検査・手術費用|川村耳鼻咽喉科クリニック

検査の内容と費用

当院では検査料や処置量、投薬料などを記載した明細書を発行しておりますが、検査の費用はなかなか患者さんご自身にはわかりにくいものです。以下に当院でよく行う検査内容と費用を示しました(2014年4月改正)勿論、必要と思われる検査のみお勧めしておりますが疑問点はお気軽にお尋ね下さい。

検査名 備考 点数 3割負担の場合【単位:円】
鼻・副鼻腔炎CT 鼻腔の構造、副鼻腔の炎症などを即日で判定します。多くの場合単純レントゲンも1枚撮影します。点数は単純レントゲン1枚分も含みます。 1352 4,060
耳・頚部CT 使用するフィルムの枚数によって点数が異なります 1174 約3,520
単純X線撮影・1方向 子供の副鼻腔炎、アデノイドを調べます 210 630
単純X線撮影・2方向 成人の副鼻腔炎を調べます 238 710
鼻咽腔・喉頭ファイバー 鼻の中、のどの奥などご自身では見られない所をビデオでお見せします 620 1,860
中耳ファイバー 慢性中耳炎で鼓膜の奥を観察します 240 720
鼻腔通気度検査 鼻閉を伴う疾患に対し手術を行ったときに鼻の通りを客観的に判断します 300 900
アレルギーに対する鼻粘膜誘発検査 鼻局所での反応を見る最も鋭敏な検査です 31 90
アレルギー検査 5ccほど採血して、ハウスダスト・スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ、非特異的IgEを測定します。それ以外の項目をご希望の方はお申し出下さい。1項目につき330円追加になります。 720 2,160
静脈性嗅覚検査 嗅神経の機能を調べます。嗅覚障害の予後を判定するのに有用です 36 100
標準純音聴力検査 最も一般的な聴力検査です 400 1,200
ティンパノグラム 鼓膜の動き、中耳の換気機能などを判定し、滲出性中耳炎や急性中耳炎の経過判定に有用です 350 1,050
耳鳴検査 耳鳴りの大きさ、種類などを調べます 400 1,200
標準語音聴力検査 言葉の聞き取り検査です。補聴器の適合判定に有用です 350 1,050
簡易術前検査 手術を行う場合に最低限必要な貧血、止血機能、感染症などの検査です 381 1,140
睡眠時無呼吸検査 睡眠時の無呼吸、いびきを調べます。ご自宅で簡単に呼吸の状態、血中酸素濃度を調べることができます。予約制です 900 2,700~3,700

手術費用について

手術を考えられる場合、入院日数や費用なども検討項目になると思います。当クリニックに限らずここでお示ししているような手術は全てが保険適応になりますので手術費用そのものはどの施設で行っても同一です。ただ、同じ手術を行っても麻酔の種類、入院期間、室料の有無等によって総額にはかなりの開きがでます。一例を挙げればアレルギー性鼻炎や鼻中隔弯曲症による鼻づまりに対する鼻中隔矯正術+下甲介手術+粘膜焼灼術(ラジオ波))の場合、当クリニックで局所麻酔下の日帰り手術で行えば約3万七千円(3割負担の場合、診察費、術後薬剤費などを含む)、同じ手術を提携するおくだクリニックで全身麻酔、1泊2日で行えば麻酔費、入院費が加算され7〜8万円になります。この手術の場合全国的には平均1週間前後の入院期間であり、ネットなどで見ると20万ほどかかる場合もあるようです。勿論、入院期間や麻酔方法に関してはご本人のご希望や基礎疾患などを考慮して安全性を最優先して決定すべきですが、手術自体は日帰りや短期入院でも特に問題はないと考えています。同様に副鼻腔炎に対する内視鏡下副鼻腔手術も局所麻酔下の日帰り手術では片側約3〜6万円、全身麻酔、1泊2日で6〜10万円となります。以下に日帰りから1泊2日で行う主な手術内容と費用をお示しします。

なお、主な疾病の治療に関しては高額医療費適応となります。
通常は、厚生労働省保険診療での3割負担の金額となりますが、前以って高額医療費の手続きをしていただければ、窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。手術の当日、認定証をお持ち下さい。
(70歳未満の患者様で、同一医療機関において入院療養などを受けた場合に限ります)
所得に応じて、1ヶ月の自己負担限度額が定められます。
平成27年1月診療分より、70 歳未満の所得区分が3 区分から5 区分に細分化されました。
詳しくはhttps://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030等をご参照下さい。
所得区分 自己負担限度額 多数該当

①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方) 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
②区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方) 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方) 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方) 57,600円 44,400円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等) 35,400円 24,600円
注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

川村耳鼻咽喉科クリニックで行う手術(日帰り手術)

当院では検査料や処置量、投薬料などを記載した明細書を発行しておりますが、検査の費用はなかなか患者さんご自身にはわかりにくいものです。以下に当院でよく行う検査内容と費用を示しました。勿論、必要と思われる検査のみお勧めしておりますが疑問点はお気軽にお尋ね下さい。

鼻の手術 点数 3割負担の場合【単位:円】
鼻粘膜(下甲介)薬灼術(片側) 900 2,700
後鼻神経凍結術(片側) 800 2,400
鼻中隔矯正術 6860 20,580
粘膜下下甲介切除術(片側) 2960 8,880
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅰ型(副鼻腔自然口開窓術) 3600 10,800
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型(副鼻腔単洞手術) 10000 30,000
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24500 73,500
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 31990 95,700
経鼻腔的翼突管神経切除術 26530 79,590
耳の手術 点数 3割負担の場合【単位:円】
鼓膜チューブ挿入術(片側) 2670 8,010
鼓膜穿孔閉鎖術 1580 4,740
鼓膜形成術 17200 51,600

おくだクリニックで行う手術(1泊2日)

手術内容は上記の川村耳鼻咽喉科クリニックで行う手術とほぼ同一です。
負担額は全身麻酔+入院費として約3〜4万円増額となります。

手術名 点数 3割負担の場合【単位:円】
粘膜下下甲介切除術(片側) 2960 8,880
鼻中隔矯正術 6860 20,580
経鼻腔的翼突管神経切除術(片側) 26530 79,590
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24500 73,500
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 31900 95,700
乳突洞削開術 10500 31,500
BACK

サイトマップ