院内設備|川村耳鼻咽喉科クリニック

 

院内設備

【エントランス】

 

■入り口
クリニックエントランスにはスロープをもうけ、車椅子の方にも安心して受診していただけるようにしました。

 

■整備基準適合証
大阪府の「人にやさしいまちづくり条例」で、お年寄りや障害がある方々など、すべての人が安心して利用できる施設にこの整備基準適合証が交付されます。大阪市内の診断所では当院をすくめ2施設です。

【待合室】

 

■全体・ベビーシート
オレンジの柔らかい光で包まれた待合室は比較的ゆったりとしたスペースで椅子を配置しています。また、受付カウンターには赤ちゃん用のベビーシートを配置し、赤ちゃん用連れのお母さんにも安心して手続きをしていただけるようにしました。

 

■キッズコーナー
小さなお子さんも安心してゆっくり過ごしていただけるようにキッズコーナーを設置しました。

【外来WC】

 

■全体・おむつシート
車椅子でもご利用できるように広く設計したお手洗いです。赤ちゃん用のおむつ替えシートも併設しております。お気軽にご利用ください。

【受付スペース】

 

■全体
気軽に声をかけていただけるように広いオープンカウンターとしました。また、開院当初より電子カルテを導入しており、診察終了後の待ち時間短縮や入力ミスの削減に効果を発揮しております。

【中待ちスペース】

 

■全体
診察の順番が近づいた時や検査結果がでるまでの間、中待ちでお待ちいただけます。病気の説明やクリニックからのインフォメーションなどを掲示しております。診察までもう少しお待ちください。

【診察スペース】

 

■全体・モニター・顕微鏡
診察ユニットとともに処置用顕微鏡、各種ファイバースコープ、画像ファイリングシステムを設置しております。鼻、耳、のどの様子を見ていただきながら治療前後の変化や正常との比較などによって、わかりやすい説明を心がけています。

【CT・X線室】

 

■CT
当クリニックの方針である迅速で正確な診断のためCTスキャナを導入しました。いつでも必要なときに撮影、診断ができます。腫癌と炎症の鑑別、治療効果の判定、骨形態の異常など内視鏡では観察できない部位の診断に有効です。

 

■耳鼻咽喉科用X線装置
鼻、耳、頚部の単純撮影が可能です。小児副鼻腔炎の治療効果判定にはこちらを用います。また、胸部撮影も可能です。

【手術スペース】

 

■処置ベッド・ラジオ波・手術セット
ラジオ波による下甲介焼灼術や内視鏡下副鼻腔手術など日帰り手術を行ないます。
手術器具は大病院と同レベルの物を準備しています。

 

■凍結手術装置
アレルギー性鼻炎や温度変化に敏感な方は後鼻神経の過敏反応が関与していると推測されます。そのような場合には鼻内から後鼻神経の凍結術などを行ないます。日帰りでほぼ痛みもなく行うことができます。

【ネブライザースペース】

 

■全体
薬剤を細かい霧状にして鼻あるいはのどから吸入する装置です。
こちらも少しゆったりめの椅子を用意しました。

【検査・点滴スペース】

 

■聴検ボックス・オージーオメーター
標準聴力検査やティンバノグラムなど聴覚に関する検査を行ないます。
また、補聴器の適合相談もこのスペースで行ないます。

 

■鼻腔通気度計
鼻腔抵抗値を計測することにより鼻づまりの原口や治療効果を客観的に診断します。

 

■点滴用ベッド
点滴や耳浴、イオン麻酔などを行ないます。

BACK

サイトマップ