶ月程度です。耳の手術も予約状況によって異なりますが、2~3ヶ月程度です。

手術に痛みや出血はありますか?

粘膜を焼灼する手術の場合、ほぼ痛みはありません。軽症の鼻手術であれば出血は50cc以下、重症でも多くは100cc程度です。痛みは局所麻酔の場合は抜歯程度で、全身麻酔では術中の疼痛はほぼありません。耳の手術は抜歯よりも痛みは軽度です。

手術が受けられるのは何歳からですか?

ケースによって異なりますが、粘膜を焼灼する手術は10歳前後、鼻中隔の手術は高校生程度、副鼻腔炎の手術は全身麻酔であれば中学生程度、局所麻酔であれば高校生程度から可能です。くしゃみ・鼻水が多いアレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(経鼻腔的翼突管神経切除術)も高校生程度からとなります。
耳の手術は中学生程度から可能です。

診療案内

 
診療時間 AM9:00〜12:00 PM4:00〜7:00
土曜日AM9:00〜PM1:00
休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日

受付時間は診療の30分前からです。初めて受診される方は予約できません。(逆に言うと予約なしでいつでも受診可能です。)

初めて受診される方へ

初診の方は、午前なら11時半まで、午後なら6時半、土曜日なら12時半までにご来院下さい。

重要なお知らせ

2016年6月から今も第2・4土曜日の一診担当である現関西医科大学滝井病院耳鼻咽喉科准教授の馬場 奨医師が当院副院長として就任いたします。馬場医師は高い臨床能力をお持ちで耳・鼻の日帰り手術も今まで通り行います。
また、水曜日の午後診に宮澤医師が外来担当医として就任されます。今まで水曜日の午後診は院長の一診体制でしたので比較的混雑しましたが、今後は外来診療も比較的スムースになると思いますのでご期待下さい。
担当医師のご希望がある場合は診察表をご参照の上、受付でお申し出下さい。特にご希望がない場合は基本的に早い方でご案内します。

また前副院長の河本光平医師は2016年2月から兵庫県尼崎市上坂部1丁目36-4 ミリオンタウン塚口2F(スーパー万代F)でかわもと耳鼻咽喉科クリニックを開業しておられます。
当クリニックと同じく耳・鼻の日帰り手術も行う高い専門性を有するクリニックです。

アクセス

 

川村耳鼻咽喉科クリニック

住所:大阪市城東区古市3丁目23-21
電話:06-6939-8700(ハナの穴)
おかけ間違いのないようにお願いいたします。
FAX:06-6939-8701

ここは、Googleマップによる地図を表示するスペースです。このメッセージが見えている場合は、お使いのブラウザがGoogleマップに対応していないか、スタイルシートやJavaScriptが使用できない状態になっています。
スタイルシートやJavaScriptが使用できない理由としては、ブラウザの設定やセキュリティソフトによるブロックなどが考えられます。

なお、現在対応しているブラウザは以下の通りです。

  • Microsoft Edge 最新バージョン(Windows)
  • Internet Explorer 9~11 (Windows)
  • Firefox 最新および旧バージョン (Windows, Mac OS X, Linux)
  • Chrome 最新および旧バージョン (Windows, Mac OS X, Linux)
  • Safari 最新および旧バージョン (Mac OS X, iOS)
  • Android

お車でお越しの場合

 

阪神高速守口線「森小路出路」を左折、2つ目の「古市3東」を右折、一つ目の筋を左折、内環状線手前の駐車場 1番・2番をご使用下さい。

内環状線を北に向かい緑1丁目を左折、2筋目のタイやショップの手前を左折、1筋目を左折、内環状線手前の駐車場 1番・2番をご使用下さい。
ただし契約以外の場所には駐車できませんのでご注意下さい。
また、それに伴い今後は「三井のリパーク」等に駐車されても割引券はお渡しできませんのでご了承下さい。

※地図をクリックすると拡大表示されます。

電車でお越しの場合

川村耳鼻咽喉科クリニック 地図

地下鉄今里線「新森古市」駅、1番出口から徒歩4分
今里筋線は太子橋今市で谷町線と、関目成育で京阪本線と蒲生四丁目で長堀鶴見緑地線と、緑橋で中央線と今里で千日前線と連絡します。

※地図をクリックすると拡大表示されます。

サイトマップ